結婚指輪のメレダイヤ 後悔しないように綺麗なダイヤを選ぶコツ!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、沖縄県M様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は以前ジュエリーショップにお勤めだった
ということで普通の人よりジュエリーに詳しいという
ことでご自身の結婚指輪の品質にこだわったそうです。

結婚指輪で1番こだわったポイントがメレダイヤです
メレダイヤとは小さい小粒のダイヤのことを言います。

メレダイヤは結婚指輪に使われたり婚約指輪の両脇に
サイドストーンとして使ったりとよく使うダイヤです
メレダイヤを使うことで指輪が華やかになります(^-^)

そんなメレダイヤですが品質がピンキリにあるんです
汚いメレダイヤは指輪全体がくすんでしまいます(汗)

綺麗なメレダイヤは指輪全体が美しく綺麗に見えます
メレダイヤで後悔しないように選ぶのが重要なんです。

それでは沖縄県M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【PT950と綺麗なメレダイヤで結婚指輪を制作】

 

投稿者 沖縄県M様

 

結婚指輪を購入するお店は決めていいました。

以前宝石店で勤めていたこともあり、
自分の結婚指輪をどこで購入するかを
結婚前からずっと考えていたからです。

指輪を選ぶ上で確実に抑えたいポイントは「品質」です。

【プラチナ950の結婚指輪を希望】

素材は絶対プラチナがいい。
それもPT950を選びたい。

PT950とは、指輪に使われている
プラチナの純度が95%ということ。

そして、ダイアモンドの美しさ。

結婚指輪に使われているダイアモンドは、
通常、普段使いの面から考えて

大きなダイアモンドは使われることはなく
約1ミリ以下のメレダイアモンドが使われています。

小さなダイアモンドだけど、
実は品質の違いで見え方が大きく変わる。

 

【メレダイアは品質が良いものを】

結婚指輪の中には、このメレダイアモンドに
こだわっていないブランドが本当に多いんですよね

そのようなダイアモンドは大抵曇ったように見えたり、
黒っぽく見えるものが多い、ひどいものでは
傷や内包物でゴチャゴチャに見えるものも存在する。

私は、毎日つけるものなのでダイアモンドは絶対に
「ハート&キューピット」「エクセレントカット」にしたかった。

これらはダイアモンドのカットの種類で、
このカットならダイアモンドが光を受けて、キラキラと輝く。

またこのカットなら、
品質の悪いダイアモンドが使われることは少なく、
品質についてもある程度安心できます。

ただ、私はダイアモンドはクラリティもSIクラス以上
(内包物の数、大きさ、位置を一定基準に基づいてきめたもの)
のものを選びました。

ここまでダイアモンドにこだわったのは、
私がダイアモンドが多く使われた
結婚指輪が欲しかったからです。

 

続きを読む

【感激】純プラチナ 結婚指輪を制作!金属アレルギーでも出来る!

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
そして故郷の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【純プラチナで作る結婚指輪】

結婚指輪 純プラチナ

純プラチナを鍛造で制作した結婚指輪

結婚指輪のフォルムは定番の甲丸リングで仕上げ方は
荒仕上げ(あらしあげ)という粗く仕上げる技法です。

プラチナと言えばピカピカに光ったものが定番ですが
プラチナの別の魅力を演出した渋くて美しい結婚指輪。

純プラチナは混ざりけが一切ないプラチナで柔らかく
変形や歪みやすくてリングには向いていないのですが

鍛造製法のメインとなる鍛冶で鍛錬をしながら作ると
プラチナが頑丈になるのでリングとしても使えます!

 

純プラチナとプラチナ999 比較

純プラチナとプラチナ999の違いは何だと思いますか?
プラチナは純度によって数字の表記が変わってきます。

ジュエリーに1番多く使われてるプラチナがpt900で
他にpt850,pt950,pt1000など様々な種類があります
で、今回の純プラチナはpt1000と表記されています。

プラチナ999とは純プラチナのプラチナ1000
に最も近い純度の高いプラチナという事になります
そして純プラチナは純度がMAXの純粋なプラチナ。

 

純プラチナの刻印

純プラチナ=プラチナ1000という事になります

ここからの解釈は会社やメーカーなどで変わりますが
当店の場合 プラチナ999はpt999の刻印を打ちます。

実は、プラチナ999の中でもプラチナ999.5と
いう純度が極限まで上がる表記のプラチナがあります!

その場合、当店ではpt999の刻印を使わずにpt1000の
刻印を使っています。その理由はプラチナ1000は
プラチナ999.5の純度があれば1000扱いです。

今現在の技術で、純金のように純度が100%という
プラチナが存在しないということで、プラチナ999
よりもプラチナ999.5が最も純度が高いんですね!

ということで、プラチナ表記の刻印を打ち込む場合は
プラチナ999はpt999 プラチナ999.5はpt1000
と区別をして当店では刻印を打ち込んでおります(^-^)

純プラチナ=プラチナ1000という事になります

 

続きを読む

結婚指輪のサイズ選びは慎重に!リングゲージで指のサイズ 計り方

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、愛知県I様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は、結婚指輪のサイズを選ぶときは
自分の指のサイズに合ったサイズ選びが重要!という
ことで何故かというと、先に貰った婚約指輪のサイズ
が自分の指に全然合わなかったからだそうです(汗)

確かに指輪のサイズ選びは重要ポイントだと思います
特に結婚指輪は、長く付ける指輪ですし家事や仕事で
毎日普段使いする指輪になるのでサイズは超重要です!

指を計る輪をリングゲージやサイズゲージと言います

リングゲージは製造メーカーや国によって違うんです
リングゲージのサイズが世界共通サイズでは無いです。

なのでこの店で計ったサイズ、あの店で計ったサイズ
お店によってリングゲージが違う場合が多々あります。

正規ジャパンサイズのリングゲージがある店でサイズ
を計ることがポイントですし、安心できるのは購入を
したいお店のリングゲージで計るのをお勧め致します。

それでは愛知県I様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪のサイズは慎重に】

 

投稿者 愛知県I様

 

夫とふたりでネットカフェにこもり、
どんな結婚指輪にしようかとデザインを
あれこれ検索して見ていました。

あれがいい、これもいいと
言っていた時間は、とても楽しかったです。

最終的に結婚指輪のイメージが定まったので、
それをプリントして扱っているジュエリーショップを
ピックアップし、全部で3店舗ほど回りました。

決めたのは最初に行った店舗だったのですが、
来店予約をしておいたら店員さんが

全てのケースを開けてくれて、
ふたりでゆっくりと見て回ることができました。

プリントしていたものとは
だいぶ違ったデザインを気に入り、
予算も考えて店員さんと相談して決めました。

 

【ジュエリー好きなスタッフさん】

店員さんはジュエリーがとても好きな方のようで、
とても嬉しそうに、楽しそうに色々語ってくれました。

他の店舗では「とにかくうちに決めてくれ」
と押し売りまがいの事をされ、電卓を見せられて

「今日契約してくれれば、これだけ安くするから!」
と熱弁され、1000円払って逃げ帰ったりしたのですが、

後で見てみたらその店を褒めている口コミもあったので、
人の好みはわからないものだと思ったものです。

私自身はもともとアクセサリーや
ジュエリーにはあまり関心がなかったのですが、

そこの店員さんにはけっこう長いことジュエリーを
語られていたのに反感もわかずうんざりもせず、
とても不思議な感じでした。

そして笑ったのが、そこの店舗では
ダイヤをいくつか出されて

「どれがイミテーションなのか当てられたら3000円引き」
というゲームをされた事です。

多分、というか確実に値引きのための口実だったのですが、
ただ値引きするのではない、コミュニケーションをとりつつ
楽しく値引きしようという趣向がとても良いお店でした。

 

続きを読む

【感動】プラチナ999 結婚指輪を制作!日本が誇る伝統技術【鍛造】

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
そして故郷の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【プラチナ999で作る結婚指輪】

プラチナ999 結婚指輪

プラチナ999を使って鍛造制作をした結婚指輪です

指輪のフォルムは定番の甲丸リングで、全面に槌目を
打ち込んで、つや消しで仕上げたデザインになります。

プラチナ999はとても柔らかいプラチナになるので
変形や歪みやすくてリングには向いていないのですが

鍛造製法のメインとなる鍛冶で鍛錬をしながら作ると
プラチナが頑丈になるのでリングとしても使えます!

 

プラチナ999とは?

プラチナ999と聞いて、何?思う方は多いと思います
プラチナは純度によって数字の表記が変わってきます。

ジュエリーに1番多く使われてるプラチナがpt900で
他にpt850,pt950,pt1000など様々な種類があります
で、今回のプラチナ999はpt999と表記されています。

プラチナ999とは純プラチナのプラチナ1000
に最も近い純度の高いプラチナという事になります。

 

プラチナ999の刻印

ここからの解釈は会社やメーカーなどで変わりますが
当店の場合 プラチナ999はpt999の刻印を打ちます。

あれ?普通では?と思う方もいらっしゃると思います
実は、プラチナ999の中でもプラチナ999.5と
いう純度が極限まで上がる表記のプラチナがあります!

その場合、当店ではpt999の刻印を使わずにpt1000の
刻印を使っています。その理由はプラチナ1000と
表記されていても、実際はプラチナ1000以下で
プラチナ999.5以上という事になるからなんです。

今現在の技術で、純金のように純度が100%という
プラチナが存在しないということで、プラチナ999
よりもプラチナ999.5が最も純度が高いんですね!

ということで、プラチナ表記の刻印を打ち込む場合は
プラチナ999はpt999 プラチナ999.5はpt1000
と区別をして当店では刻印を打ち込んでおります(^-^)

 

続きを読む

結婚指輪を手作り-ワックスと鍛造がある-2つの違いをブログで解説

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、大阪府M様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は手作りで結婚指輪を作ったというお話し
手作りと一言でいっても、色んな製法があるのですが
ご投稿を頂いた方はワックスという製法の手作りです。

手作りに製法が様々あるのですが代表的な製法は2つ
ワックス(キャスト、鋳造)と鍛造の2種類があって

ワックスというのはロウ材を削って指輪の原型となる
型を作るという製法で手作りをするのはロウ材の原型。

二人で手作りできるというのがこのワックス製法です
世の中の約99%の手作りはワックスで作る指輪です。

そして、残り1%の製法「鍛造」は日本伝統技法です
こちらは素人さんが作れるものではなく鍛造の技術を
継承してる熟練した宝飾職人しか作る事ができません。

鍛造は指輪の原型をロウ材で作るのではなく結婚指輪
の地金となるプラチナやゴールドを直接、鍛冶作業で
鍛錬をしながら指輪の形にして彫金で指輪を作ります。

今回の方は鍛造ではなくてワックスで作った指輪です
当店は鍛造専門店ですので当店のエピソードでは無い
のですがワックスの話しが聞けるので良いと思います。

それでは大阪府M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【二人で作った手作り結婚指輪】

 

投稿者 大阪府M様

 

●結婚指輪選びのポイント

選ぶ際に、ブランド店へ見に行ったり、
手作りの指輪店を調べたりしました。

私たち夫婦は手作りできる
結婚指輪で作ることにしました。

価格帯もブランド店と比べると
お手頃になるのでポイントの1つです。

婚約指輪をブランド店で買ってもらう予定だった
ので普段身に付ける結婚指輪は手作りにしました。

なんと言っても自分たちで結婚指輪を
作るので愛着が湧くのもポイントです。

 

●手作り結婚指輪の魅力

私にとって一番の魅力は
結婚を実感ができることです。

なぜか当初は結婚指輪は
無くてもいいかなと思っていました
今思うと考えられないことですが(笑)

モノを失くしやすいし、高価なものなので
傷を付けてしまったらという不安もありました。

でもやっぱり薬指に指輪を付けていると
結婚指輪を見るたびに結婚したんだという、
目に見えたけじめにもなります。

普段アクセサリーをつけてないですが、
やはり結婚指輪をつけるとウキウキします。

 

続きを読む

結婚指輪が邪魔 (涙) 邪魔になるデザインの特徴は-引っかかりが多い

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、愛知県H様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は、人と同じ結婚指輪のデザインを
したくないのでオリジナルの結婚指輪にしたそうです。

その作ったオリジナルのデザインの結婚指輪の画像を
見せて頂いたのですが、がっつりピンボケという(汗)
ピンボケをしていてハッキリとデザインは見えませんw

しかしシルエットは何となくボヤけて見えていますが
羽根のような突起が見えるので結婚指輪というよりも
ファッションリングのようなデザインだと思います。

ただ、このデザインが後々大変だったということです
突起などの凹凸が強く出ているので引っかかったりで
邪魔になので普段は指輪をしていないそうです(汗)

しかもその指輪を身につけていると痛いそうなんです
邪魔で痛い・・・結婚指輪としては致命的になります
これから結婚指輪を考えている方には参考になります。

それでは愛知県H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【オリジナルの結婚指輪を作った感想】

 

投稿者 愛知県H様

 

私の結婚指輪は世界で1つだけの
オンリーワンの結婚指輪です。

私は結婚指輪について自分だけのオリジナルの
結婚指輪が欲しいとずっと思っていました。

私はこだわりが強く他の人と
一緒というのがほんとに嫌な人間です。

他の人とものがかぶると凄く嫌な気分になるし
自分だけちょっと違ったものが欲しいなと
いう感情がすごく湧いてきます。

それを私のパートナーは分かっているので
既製品の物ではなくてオリジナルの
指輪を用意してくれました。

 

【オリジナルデザインの結婚指輪】

この結婚指輪のデザインは
2人で話をしてて決めました。

もともと婚約指輪をもらっていてその婚約指輪に
あう感じのものを作りたいと思っていました。

まずはデザインを1番重視しました。

そのデザインと言うのも人とは少し違う結婚指輪に
したかったのでシンプルなものではなくて
デザイン性のあるものにしたいと思っていました。

私は常夏が好きなので
ハワイっぽいものをイメージして

ハワイアンジュエリーのような
デザインの結婚指輪にしようと考えました。

 

続きを読む

結婚指輪の刻印はユニークで個性的!オリジナルのマークを刻印!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、大阪府M様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方の結婚指輪はリングの内側に入れる
刻印に特別にこだわったというエピソードになります。

猫を飼っていたので猫のマークを刻印に入れたそうで
自分達だけのオリジナルの刻印にこだわったそうです。

また、こだわったのは刻印だけではなくてメーカーの
オリジナルの仕上げでリングの内側にカラーを入れる
という某メーカーオリジナルのリングだったそうです。

それでは大阪府M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【この世で二人だけの特別な結婚指輪】

 

投稿者 大阪府M様

 

私達が選んだのは某メーカーの結婚指輪です。

こちらのメーカーの結婚指輪は様々な
コンセプトの結婚指輪があるので、
二人の思い出に繋がるシーンを選ぶ事も出来ます。

例えば、レムニエスケートという
極座標を表す方程式をイメージしたものや、

すべてを包み込む大河の流れをイメージしたもの…
本当に多くのデザインの結婚指輪がありました。

ハイブランドで綺麗な指輪はたくさんありますが、
このようなコンセプトを設けた結婚指輪を
作成しているメーカーは他にありませんでした。

 

【オリジナルの結婚指輪を作成したい】

結婚指輪は二人だけの特別な物なので、
出来るだけ二人の思い出や未来を表した

オリジナルの結婚指輪を作成したい、
といった思いがお互いにありました
そこで調べていくうちに辿り着いたのがこちらのメーカー。

たくさんのコンセプトがある中、
私達が選んだのは水の流れを表現した結婚指輪です。

指輪の表面に綺麗な曲線(うねり)が描かれており、
大変素敵なデザインでした。

 

続きを読む

私達の結婚指輪は個性的!周りと被らない指輪のお気に入りポイント

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、東京都N様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方の好みの結婚指輪は、柔らかい感じよりも
少し尖ったクールな感じで個性的なものが理想でした。

一般的に結婚指輪と言えば、1番よく出て人気なのは
シンプルで付け心地が良くて、ずっと着けていられる
デザインの結婚指輪ですが個性的なご依頼も頂きます。

個性的といっても個性は様々ですので幅広くなります
選んだ方の好みや、センスでデザインは違いますよね
そこで今回、どうやって選んだかを教えて頂きました。

それでは東京都N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【個性的な結婚指輪】

 

投稿者 東京都N様

 

私たちの結婚指輪は、
某ブランドの結婚指輪です。

この結婚指輪にした理由は、
見た目だとてもタイプだったからです。

婚約指輪にダイヤモンドが大きく入っているため、
結婚指輪は石のないシンプルなものを選びたかったのと、

人とあまり被らないデザインのものにしたかったのと、
一番は主人の指輪とまるっきり同じものをつけたかったからです。

結婚指輪を選ぶ際に訪れたのは、
デパートの指輪フロアです。

ブランドのこだわりは全くなかったので、
片っ端から様々な結婚指輪をみて回りました。

 

【クールな結婚指輪が好み】

私自身はシンプルな服装や持ち物が多いので、
柔らかい感じよりも少し尖ったクールなアイテムが好みでした。

デパートに行く前に結婚指輪の形など
イメージをある程度固めてはいましたが、

主人には多くの選択肢を与えたかったので
特に相談はせず色々な物をみて回りました。

実は目星をつけていたこの某ブランドの結婚指輪、
実際見てみるとはとてもシンプルでクールな印象でした。

個性的な結婚指輪

【周りとかぶらない結婚指輪】

周りでかぶることもなく
少しエッジもきいているので私はこれだな、と思い
主人に尋ねると同じ意見だったのですぐに決まりました。

シンプルではありますが、
細かく縦に線が入っているので、

角度によって輝きを見せるのでシンプルでもあり、
ファッショナブルであるのはお気に入りのポイントです。

 

続きを読む

再婚同士-結婚指輪の必要性!30代-40代-50代 再婚に結婚指輪は必須

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、北海道S様から投稿を頂いたエピソードです

お互いが再婚同士というご夫婦のお話しになります
お互いが再婚同士だし、結婚指輪はいらないかな?と

結婚指輪を着けない予定だったということなんですが
やはり結婚をすると結婚指輪が着けたくなるそうです
というか再婚でも結婚したら結婚指輪は必要ですよ!

結婚指輪は結婚をした実感と安心感を得られるという
気持が出てくるそうなので、再婚同士でも結婚指輪は
是非、着けて欲しいなと私も思いますし作りたいです。

私は結婚指輪を作っているプロ、宝飾職人になります
30代、40代、50代、年齢が上がっても気にせず
再婚だからと気にせず結婚指輪を着けて欲しいですね。

それでは北海道S様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【再婚でも結婚指輪を着けたい】

 

投稿者 北海道S様

 

主人と私は再婚同士。

結婚式を挙げる予定もなく、特にお祝いもせず、
静かに婚姻届だけ提出した、といった感じの入籍でした。

婚約指輪も無しにしようと二人で決めて、
入籍したその日に記念写真だけ撮影。

でも、女としてやっぱり結婚指輪くらいは
着けたいなぁと心の中では思っていました
当たり前の憧れというか、何というか…

そこで、主人には内緒で、
サプライズ結婚指輪を私が用意することにしたんです。

世間はコロナ禍で、
外出自粛の期間中だったこともあり、

結婚指輪を見に行きたいと思っていたお店は
どこもかしこも休業中…そんな中でしたので、
ネットで色々な結婚指輪を検索しました。

 

【年齢的にシンプルな結婚指輪がいい】

お互い二度目の結婚、
年齢も私は30代、主人は50代、
年齢的にも派手なものではなくシンプルに。

着けているか着けていないか分からないくらいの
結婚指輪のデザインが良いなぁと思っており、
一人でコソコソと夜中に検索。

二人とも指が長く、シンプルでも二人の指に
似合う少し素敵な物が欲しいと思っていました。

出来ればホワイトゴールドで、
私の結婚指輪にはダイヤが一粒入っていて、

主人の結婚指輪は少しカーブが
掛かったデザインが良いなと思い、
たくさんのサイトを徘徊。

そこで何種類か気に入った
結婚指輪をピックアップして、絞り込み、
決めた結婚指輪は理想通りのものでした。

結婚指輪 プラチナ カーブ

細くてシンプルで
カーブした結婚指輪

とても細い結婚指輪ですが、
二人ともややカーブのあるデザインで、
リングのベースはホワイトゴールド。

中心だけツヤ消しになっていて、
私の結婚指輪の真ん中には
小さな小さなダイヤモンドが一粒、

主人の結婚指輪は同じデザインで
ダイヤモンドの無いプレーンなもの。

 

続きを読む

マリッジリング 幅の平均は?男性3ミリ&女性2ミリで作った感想!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、大阪府K様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方の結婚指輪は、結婚指輪の幅を男性と女性
で変えて作られたそうです(男性の方が女性より太い)

結婚指輪といえば同じ指輪の幅で同じデザインが定番
の形になりますが男性と女性で幅を変えるパターンも
最近は増えてきましたので全然アリだと思います(^-^)

結婚指輪の幅は男性が3ミリで、女性が2ミリ指定で
作ったそうなので結婚指輪の感想も教えて頂きました
ちなみに結婚指輪はマリッジリングとも言っています。

それでは大阪府K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【指輪の幅が男女で違うマリッジリング】

 

投稿者 大阪府K様

 

わたしは、婚約指輪を有名ブランドで
ダイヤが真ん中についていて両サイドにも
埋め込まれている素敵なものをもらいました。

マリッジリングについては、
ゼクサーカウンターで説明を聞きいた後、

二人で百貨店の指輪屋さんを回ってどのブランドに
するかをまず決めようと言うことになりました。

紹介された中には、ブライダル専門店や、
マリッジリング専門店などを紹介されたので、
直接、お店に行って話を聞いてみました。

 

【オリジナル感があるマリッジリングを希望】

その中で、一生に一度のものだから、
お互いが納得できるものにしようとか、

オリジナル感があるマリッジリングがいいね
なんて話していましたが、お店に立ち入ってみると、

沢山のマリッジリングの種類があり目うつりばかりして、
どれもいい!!と思い、なかなか決まりませんでした。

まずはマリッジリングの専門店を
優先的に行ってみました。

定員さんが人気のマリッジリングや
パンフレットを用いて案内してくれました。

まず、ディズニーのマリッジリングは、
キャラクターそのものがデザインされているものや、

プリンセスならそのプリンセスを、
連想させるような雰囲気のものがありどれも魅力的でした。

さらに、自分でデザインしたマリッジリングを
作ってくれるというサービスがあるとも聞き、

オリジナリティを求めるならアリかな?
とも思っていました。

結局、マリッジリングを決めきれず、
その日は一旦帰ることにしました。

 

続きを読む