珍しい2連のエタニティリング【重ねづけ感覚の指輪】マット加工&光沢のコンビ

いつもブログをご覧頂きありがとう御座います
手作り結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです

本日の指輪作りの内容は結婚指輪ではなくて
婚約指輪として贈られるエタニティリングです
しかし定番の形のエタニティリングではなくて

2連に見えるエタニティリング
重ねづけ風に見える結婚指輪です

エタニティリングは本当に人気がありますよね
婚約指輪として人気ですが、結婚指輪と兼用と
して使われる事もかなり多くてよく作ります!

プロポーズの時や婚約指輪として贈られる指輪は
ダイヤの指輪が昔から定番で圧倒的に多いですね

一粒の大きなダイヤも定番なんでよく売れますが
※0.3ctのルースの大きさが一般的(直径約4.5mm)
それ以上に今は、小さいダイヤが沢山入っている
エタニティリングもよく作るので売れていますね。

すでにエタニティリングは完成していますので
こちらの指輪が完成するまでの工程を書きます!

※写真のように2つの指輪が交差しているタイプ

1つの指輪にはダイヤが入るエタニティリング
もう1つの指輪はマット加工のシンプルリング
その2本が重なり合って2連に見えるデザインです

 

続きを読む

クリスマスに手作りエタニティリングを贈る~クリスマスイヴにプロポーズ

クリスマスやイヴに婚約や入籍をする人
結婚式をする人が増えてきたと思います!

 

どうも、ジュエリーコウキの2代目、池田です(^ω^)
冒頭でお伝えしたようにクリスマスとウェディングが
とっても近い関係になってきたなと実感しております

ちょっと前まではクリスマスはプレゼントを贈る日
そんな流れだったでしょ?(ジュエリー類に限らず)

もちろん今もその流れは続いていると思うのですが
プロポーズをしたり入籍をしたりなど、明らかに
増えているのが仕事をしていて分かるんです(*´Д`)

写真のようにクリスマスカードでプロポーズとか
そんな話を聞くと最近の人はシャレオツ(お洒落)な
プロポーズをするんだなーと羨ましくて嫉妬しますw ぶw

というのも、今年はこの時期に婚約のエンゲージリング
結婚のマリッジリングをかなり手作りしましたよ(^ω^)

ロマンチックな聖夜に手作りジュエリーは昔から大人気
しかも普通のリングではなくウエディングリングだったら
そりゃもう大切な彼女さんは、うっとり酔います(*´Д`)

ちなみに、婚約指輪と結婚指輪の違いが分からないという
お客様が意外と多くてびっくりしたのでお伝え致しますね

 

婚約指輪とは

婚約指輪をエンゲージリングとも呼びます
プロポーズの時にパートナーに送る指輪です
婚約の証として左手の薬指に婚約指輪をします

結婚指輪とは

結婚指輪をマリッジリングとも呼びます
結婚の証として男女が左手の薬指にする指輪です
結婚式などで指輪交換をしますが、それが結婚指輪

ざっくりと簡単に説明しましたが・・・
分かりましたでしょうかw(ざっくり過ぎるかw)

 

続きを読む

感動巨編!フルエタニティリングの作り方 | 女性はエタニティ 男性は平打ち

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

本日の手作り結婚指輪はフルエタニティリング。
フルエタニティという事は、指輪全体にダイヤが
埋め込まれているという豪華で美しいリングです
細かく制作工程をアップさせて頂きますね(^ω^)

 

エタニティリングと言えば、代表的なブランドが
ティファニー、カルティエ、4℃ が有名だと思いますが
当店ジュエリーコウキのエタニティリングも凄いんです!

もう一度言わせて下さい!
ジュエリーコウキのエタニティは凄いんです!
もう一度言わせて(分かったから落ち着いてw)

私がこだわって手で作る「フルエタニティリング」
鍛造と彫金で作りあげるエタニティリングは最強です

 

有名ブランドのエタニティリングにも引けを取らない
というか、負けるつもりもないというか、実際に
同じ人間が作っている以上、負けない自信はあります

ジュエリー職人を23年している自慢の技術で、私が
こだわり抜いた最高のエタニティリングを手作りします
所々、こだわった過程を書きますので注目して下さいね!

完成したフルエタニティリングが見たいですよね?
すでに完成していますので勿体ぶらずに先に公開します!

107179137_o3

こちらのフルエタニティリングのご依頼主様は
大阪のお客様なのですが、何とわざわざ大阪から
はるばる新潟の当店までお越し下さいました(感動)

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。泣きそうです
楽しい時間を共有できた事に心から感謝しております

真心をこめて精一杯に手作りをしたフルエタニティの
制作工程をブログで細かく説明させて頂きます<(_ _)>

 

続きを読む

ハーフエタニティリング作り方 | ハートが映る良質ダイヤを14コ使用

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

前回の記事でハーフエタニティリングの作り方「前編」
として主に鍛造(たんぞう)で指輪の形を制作して、
彫金(ちょうきん)で指輪の形を削り整えたという記事
を書きましたが、その続きの後編記事となります(^ω^)

前回の記事をご覧頂ければ、制作の流れが分かります
コチラ→ハーフエタニティリングの作り方【鍛造・彫金編】

今回の後編ではダイヤをプラチナリングに留める
彫り留め(ほりどめ)石留め(いしどめ)になります
早速、ダイヤを留める為の作業の様子をアップします!

 

エタニティリングの彫り留め(ほりどめ)

彫り留めとは、その文字の通りに地金を彫りながら
彫刻しながらルースを留めるスペースを作り出す事です

プラチナリングの地金を彫り出す為に色々な工具があり
そのどれも地金を削ったり彫ったりするので鋭利ですね

精密ヤスリやリューターバーなど色々な種類がありますが
彫り留めといえば代表的な工具が「タガネ」という工具
のちほど、分かりやすいようにタガネを詳しく説明します

 

まずは前回の記事の続きからです(^ω^)
下の写真は、設計図をプラチナリングに描いたもの

DSCN2778

計算してダイヤの穴を開ける位置、そしてダイヤモンドを
留める為の爪の位置など目分量では出来ない作業ですので
きっちりと計算をして設計図をリング表面に描いていきます

 

続きを読む

変形しにくいエタニティリングはダイヤが外れにくい!曲がらない指輪を作る

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

お久しぶりですw 2週間ぶりのブログの更新です(汗)
とにかく超忙しくて、鬼忙しくてPCに触れませんw
ブログに書きたい制作日記と制作写真は山程あるのに・・・
工房から一歩も出れませんが、嬉しい悲鳴だと感じてます!

8月も後半、夏が終わり秋の風を感じる今日この頃
とは言っても日中はまだまだ暑い日が続いております
体調が狂いやすい時期ですので十分に注意したいですね

というのも、秋のブライダルシーズンが始まっており
ブライダル関連のジュエリー制作が忙しくなってきて
体調を崩したら制作スケジュールに大きく関わるので
お客様の為にも店の為にも休む訳にはいきません(*´Д`)

 

さて、本日ご紹介するジュエリーはエタニティリング
ダイヤが指輪の半分入るハーフエタニティリングです

ご紹介するハーフエタニティリングのご依頼主様は
何と栃木県から新潟県の当店までお越し下さいました
めっちゃ嬉しいです!本当にありがとう御座います!

お客様のお話しによると栃木県から新潟県長岡市まで
車で片道3時間くらいだったという事です(;´Д`)
本当にわざわざお越し下さり有難う御座いました!!

3時間かけてでも手作りのハーフエタニティリングと
同じ位にイケメンの私を見たかったらしいです(嘘こけw)
まあ・・・いつかそうなるように頑張りますwww

すでに指輪は完成してお客様のお手元へありますが
制作工程はたっぷり撮影してありますのでご紹介します
完成した最強のハーフエタニティリングのお写真がコチラ

DSCN2830

めっちゃ魅力的なハーフエタニティリングです!

鍛造(たんぞう)と彫金(ちょうきん)にこだわって
最初から最後まで手作りするので、プラチナ自体に傷が
つきにくく強度が強い!粘り強いプラチナなので変形にも強い!

そしてダイヤモンドも最高クラスのルースを使っていますし
(カットが綺麗すぎてハートが見える上質なダイヤです)
指への着け心地もストレスを一切感じない最強の指輪です!

 

続きを読む

超激レア!ブラックダイヤで大人気のエタニティリングが作れます!

手作り鍛造ジュエリーの専門店、ジュエリーコウキです
当店2代目の私、池田が書く手作り指輪の制作日記です

手作り鍛造←たんぞう と読みます

ジュエリーコウキでは代々受け継がれてきた伝統技法の鍛造
で当店すべての指輪を作っています(全国でもごく一部の店)
字の通り鍛えて指輪を造るという事ですが後程ご紹介します

ご紹介をさせて頂きます手作りの結婚指輪は東京都のお客様
からの制作のご依頼を頂きました。本当にありがたい事です

インターネットで通販をネットショップでしておりますので
全国各地のお客様からリング制作のご依頼をよく頂きますが
その中でも東京都のお客様からのご依頼が1番多いんですよ

大都会、東京都ですので人口もずば抜けて多いという理由も
あるのかと思いますが、東京都のお客様は本当に多いですね

 

インターネットでのご注文が多いのは間違いがないのですが
その中には東京からわざわざ新潟の長岡までご来店をされる
という東京のお客様も!約300キロあるのに凄いですよね
本当に感謝の言葉しか見つかりませんし凄く嬉しいです(涙)

こんな田舎の小さい宝石店なのに・・・
東京にも沢山のお洒落な宝石店があるというのに・・・

東京からわざわざご来店ありがとう御座いましたああああ!
ご来店&ご注文を頂いたからには絶対に満足をして頂きます

それでは東京都のお客様からご依頼をいただきましたリング
珍しいペアのエタニティリングの手作り制作がスタートです

 

斬新というかエタニティリングですがペアリングなんですよ
結婚指輪が2本のハーフエタニティリングという事ですね
エタニティリングのペアってなかなか無いので超珍しいです

よくある指輪のパターンは女性のみエタニティリングにして
男性はシンプルな平打ちや甲丸などが一般的(ダイヤ無し)
しかし今回は男性も女性と同じにダイヤが入っております!

指輪の制作途中の写真がありますので参考までにご覧下さい
ペアのハーフエタニティリングはこんな感じに作りだします

エタニティリングの石枠

制作途中の写真ですので現段階ではこんな感じの石枠ですが
随時、指輪作りが進みますのでこちらの記事の更新と一緒に
結婚指輪の制作も進めますので完成までお見せいたしますね

続きを読む

大人気!メビウス結婚指輪の作り方 | エタニティリングのメビウスバージョン

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
株式会社ジュエリーコウキの2代目、池田です

今週も凄まじい集中力で指輪制作に没頭しています
こんなにも仕事に集中できるのは感謝ですね(^ω^)
おかげ様で集中した仕事の後のビールの味は最高ですw

さて、記事の題名ですが超大作と書いてしまいましたw
大袈裟な表現かもしれませんが、自分にとっては終始、
良い感じで納得できる結婚指輪が完成したからです!
という事で今回の制作記事は長文なのでお楽しみに(笑)

 

今までお客様からご依頼を頂いて制作している
結婚指輪のすべてが自分にとっては大作ですが、

特に今回は難しい場面を無事にクリアできた事が
自分の職人レベルをワンランク上げたと思うので、
超大作と大袈裟ですが表現をさせて頂きました<(_ _)>

そんな訳で、自慢の結婚指輪をご紹介させて頂きます
神奈川県横浜市のお客様から制作ご依頼を頂きました!

しかも2度も横浜から長岡までの道のりを(涙)
心から感謝でございます。お話しができて最高でした!

 

早速ですが
結婚指輪のデザインはメビウスリング

 

ひねったツイスト状のメビウスの輪を指輪に表現して
光った鏡面と艶消しのマット面をコンビしたデザイン

更に女性の結婚指輪にはダイヤをエタニティのように
繋がって埋め込むという気合の入った結婚指輪なんです

エタニティリングのようにというか、エタニティと
全く同じ石留め方法をしたのでメビウスエタニティと
言ったらいいのか、とにかく素敵な結婚指輪なんです

ん~・・・いつも説明が下手ですいませんw
すでにご紹介するメビウスの結婚指輪は完成して
おりますので、説明より完成品をまずご覧くださいw

DSCN1194

とっても美しいメビウスの結婚指輪ですよね!

女性の繋がったダイヤモンドがとっても魅力的です
こだわりポイントが他にもいくつも御座いますので、
こちらの結婚指輪になるまでの制作工程をお伝えします!
今回は熱く語りながら、記事を書くので長文になりますw

 

続きを読む

サイズ直しが出来るハーフエタニティリングの作り方-ダイヤ彫り留め

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市にある工房で手作りしています

当店2代目で宝飾職人歴25年の私、池田が書くブログ
鍛造(たんぞう)という伝統技術で指輪を手作りします
鍛造とは指輪の地金を鍛えて育てて造る伝統技法です。

刀を作るような鍛冶作業で指輪を作るという伝統工芸
リングの地金をハンマーで叩いて鍛えての鍛冶作業で
作る事から鍛造リングと呼ばれている希少な製法です。

鍛えれば鍛えるだけ密度が増すので強くなるんですよ
密度の増した地金で作るエタニティリングは頑丈です
鍛造のエタニティリングは全国でもほぼありません!

宝飾職人

さて、前回の記事でハーフエタニティリングを鍛造で
作るという内容を書きましたが、その続きになります。

前回は、エタニティリングに入れるダイヤに合わせて
先端工具や鏨を使って彫り出す「彫り留め」の様子を
お伝えしましたが今回は指輪の完成までお伝えします。

前回の記事はコチラ→エタニティリング制作・彫金編

 

ざっと前回の記事のおさらいを簡単に説明いたします

鍛冶で鍛えて伸ばしたプラチナを丸めてリングにして
溶接でリングを繋げてからお客様のサイズまで伸ばす。

そしてハーフエタニティリングに入るダイヤの直径と
隙間と数を計算しながらリングに設計図を描きました。

設計図に合わせて指輪にドリルで穴を開けたり、鏨や
先端工具で削ったり彫ったりで石枠やフチや共有爪を
作り出すという彫金作業で彫り留めで、その続きです!

DSCN0686

彫り留めの終盤は、凄く小さい鏨(タガネ)を使って
ダイヤを留めるのに必要な共有爪を1つ1つ作ります

共有爪とは、一般的には爪で留める石留めの場合は、
1つの石に爪を4本で押さえて留めるのが普通ですが

共有爪というだけあって、石と石の間を爪1本、上下
で合わせて2本になりますが1つの爪を共有して使用

共有爪はエタニティリングにとっても重要な爪

ダイヤモンドが繋がって入るエタニティリングには、
必要不可欠な爪なのでダイヤとダイヤの間に隙間なく
作って尚且つ高さや間隔も均等にすることが必須です。

DSCN0683

サイズ直しが出来るエタニティリング
それこそがハーフエタニティリングです

結婚指輪と婚約指輪を、共有とした記念のリングなので
サイズが変わってもサイズ直しが出来るようにとの事で
ハーフエタニティリングを提案させて頂いていたんです。

エタニティリングは想像以上にサイズ直しが難しいです
その内容も記事にしました→エタニティリングのサイズ直し

続きを読む

エタニティリングのサイズ直し | 宝飾職人が教えるサイズ直しのやり方

指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキといいます
当店2代目で宝飾職人歴25年の私が書くブログです。

普通の手作りとは違って鍛造(たんぞう)という伝統技法で
指輪を制作販売をしているジュエリーショップになります。

鍛造とは昔から伝わる伝統技法、指輪の素材となる地金を
ハンマーで叩いて締めての鍛冶で鍛錬しながら作る製法で
地金を鍛錬することで密度が増して指輪が強くなるんです。

密度が増した指輪は粘り強くなるので変形に強いという事
また衝撃にも強いのでキズや凹みにも強くなる最強の指輪
全国で一部の専門店しか鍛造リングは作る事ができません。

宝飾職人

本題ですが、よくあるお問い合わせでエタニティリングは
サイズ直しって可能ですか?不可能ですか?というお話し
がよくありますので、その件についてを書かせて頂きます。

当店は鍛造リング専門店ということで専用の工房があって
指輪を作る設備が整っているので修理にも対応しています。

例えば1番多い修理は、指輪のサイズ直しが圧倒的に多く
次に、ネックレスが切れたから直してほしいというご依頼
リフォームも対応している宝飾職人在住の宝石店なんです。

 

本題に戻りますが、

エタニティリングのサイズ直しは、
出来るのか?出来ないのか?どっち!

この件に関して気になっている人って結構多いと思います。
と言いますか、エタニティリングはサイズ直しが出来ると
思っている人が多いのですが実はそうでもないんです(汗)

エタニティリングは人気なので、作る機会がかなり多くて
(実際に今もハーフエタニティリングを制作中です)
指輪のサイズ直しは大丈夫ですよね?と聞かれたりします。

その時は、エタニティリングの構造や、作り方をお客様に
ご説明をしてお客様がご理解をしてからご依頼を頂きます。

エタニティリング 画像

ハーフエタニティリングはサイズ直し可能
フルエタニティリングはサイズ直し不可能

結婚指輪がエタニティリングの場合は、指のサイズが
年月によって変わる可能性が大きいので注意が必要です。

ハーフエタニティリングはサイズ直しが出来るというのに
どうしてフルエタニティリングはサイズ直しが出来ない?
その理由はエタニティリングの構造上の問題になるんです。

続きを読む

ハーフエタニティリングの意味とエタニティリングの作り方【彫金編】

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキといいます
当店2代目で宝飾職人の私、池田が書くブログです。

指輪を手作りで制作販売しているジュエリーショップです
制作方法は鍛造(たんぞう)という伝統技法で手作りします。

鍛造とは、指輪の素材となるプラチナやゴールドの地金を
鍛冶で鍛錬をしながら強く育てて造るという伝統技法です
全国で一部の宝飾職人しか受け継いでいないので希少です。

当店2代目の私、池田も鍛造を受け継いだ宝飾職人です
地金を鍛えることで地金の密度が増して強くなるんですよ
変形しにくくてキズが付きにくいので人気の製造方法です。

 

本日のブログ内容は、お客様から人気のエタニティリング
ハーフエタニティリングの制作ご依頼を頂きました(^-^)

という事で、ハーフエタニティリングの作り方をご紹介
手作りで造り上げるエタニティリングですのでお楽しみに!

お客様のご要望で婚約指輪と結婚指輪の兼用の指輪なので
婚約指輪に見合った質の良い綺麗なダイヤを揃えました
めっちゃ綺麗なハーフエタニティリングになります(^-^)

 

フルエタニティリングと
ハーフエタニティリングの違い

この違いを簡単に説明すると、指輪全体にダイヤモンドが
切れ間なく一周繋がっているのが→フルエタニティリング

逆にフルエタニティリングのように全面に入るのではなく
半分くらいにダイヤが入るのが→ハーフエタニティリング
きっちり半分ではなく、半分くらいもハーフに含まれます。

フルエタニティリングでも、ハーフエタニティリングでも
どちらの指輪もエタニティリングと呼ぶことが一般的です。

鍛造 やり方

鍛造で作るエタニティリングは強度が強い!

エタニティリングに限らずに、ジュエリーコウキで指輪を
鍛造で作る場合の流れを簡単に説明をさせていただきます。

上の画像のように、エタニティリングを作るために必要な
地金(プラチナやゴールド)を用意して地金を溶かします。

そして鍛造リング(鍛造の指輪の事)のメインとなる鍛冶で
ハンマーで繰り返して叩いて締めて地金の密度を上げます
説明では難しいので鍛冶の様子を動画でご覧下さい(^-^)

動画のように鍛冶作業をじっくりと何度も繰り返すことで
プラチナやゴールドに含まれている微量な空気を放出させ
地金の粒子が締まって整い密度がぐんぐん増していきます。

続きを読む