結婚指輪はペアじゃないけど後悔してない!あえて揃えないのも有り

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、北海道Y様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方は、結婚指輪のデザインや
素材が男女で違っていてお揃いじゃないそうです(^-^)

一昔前は結婚指輪はペアなのでデザインも素材もペア
というのが普通でしたが(今もペアが断然多いですね)
今は素材とデザインを二人別々の方も増えてきました。

お互いにこだわりや好みがあると思いますので個々で
素材やデザインを決めてお揃いにしないのも有りだと
思いますので今回の方はどうだったのかの体験談です。

それでは北海道Y様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪は男女で違う!お揃いにしなかった理由】

 

投稿者 北海道Y様

 

わたしたちの結婚指輪は、
結婚が決まる前から決まっていました。

よく「夫婦は似てくる」
なんていう話を聞きますよね。

年月を重ねていくと趣味や好きなもの、
好きな食べ物なんかも少しずつ似てきちゃうみたいです。

わたしたちは出会って付き合ってすぐの頃は、
お互いのファッションの趣味は、
正直なところそんなに合っていなかったと思います。

でも同じ時間を過ごす中で、「これ可愛い!」
「うん。わかる。」と共感することが増えていきました。

一緒にウィンドーショッピングをしていたある日、
たまたま見かけたリミテッドショップ。
ここに後々、結婚指輪でお世話になることになります。

 

【唯一無二の結婚指輪】

そのお店は「唯一無二」のものを手作りで作っていて、
デザイナーさんのこだわりとお客様のこだわりを

いっぱい詰め込んだ、
そんな指輪をつくることができるお店でした。

「こだわり」これが、
このお店に決めるポイントになりました。

どんな結婚指輪にしようかと考えた時に、
一致した意見が「わたしたちらしさを表現すること」でした。

一緒に過ごしてきて少しずつ似てきた「同じ」ところ。
一緒に過ごしてきても、
それぞれらしさを尊重できる「違う」ところ。

このふたつ、
これが私たちにとってとても大切でした。

そこにこだわりを持って、
デザイナーさんとの打ち合わせを重ねました。

実はこのお店、デザイナーさんが
実際に指輪を作る作り手さんでもあります。

打ち合わせのなかで何気なく出た、
言葉やニュアンスなんかをきっちり取り入れてくれるところが、
安心してわたしたちの結婚指輪をおまかせできるところでした。

 

続きを読む

結婚指輪に傷が (涙) 指輪は毎日着ける派?勿体ないから着けない派?

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、東京都Y様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方はディズニーが大好きという
ことでディズニー系の結婚指輪に決めたそうです(^-^)

そして結婚指輪を着けてみた感想も教えて頂きましたが
結婚指輪を着けて数日で傷が付いてしまったという事で

ショックで、それからは休日のお出かけの時だけ指輪を
しているというエピソードを教えて頂きましたm(__)m

結婚指輪は日常生活で使う事になるので傷や凹みなどは
必ず付きますので仕方ない事ですしそれが味になります。

傷が付いて勿体ない、傷を付けたくないから結婚指輪は
あまり着けないという方もいらっしゃいますので何とも
言えないですが作り手からすると毎日着けて欲しいです。

結婚指輪は、着ける派?着けない派?で分けるとしたら
ご投稿を頂いた方は着けない派なのでご意見を伺いました。

それでは東京都Y様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【ディズニープリンセス使用の結婚指輪に傷が!】

 

投稿者 東京都Y様

 

ブライダル・ジュエリーセレクトショップ『B』で購入。

ディズニープリンセス使用の結婚指輪がいくつかあり、
その中の1つ『ラプンツェル』を購入しました。

結婚指輪は男性側はどうしてもシンプルになりがちなので、
男性側も少し他とは違う雰囲気のあるものでおすすめ。

女性側の指輪にはダイヤモンドを
ちりばめることが出来るデザインで、

シンプルさの中にもきらびやかに光る
デザインであることも惹かれたポイントでした。

数多くあるジュエリーショップですが、
私はここで婚約指輪を購入しました。

担当してくださった店員さんがとてもいい方で、
婚約指輪の話を進めていくうちに結婚指輪の話にも
自然となっていきました。

 

【ディズニープリンセス使用の結婚指輪】

特にブランドにこだわりもなかったため、
結婚指輪を見ているうちに自分たちに合いそうな指輪を発見。

2人ともディズニーが好きだったため
ディズニープリンセス使用に。

5つほどモチーフがありましたが、
女性側にはダイヤモンドをちりばめることが出来たことと、

男性側も少し変わり映えがある波を打つような
デザインになっていたラプンツェルに決めました。

男性用も女性用も波を打つようなデザインの指輪は、
ラプンツェルの長い髪をモチーフにされたデザイン。

結婚指輪 ウェーブ

婚約指輪がストレートなデザインに
ダイヤモンドがついている形だったので、
2つを重ねた時の見た目もおさまりが良く見えました。

内側の刻印は通常通り文字を入れることと、
ラプンツェルに関わる絵文字のようなのを
入れることが出来たのもまた魅力的でした。

種類は多くあったので詳細までは覚えていませんが、
私たちは男性側はランタンなどにも描かれていた太陽の紋章、

女性側はパスカル(ラプンツェルと行動を
共にしているカメレオン)を選びました。

他にはラプンツェルの物語に
出てくるお花などがありました。

 

続きを読む

インスタグラムで結婚指輪を探す人が増加!インスタ検索は凄く便利

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、岐阜県T様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は何とウエディングプランナーさん!
結婚式場で働いているウエディングプランナーさんです。

結婚式場で働いているウエディングプランナーさんは、
沢山の結婚式を見ているので結婚指輪も沢山見ています。

そんなウエディングプランナーさんが結婚指輪を探した
エピソードはインスタグラムで指輪を探したそうです!

式場関係者なので結婚指輪も業界関係の付き合いかと
思っておりましたがインスタグラムとは新鮮ですね(^-^)

インスタグラムでどうやって結婚指輪を探したのかを
教えて頂いたのですが、なるほど~と勉強になりました。

というのも当店もインスタグラムをしているお客様から
お問い合わせや結婚指輪のご依頼が意外と多いんです!

私もインスタグラムはやっておりますがそこまで詳しく
インスタの使い方を知らなかったので勉強になりました。

それでは岐阜県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【インスタグラムで探した素敵な結婚指輪】

 

投稿者 岐阜県T様

 

自分自身が、
ウエディングプランナーとして働いている為、

いろいろな結婚指輪を見てきました。
実物を見るとどの結婚指輪も勿論とても素敵です。

仕事の中で、お客様のウエディングレポートや
式場ブログ等で結婚式のエピソードを書く際に、

結婚指輪も写真付きで紹介したり、
挙式の結婚指輪の交換のシーンの
写真を使ったりするのですが、

正直写真になるとどの結婚指輪も
似たり寄ったりで区別がつきません。
シルバーかゴールドかの違いです。

自分が結婚指輪を作る事になったらもっと面白みのある
結婚指輪がいいなという事をずっと考えておりました。

いざ「結婚指輪を作る」となった際、
沢山資料請求をしました。

色々な会社の指輪のパンフレットを
見るのはとても楽しかったです。

しかし、パンフレットなのだから
どれも素敵にとってあるのは当然ですよね。

 

【インスタグラムで結婚指輪を探す】

なので私が結婚指輪を探す時に一番よく見たのは
インスタグラムに乗っている
卒花嫁さんの挙式レポートです。

ほぼ必ず結婚指輪の交換の写真があります。
他にもインスタグラムで結婚指輪○○と検索をしました

そこで目を引く結婚指輪のデザインに出会い、
これだ!とその指輪の会社のパンフレットを取り寄せました。

「大きな石がついている」とか
「ど派手」という訳ではなく、

よくみると指輪に木目があり、
色はゴールドに近いのですが、
それこそ木の様な優しい温かい色なのです。

パンフレットを見て旦那と益々指輪の
デザインに惚れ込み、すぐに来店予約をしました。

普通なら何店舗も実物を見てまわるのかもしれませんが、
日々の仕事で大体の指輪は見てきたと思うので
私たちはそのお店にしか行っていません。

どこの指輪屋さんもそうなのかは分かりませんが、
ショーケース越しではなく沢山のサンプル品を実際に
手に取らせて頂き質感や着け心地等を体験させて頂きました。

 

続きを読む

純金と純プラチナの結婚指輪【鍛造&槌目】男女で指輪の素材が違う

鍛造の指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ 池田と申します

私はジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純金と純プラチナで結婚指輪を作る】

純金と純プラチナの2種類を素材として結婚指輪を制作

結婚指輪を作る素材で1番多いのがプラチナとゴールド
プラチナはpt900、ゴールドはk18 が一般的なのですが、

本日は、大変珍しい純プラチナ(pt1000)と純金(k24)の
2種類の違う素材を使って結婚指輪を作っていきます!

よくあるプラチナとゴールドを1本の結婚指輪に使った
コンビのデザインではなくて女性用と男性用で違います
今回は男性が純プラチナ、女性が純金で指輪を作ります。

※1本のコンビリングはメンテナンスが効かないんです
別々の素材を一緒にして作ると融点(溶ける温度)や
地金の性質が違うので無理が生じて壊れやすいんですね。

純金 純プラチナ

【純金と純プラチナは柔らかい】

純金と純プラチナは純度がMAXなので柔らかいんです
不純物が地金に含まれていないので柔らかいということ。

というのも一般的に結婚指輪で使われているゴールドは
純金ではなくてk18が圧倒的に多いです(k18以下も多い)

純金だけだと柔らかくてリングに向かないので割りがね
として銀や銅を加えて溶かしてk18やk18以下にします
そうすれば地金が硬くなって細工もできるからなんです。

純プラチナも同じで柔らかくてリングに向かないので
割りがねとしてパラジウムを加えて溶かしてpt900に
したりpt900以下にします(一般的にpt900が多いです)

純金と純プラチナは柔らかいので変形するのでリングに
向かないという理由と柔らかいので細工が難しいんです
そのような理由から市販の指輪にはほとんど無いんです。

しかし!日本伝統技法の鍛造は凄いです!柔らかい地金
を鍛冶で鍛錬するので密度が高まって頑丈になるんです
純金でも純プラチナでも安心して結婚指輪を作れます!

 

女性の結婚指輪が純金で
男性の指輪が純プラチナ

今回の鍛造の結婚指輪は男女で素材を別々にしています
女性用の指輪が純金で、男性用の指輪が純プラチナです。

素材の好みもあると思いますので女性が純プラチナでも
良いと思いますし男性が純金でも良いと思います(^-^)

早速ですが純金と純プラチナで作った指輪をご覧下さい
槌目(つちめ)で仕上げたデザインで幅は約3ミリです。

結婚指輪 純金 純プラチナ

【純金&純プラチナ 鍛造の結婚指輪】

品を感じますよね~上品で繊細で清楚な結婚指輪ですね
そう感じる理由は、繊細な槌目を艶消しにしたからです。

ゴールドやプラチナといえばキラッキラに輝いた光沢を
イメージする方が多いと思いますが白い艶消しです(^-^)

艶消しにも色んな種類がありますが白い艶消しは清楚で
上品で落ち着いた雰囲気が出るので繊細な槌目にお勧め。

それでは結婚指輪の制作工程をブログに詳しく書きます
結婚指輪の完成まで書きますので最後までご覧下さい!

続きを読む

1つの指輪にゴールド&プラチナの2種類の金属はサイズ直しが無理

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府M様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方の結婚指輪選びエピソード
ですが指輪の素材でかなり悩んだそうで、その理由は
女性はプラチナが良く男性はゴールドが良いからです。

どちらの素材にするかで相当悩んだそうですが最終的
にショップのスタッフさんのアドバイスでプラチナと、

ゴールドの2つの異なる素材が一緒になったコンビの
デザインの結婚指輪に決めたそうですが素材が異なる
ので予めサイズ直しは出来ませんと言われたそうです。

結婚指輪は長い年月ずっと身に着ける指輪になるので
サイズ直しが出来ないということは凄く気になります。

何故、異なる素材が一緒になったコンビのデザインは
サイズ直しやメンテナンスが不可能なのか指輪を作る
職人として記事の最後に説明をしたいと思います(^-^)

それでは大阪府M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【サイズ直しができない結婚指輪でも満足】

 

投稿者 大阪府M様

 

私たち夫婦は婚約指輪を購入しませんでした。

しかし、結婚指輪を購入するかどうか考えた時には
やはり夫婦となり新しく家族となるのだから

同じものをつける二人の繋がりを象徴するような
「特別感」はあったほうがいいよねと話し合って
結婚指輪を購入することを決めました。

年齢を重ねるとペアのものは
なかなか恥ずかしくて身に着けられず、

私たち夫婦もお揃いのものを何も持って
いなかったので結婚指輪を購入するのは楽しみでした。

どの指輪にするか決めるまで時間がかかりましたが
あまり高価なものを購入はできなかったので
シンプルで飽きの来ないデザインを選びました。

初めのイメージとして、実は結婚指輪というのは
シンプルなリングだと思っていたので、
こんなにたくさんの種類があることを知りませんでした。

結婚指輪といっても
ブランドや種類がたくさんありすぎて
何から考えたらいいのかわかりませんでした。

そこで、どんなデザインがあるのかを
色々見てみることにしました。

 

【ミルグレインの結婚指輪】

私はミルグレインのデザインがとても気に入り、
様々なブランドでミルグレインのデザインばかり見ていました。

ブランドによって価格や細さなど同じデザインでも
微妙に違っていて実際に見て試着してみないと
決められないと思い、店舗を訪れました。

いきなり店舗に行くのでは時間がかかるため
インターネットでいくつかブランドを絞りました。

ところがいざ店舗に行って試着してみると
ネットで見ているモデルさんのイメージと
自分の指で試着したものではギャップがあり、

あまりしっくりくるものがなかったため
デザインを考えることからやり直しとなりました。

デザインが素敵だなと思っていた中の
一つであるブランドに絞って店舗へ行き、
試着できる指輪を10種類くらい主人と一緒に試着しました。

いつまでもペアで同じものを身に着けたいと思っていたので、
二人ともが納得するデザインを選びたくて一緒に見に行きました。

 

続きを読む

結婚指輪のサイズ 小さめで大正解☆指輪が外れないので失くさない!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、北海道M様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして頂いた方は結婚指輪選びに超こだわって
納得ができる結婚指輪に出会えて決定したそうです!

素材はプラチナ、そして小さめのダイヤが散りばめて
あるエタニティリングのようなデザインに憧れていて
エタニティリングに近いデザインに決めたそうです!

そしてデザインが決まってから1番悩んだのがサイズ。

結婚指輪は毎日ずっと外さないで着けていたいという
理由から小さめのサイズにして指輪が外れないように
最初から考えて小さいサイズで指輪を作ったそうです。

確かにブカブカの指輪よりも少しきつめのほうが安心
して毎日つけていられると私も作り手として思います
記事の最後に私のプロとしての考えも書きます(^-^)

それでは北海道M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【小さいサイズの結婚指輪は安心】

 

投稿者 北海道M様

 

私と旦那の結婚指輪はとにかく
こだわりのこもったものにしました。

まず一番考えたのが色・素材です。

ピンクゴールドやシャンパンゴールドの方が
手になじむかなとも思ったのですが、

この後どんどん年齢を重ねていっても色あせず
その時の年齢の手の魅力を一番引き出してくれるのは、

プラチナかなと思い、私の結婚指輪も
夫の結婚指輪もプラチナにしました。

 

【プラチナの結婚指輪は壊れにくい】

プラチナは傷ついたりゆがんだりは
しやすいですがその分壊れにくいと知り、

単純に壊れにくいという理由と、
夫婦としてつらいことや傷つくことが合っても
決して壊れないという意味合いも込めて、
プラチナはとてもおすすめです。

デザインは、女性ものと男性もの
どちらもできるだけ似たデザインで、
お揃い感・ペア感が出るようにしました。

また、旦那の仕事柄あまり派手な
ものにはしたくなかったので、

男性のデザインはシンプルだけど
おしゃれなものを探しました。

 

【女性用の指輪にダイヤを沢山入れたい】

女性ものはエタニティリング、
ハーフエタニティリングなどダイヤが
ぐるっと敷き詰められているデザインが好きで、
一周もしくは半周しているものがいいなと思っていました。

そこで見つけたのが実際に購入した結婚指輪なのですが、
トップにダイヤが一粒あり、
その周りを小さいダイヤが一周しているものです。

しかしこれはただ一周しているわけではなく、
真正面から側面を通り裏側を通過し、

また側面を通って真正面に戻ってくるデザインなんです
なかなかないこのデザインに一目ぼれしました。

結婚指輪 かわいい

【小さなダイヤがキラキラ光って可愛い】

このデザインの一番のお気に入りポイントは
何といってもキラキラ具合です。

デスクワークの多い私は、
指輪を真正面から見ることよりも
やや手前から見る角度が多いのですが、

小さなダイヤが側面を通ることによって、
パソコンを打っているときも左の薬指が
キラキラと光ってすごくかわいいです。

また、他の人と話すときも相手が見る方の
側面にもダイヤが通っているため、
指輪をほめていただけることがすごく多いです。

男性物の結婚指輪のデザインも
この女性もののデザインとすごく似ていて、

ダイヤはついていませんがミル打ちで
同じ軌道がデザインされています。
お揃い感が強くとてもうれしいです。

続きを読む

結婚指輪のダイヤは表がいい?裏がいい?メリット&デメリット比較

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、東京都A様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方の結婚指輪選びのポイント
は素材がゴールド(18金)に決めていたそうです!

結婚指輪の素材と言えば、代表的なのがゴールド系か
シルバー系(プラチナ)が一般的でほぼどちらかです。

素材はカラーだけではなくて質も違うので1番最初に
決める結婚指輪のポイントとしては良いと思います!

そして素材の次は、ダイヤを指輪の裏側に入れるのか
表側に入れるかで凄く悩んだ結果、裏にしたそうです
どうしてダイヤを裏側に入れたのか教えて頂きました。

それでは東京都A様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

18金イエローゴールドの結婚指輪を選んだ理由

 

投稿者 東京都A様

 

結婚指輪はゴールドのシンプルな指輪を買いました。
内側に小さなダイヤが埋め込まれているデザインです。

ダイヤのとなりに、入籍日とイニシャルを入れてもらい、
夫婦でサイズ違いの、同じデザインのものを買いました。

結婚指輪はシルバーをしている人が多いので、
人とはちょっと違う指輪がほしいと思い、
18金のゴールドを選びました。

ゴールドにも、ピンクゴールドや
イエローゴールドなどがありますが、

私はイエローゴールドの結婚指輪を買いました
こちらが私の18金イエローゴールドの指輪です。

18金イエローゴールド 結婚指輪

【ピンクゴールドよりイエローゴールド】

ピンクゴールドのほうが可愛いなぁと思いましたが、
結婚指輪は一生つけるもの。

自分の今の感覚で決めるよりも、
自分がおばあちゃんになっても、

自然につけていられるもののほうが
いいだろうと考えてイエローゴールドを選びました。

デザインはシンプルな指輪ですが、
ゴールドなので普段でも華やかに見える点が気に入っています。

購入場所は、百貨店のブライダルジュエリー売り場です。
「ゴールドの結婚指輪がほしいね」ということだけ
先にふたりで決めて、結婚指輪を探しに行きました。

一通り、ジュエリー売り場の指輪をチェック。
その後、ゴールドの結婚指輪のバリエーションが
一番多いお店に再び戻り、ふたりでデザインを選びました。

 

続きを読む

結婚指輪セミオーダーメイドとは?既存の素材やデザインから選ぶ事

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、宮城県M様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方は当初はオーダーメイドで
1からオーダーで結婚指輪を作りたかったそうですが、

ネットで色々と調べてみると初めから作るというのは
難しいんだなと感じてオーダーメイドの中でも比較的
簡単に進められるセミオーダーメイドにしたそうです。

セミオーダーメイドとは、既存の素材やデザインから
選ぶ事が出来るので比較的簡単に進められるのが特徴。

当店もオーダーメイドの店ですが、オーダーメイドと
言っても様々な種類があるので(例えばハンドメイド、
フルオーダーメイドなど工程が店によって違うんです)

ですのでまずはお店に行くか問い合わせをしてその店
がどんなオーダーメイドなのかを知るのが安心ですね
今は店舗HPも充実しているので簡単に調べられます。

それでは宮城県M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【セミオーダーの結婚指輪】

 

投稿者 宮城県M様

 

私たちが選んだ結婚指輪は、
私が元々気になっていたブランドの指輪でした。

最初は、ただ選んで購入するのではなく、
2人で結婚指輪を作れるものをと思い、
手作りできるお店を探していました。

私たちの住んでいるところには
指輪を手作りできるお店は何個かありましたが、

どのホームページを見てもあまりピンとこず、
「どうしようね」などと話していました。

手作りできる指輪は値段も高くなく、
自分たちで作るという所から愛着もより湧くだろうし、
特別感が増すだろうと思い手作りを希望していました。

ですが、やはり県内で探すと
ピンとこない…となったところから、

一から手作りなのではなく、
セミオーダーメイドといった自分たちで

形やデザインをある程度選べる
ものでもいいのではないかと思い、
そちらの方面で探し始めたのです。

 

【セミオーダーメイドの結婚指輪】

最初に見つけたお店は、オーダーメイドし、
ふたつの繋がった指輪を2人で割って
それからデザインされるというスタイルのお店でした。

私たちは絶対これがいいなと思っていたのですが、
やはり珍しいものであることからも値段が高く、
さすがに厳しいという意見になりました。

2人でその指輪自体に手を加えられるというのが
本当に素敵だと思っていたのですが、

私も貯金はあまりありませんでしたし、
夫もこれから新入社員という状態で引越しも控えてましたし、
指輪に多額のお金をかけることは難しいと話していました。

改めてまた2人でネットでセミオーダーメイドが
できる結婚指輪をと探し始めたのですが、

突然ふと私が前から気になっていた
指輪のブランドを思い出し、あの指輪のブランドは
結婚指輪は扱っていないのかなと検索してみました。

そうすると、結婚指輪を取り扱っていて、尚且つ
セミオーダーメイドもできるタイプのものもありました。

 

続きを読む

ミル打ち結婚指輪 メリットは美しい!デメリットは汚れが溜まる(汗)

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、新潟県M様から投稿を頂いたエピソードです

毎日ずっと結婚指輪を着けていたいというポイントを
1番に考えて普段邪魔にならないシンプルなデザイン
に絞って結婚指輪のデザインを選んで決めたそうです。

そして決めたデザインがミル打ち(ミルグレイン)と
いうデザインで小さい粒が並んだ繊細なデザインです。

ミル打ちの中でも定番のデザインでフチにミル打ちが
繋がって入っているデザインです(両縁にミル打ち)

ミル打ちの結婚指輪を15年間着けてみた使い心地の
感想を教えて頂きました(メリットやデメリットなど)

それでは新潟県M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【シンプルなミル打ちは邪魔にならない】

 

投稿者 新潟県M様

 

結婚指輪はしない主義だから必要ないと考え、
購入しないカップルも多くなってきていると聞きます。

その考えを否定するわけではありませんが、
私はやっぱり結婚指輪は大切だと思っています。

私たち夫婦はカップルのころからペアで何かを
身に着けるのは、気恥ずかしいし、
自分たちの意に反すると思っていました。

そのため、初めて身に着けた
お揃いのものが結婚指輪でした。

また、それと同時に夫婦になった証でもあるため、
結婚指輪にはかなり特別な想いがありました。

時代のせいもあるのでしょうが、幼い頃、
私の周りの男性(祖父や父、叔父など)は
結婚指輪を身に着けていませんでした。

だから、結婚指輪さえも男の人は
身に着けないのが当然なんだと思っていました。

でも、結婚が決まった時に夫が
「俺は結婚指輪をつけたい!」と
言ったので少し驚きましたが嬉しかったです。

そして結婚指輪選びがスタートしました。

 

【生活の邪魔にならない結婚指輪】

結婚指輪を選ぶポイントは、人それぞれ
重要視したいところが違ってくると思います。

私たちの場合はシンプルで生活の邪魔にならず、
基本的にはずっとつけているものなのだから

「質の良いものにしたい」
ということを頭において選んでいきました。

はじめに、夫がプロポーズの時にくれた
ネックレスと同じブランドにしようと決め、
お店にカタログをもらいに行きました。

夫もつけるなら2つとも同じデザインながら
男女どちらがつけてもオシャレで、
悪目立ちしないシンプルなものにしようと決めました。

そして、そのカタログの中からシンプルなミル打ちの
プラチナの指輪に一目惚れし、それに決めました。
指輪の価格はペアで15万円くらいでした。

ミルグレイン 結婚指輪

【ミル打ちのシンプルな結婚指輪】

結婚当初、結婚指輪を身に着け始めたばかりの頃は
指輪の存在になかなか慣れず違和感がありましたが、

シンプルなミル打ちデザインのものにしたおかげで
仕事や家事の邪魔になることはありませんでした。

結婚したばかりの頃は指輪を見て、
「私、結婚したんだな。夫婦になったんだな。」
としみじみ実感していたのを思い出します。

その後も子供が生まれ、育児が始まりましたが、
授乳やおむつ替え、お風呂に入れるなど
育児に関しても指輪が邪魔になったことはありませんでした。

続きを読む

強烈!鍛造の指輪が神々しい【超絶幅広リング】極太13mm×重量40g

鍛造の指輪の専門店ジュエリーコウキです
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

アラフィフに足を踏み入れた宝飾職人の池田と申しますw
当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です!

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【本物の鍛造指輪とは】

鍛造指輪とは鍛えながら造る指輪と書いて鍛造指輪です

本物の鍛造で手作りをする指輪はほとんど存在しません!
鍛造風は多く存在しますが本物の鍛造はレベルが違います。

鍛造風は機械圧縮などのプレスで作れますが本物の鍛造は
宝飾職人が鍛冶で作るしかないので数に限りがあるんです
しかも伝統技法なので先代から継承した職人のみ作れます。

【鍛造で作れる限界の指輪】

埼玉県のお客様から鍛造指輪のご依頼を頂きました(^-^)
しかも鍛造で作れる限界の超絶極太で超絶槌目の指輪です。

超絶を連呼してしまいましたがwそれほど超絶な指輪です
神がかかった鍛造指輪で見た目のインパクトは凄まじくて
指輪というよりも芸術品の飾っておけるレベルの指輪です。

めちゃくちゃハードルを自分で上げてしまいましたがww
それほど超絶な圧倒的なインパクトになるのでご覧下さい。

鍛造 指輪

【鍛造の槌目が凄まじい衝撃!】

どうですか!凄まじいインパクトの鍛造指輪のご登場ですw

リング幅が13ミリもある超絶極太、厚みが何と約3ミリ
肉厚があるので槌目を深く打ち込めるので凄味が増します
これだけプラチナを使うと約40グラムも必要になります!

槌目模様の大きさと深さは規格外のサイズなので可能です
手作りの鍛造で作れる限界ギリギリの鍛造指輪になります
こちらの凄味のある鍛造指輪の制作工程をご覧下さいませ。

続きを読む