サイズ直しが出来るハーフエタニティリングの作り方-ダイヤ彫り留め

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市にある工房で手作りしています

当店2代目で宝飾職人歴25年の私、池田が書くブログ
鍛造(たんぞう)という伝統技術で指輪を手作りします
鍛造とは指輪の地金を鍛えて育てて造る伝統技法です。

刀を作るような鍛冶作業で指輪を作るという伝統工芸
リングの地金をハンマーで叩いて鍛えての鍛冶作業で
作る事から鍛造リングと呼ばれている希少な製法です。

鍛えれば鍛えるだけ密度が増すので強くなるんですよ
密度の増した地金で作るエタニティリングは頑丈です
鍛造のエタニティリングは全国でもほぼありません!

宝飾職人

さて、前回の記事でハーフエタニティリングを鍛造で
作るという内容を書きましたが、その続きになります。

前回は、エタニティリングに入れるダイヤに合わせて
先端工具や鏨を使って彫り出す「彫り留め」の様子を
お伝えしましたが今回は指輪の完成までお伝えします。

前回の記事はコチラ→エタニティリング制作・彫金編

 

ざっと前回の記事のおさらいを簡単に説明いたします

鍛冶で鍛えて伸ばしたプラチナを丸めてリングにして
溶接でリングを繋げてからお客様のサイズまで伸ばす。

そしてハーフエタニティリングに入るダイヤの直径と
隙間と数を計算しながらリングに設計図を描きました。

設計図に合わせて指輪にドリルで穴を開けたり、鏨や
先端工具で削ったり彫ったりで石枠やフチや共有爪を
作り出すという彫金作業で彫り留めで、その続きです!

DSCN0686

彫り留めの終盤は、凄く小さい鏨(タガネ)を使って
ダイヤを留めるのに必要な共有爪を1つ1つ作ります

共有爪とは、一般的には爪で留める石留めの場合は、
1つの石に爪を4本で押さえて留めるのが普通ですが

共有爪というだけあって、石と石の間を爪1本、上下
で合わせて2本になりますが1つの爪を共有して使用

共有爪はエタニティリングにとっても重要な爪

ダイヤモンドが繋がって入るエタニティリングには、
必要不可欠な爪なのでダイヤとダイヤの間に隙間なく
作って尚且つ高さや間隔も均等にすることが必須です。

DSCN0683

サイズ直しが出来るエタニティリング
それこそがハーフエタニティリングです

結婚指輪と婚約指輪を、共有とした記念のリングなので
サイズが変わってもサイズ直しが出来るようにとの事で
ハーフエタニティリングを提案させて頂いていたんです。

エタニティリングは想像以上にサイズ直しが難しいです
その内容も記事にしました→エタニティリングのサイズ直し

続きを読む

エタニティリングのサイズ直し | 宝飾職人が教えるサイズ直しのやり方

指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキといいます
当店2代目で宝飾職人歴25年の私が書くブログです。

普通の手作りとは違って鍛造(たんぞう)という伝統技法で
指輪を制作販売をしているジュエリーショップになります。

鍛造とは昔から伝わる伝統技法、指輪の素材となる地金を
ハンマーで叩いて締めての鍛冶で鍛錬しながら作る製法で
地金を鍛錬することで密度が増して指輪が強くなるんです。

密度が増した指輪は粘り強くなるので変形に強いという事
また衝撃にも強いのでキズや凹みにも強くなる最強の指輪
全国で一部の専門店しか鍛造リングは作る事ができません。

宝飾職人

本題ですが、よくあるお問い合わせでエタニティリングは
サイズ直しって可能ですか?不可能ですか?というお話し
がよくありますので、その件についてを書かせて頂きます。

当店は鍛造リング専門店ということで専用の工房があって
指輪を作る設備が整っているので修理にも対応しています。

例えば1番多い修理は、指輪のサイズ直しが圧倒的に多く
次に、ネックレスが切れたから直してほしいというご依頼
リフォームも対応している宝飾職人在住の宝石店なんです。

 

本題に戻りますが、

エタニティリングのサイズ直しは、
出来るのか?出来ないのか?どっち!

この件に関して気になっている人って結構多いと思います。
と言いますか、エタニティリングはサイズ直しが出来ると
思っている人が多いのですが実はそうでもないんです(汗)

エタニティリングは人気なので、作る機会がかなり多くて
(実際に今もハーフエタニティリングを制作中です)
指輪のサイズ直しは大丈夫ですよね?と聞かれたりします。

その時は、エタニティリングの構造や、作り方をお客様に
ご説明をしてお客様がご理解をしてからご依頼を頂きます。

エタニティリング 画像

ハーフエタニティリングはサイズ直し可能
フルエタニティリングはサイズ直し不可能

結婚指輪がエタニティリングの場合は、指のサイズが
年月によって変わる可能性が大きいので注意が必要です。

ハーフエタニティリングはサイズ直しが出来るというのに
どうしてフルエタニティリングはサイズ直しが出来ない?
その理由はエタニティリングの構造上の問題になるんです。

続きを読む

ハーフエタニティリングの意味とエタニティリングの作り方【彫金編】

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキといいます
当店2代目で宝飾職人の私、池田が書くブログです。

指輪を手作りで制作販売しているジュエリーショップです
制作方法は鍛造(たんぞう)という伝統技法で手作りします。

鍛造とは、指輪の素材となるプラチナやゴールドの地金を
鍛冶で鍛錬をしながら強く育てて造るという伝統技法です
全国で一部の宝飾職人しか受け継いでいないので希少です。

当店2代目の私、池田も鍛造を受け継いだ宝飾職人です
地金を鍛えることで地金の密度が増して強くなるんですよ
変形しにくくてキズが付きにくいので人気の製造方法です。

 

本日のブログ内容は、お客様から人気のエタニティリング
ハーフエタニティリングの制作ご依頼を頂きました(^-^)

という事で、ハーフエタニティリングの作り方をご紹介
手作りで造り上げるエタニティリングですのでお楽しみに!

お客様のご要望で婚約指輪と結婚指輪の兼用の指輪なので
婚約指輪に見合った質の良い綺麗なダイヤを揃えました
めっちゃ綺麗なハーフエタニティリングになります(^-^)

 

フルエタニティリングと
ハーフエタニティリングの違い

この違いを簡単に説明すると、指輪全体にダイヤモンドが
切れ間なく一周繋がっているのが→フルエタニティリング

逆にフルエタニティリングのように全面に入るのではなく
半分くらいにダイヤが入るのが→ハーフエタニティリング
きっちり半分ではなく、半分くらいもハーフに含まれます。

フルエタニティリングでも、ハーフエタニティリングでも
どちらの指輪もエタニティリングと呼ぶことが一般的です。

鍛造 やり方

鍛造で作るエタニティリングは強度が強い!

エタニティリングに限らずに、ジュエリーコウキで指輪を
鍛造で作る場合の流れを簡単に説明をさせていただきます。

上の画像のように、エタニティリングを作るために必要な
地金(プラチナやゴールド)を用意して地金を溶かします。

そして鍛造リング(鍛造の指輪の事)のメインとなる鍛冶で
ハンマーで繰り返して叩いて締めて地金の密度を上げます
説明では難しいので鍛冶の様子を動画でご覧下さい(^-^)

動画のように鍛冶作業をじっくりと何度も繰り返すことで
プラチナやゴールドに含まれている微量な空気を放出させ
地金の粒子が締まって整い密度がぐんぐん増していきます。

続きを読む

ハーフエタニティリング 作り方を徹底解説~変形しにくい鍛造エタニティリング

鍛造リングの専門店、ジュエリーコウキです
当店2代目の私が指輪を手作りしております

鍛造(たんぞう)とは、リングの素材となる地金を
ハンマーで叩いて炎で焼いての鍛冶作業で鍛えます
鍛えて造るリングという事で”鍛造リング”といいます

手作りの中でも最高峰の製法、それが鍛造になります
鍛造は昔から受け継がれた日本の伝統技法となります

師匠から弟子へと受け継がれて長く続いていますので
鍛造を極めた職人はごく一部しかいないという事です
私、池田も師匠から受け継いで鍛造リングを作ります

前回の記事で鍛造リングの仕組みと魅力を書きました
おさらいをするとエタニティリングの素材、プラチナ
を金槌で叩いて鍛えてプラチナの密度を上げるんです

前回の制作風景はこちら→鍛造でエタニティリングを作る

エタニティリング 作家

変形しにくいハーフエタニティリングの作り方
なぜ指輪は変形するのか?その以外な理由とは

密度が増したプラチナでハーフエタニティリングを
作ると強度が強く丈夫になって変形がしにくいんです
密度が増すという事はプラチナが詰まっているんです

エタニティリング(ハーフも含む)が変形する理由は
とっても簡単な理由なのですが、エタニティリングは
ダイヤモンドなどのルースが並んでいっぱい入ります

という事は、ルースを埋め込む石枠(台座)が必要で
それに合わせてルースを留める爪もたくさん必要です
その分を彫りますので空間が沢山あって弱いという事

変形しやすいとルースも外れやすくなりますので
変形がしにくいエタニティリングは本当にお勧め!

続きを読む

婚約指輪とエタニティリングの兼用!鍛造製法ハーフエタニティリング

鍛造エタニティリングの専門店・ジュエリーコウキ
当店2代目の私、池田が手作りで指輪を制作します

鍛造(たんぞう)とは指輪の素材を鍛えて造る製法です
素材がプラチナならプラチナを鍛えてリングを作ります

昔から受け継がれた日本の伝統技法で僅かな専門店のみ
後ほど鍛造の仕組みを詳しく記事に書きたいと思います

ジュエリーコウキは新潟の長岡にある小さな宝石店です
私と父の2人で鍛造の伝統技法を守り作り続けています

おかげ様で鍛造リングのご依頼を全国各地のお客様から
たくさん頂いております。本当にありがとうございます

 

手作り限定 鍛造エタニティリング 作り方

今回の記事はエタニティリングの作り方をお伝えします
他では滅多に見れない伝統技法でリングを作りますので
エタニティリングの制作工程を楽しんで下さい(^ω^)

これから手作りをするエタニティリングの詳細ですが
エタニティリングの3分の2にダイヤモンドが入ります

一般的にリングの表面全体に同じ大きさのダイヤモンド
が繋がって入る指輪の事をフルエタニティリングと言い
半分にダイヤモンドが入る事をハーフエタニティリング

これからご紹介をするエタニティリングは指輪全体面の
3分の2に入るのでハーフエタニティリングになります

そして普通のハーフエタニティリングと違う所があって
ハーフエタニティリングのトップに大きなダイヤが1つ
入って婚約指輪と兼用ができるデザインなんです(^ω^)

説明だけではイメージが難しいので、完成したこちらの
エタニティリングと婚約指輪の兼用リングをご覧下さい

婚約指輪とエタニティリング 兼用

婚約指輪とエタニティリングが綺麗に融合

指輪のセンタートップには大きなダイヤモンドを使って
この大きなダイヤを挟むように両サイドに小さいダイヤ

大きいダイヤモンドも小さいメレダイヤも質が良いので
ピカピカに光ってダイヤモンドの輝きが繋がっています

ダイヤの質を合わせる事で(透明度やカラーやカット)
大きさが違っても違和感なく同じベースで使えるんです

こちらのハーフエタニティリングが出来上がるまでの
作業工程を詳しく書きますので最後までご覧下さいませ

 

続きを読む