ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

太くて短い指に合う結婚指輪とは?着け心地を優先で選ぶ事が重要!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、東京都A様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして下さった方の結婚指輪選びの条件は2つ
あって、自分の指に似合う事、ダイヤを入れる事です。

二つ目のダイヤを結婚指輪に入れたいというのは女性
はダイヤに憧れがあって人気なのでよくある事ですが、

一つ目の自分の指に似合うという意味はこちらの方は
自分の指にコンプレックスを持っているんだそうです。

どんなコンプレックスかというと指がぽちゃぽちゃで
少しだけ太くて短くて子供のような指なんだそうです。

なので結婚指輪は自分の指に合うものにしたいそうで
どんな感じで結婚指輪を選んだのか教えて頂きました。

それでは東京都A様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【短い指に似合う結婚指輪選びのポイント】

 

投稿者 東京都A様

 

結婚が決まり、
いよいよ憧れの結婚指輪の購入へ。

ずっと結婚指輪に憧れがあったものの、
ブランドにはあまり詳しくなく、

ショッピングモールに入っている
ジュエリーショップを回りました。

夫と二人、意気込んで回り始めたは良いものの、
ブライダルジュエリー専門店の独特な雰囲気の中に

足を踏み入れる気恥ずかしさがあり
なんとなくウロウロしてしまいました。

そんな中「このお店知ってる!」と
やはり定番のブランド店の前で足が止まり、
意を決して店内へ。

入ってみると店内に並ぶ指輪のきれいさに、
恥ずかしさなんてすぐに忘れてしまいました。

 

子供のような短い指に
似合う結婚指輪が良い

もともとデザインには「細身のもの」
「ダイヤがついているもの」という希望がありました。

理由としては、自分の手(指)の形に
太いリングが似合わなかったから!(泣)

私の手は指が短めな上に
もちもちな子どもの指のような見た目なので、

太めのリングをしてしまうとリングの上下に
お肉がぷよっと乗っているように感じてしまったんです。

つけ外しのできるアクセサリーといえど、
結婚指輪は毎日つけていたいと思っていたので、

実際に何種類もつけてみて自分の手が
きれいに見えるデザインにするというのも
一つの判断材料なのではないかと思います。

 

(さらに…)

槌目(つちめ) 結婚指輪をプラチナ鍛造で手作り!鎚目が究極に美しい

鍛造リングの専門店・ジュエリーコウキ
2代目の私、池田が書く指輪作り日記です

宝飾職人として指輪の作り方を徹底的に書きます
手作りで1つ1つ造りあげる鍛造の結婚指輪です
本物の鍛造の結婚指輪は全国でもごくわずかです!

「鍛造リング」とは、この文字を読んだ通りで
地金を鍛えながら指輪を作る事を意味しています
のちほど詳しく鍛造の意味を書きます(^ω^)

本日、ご紹介をさせて頂く記事の内容ですが
槌目の結婚指輪(槌目のマリッジリング)です
※槌目とは金槌で叩いた時に出る模様の事です

槌目のペアリング

【結婚指輪に槌目】

槌目模様にも様々なタイプの模様がありますが
今回の結婚指輪に入れる槌目は浅いタイプです

ハンマーの大きさや形、叩く力の入れ具合など
様々な要因が重なって槌目の模様は生まれます

今回は浅い槌目の結婚指輪の作り方を書きます
記事の最後までどうぞよろしくお願い致します。

 

(さらに…)

【感動】純金の結婚指輪を鍛造で作る!丈夫で金属アレルギー対応

鍛造で指輪を手作りする宝石店ジュエリーコウキ
鍛冶と金物の町、新潟で作る正真正銘の鍛造です

新潟県長岡市の自社工房でジュエリーコウキの二代目
宝飾職人歴27年の私、池田が丹精を込めて作ります。

鍛造(たんぞう)とは、指輪の地金となるゴールドや
プラチナを鍛冶作業で鍛錬しながら作る伝統技法です
難易度が高いハイレベルな技術なので全国でも極僅か。

昔から日本で受け継がれている伝統技法の1つなので
鍛造の技術を継承した一部の宝飾職人しか作れません
当店二代目の私、池田潤も鍛造を継承した職人の1人。

【純金の結婚指輪】

本日のブログは鍛造で手作りをする純金の結婚指輪の
作り方を分かりやすく書いていこうかと思います(^-^)

地金を鍛えて造る指輪だから鍛造リングと言われます
そしてリングの地金が純金になりますので純金リング
鍛造で手作りをする純金リング=純金の結婚指輪です。

ご紹介をする純金の結婚指輪はすでに完成しています
まずは完成をした結婚指輪がどんなものかご覧下さい。

結婚指輪 純金

【結婚指輪を純金で作る】

イメージ的に金というとキラキラに光った黄金の色を
イメージする人が圧倒的に多いかと思っておりますが
画像を見て「おおお!」と思った人も多いはずです!

これは「荒仕上げ」という技法で作った結婚指輪です
作り方は後で説明をしますが、普通と違う、他の人と
違った結婚指輪を探している人にはピッタリですよね!

基本的に純金の結婚指輪は全国的にも珍しくなります
というのも 純金はk24と言いますが混じり気が無くて
とても柔らかい材質なので結婚指輪に向かないんです。

傷が付きやすくて変形しやすいので毎日する事になる
結婚指輪には明らかに向いていないのが現状なんです。

しかし!地金を鍛える鍛造なら純金の強度を上げる事
が出来るので結婚指輪としても使う事が出来るんです
しかも金属アレルギーの方でも安心して着けられます。

【純金の指輪は金属アレルギーでも大丈夫】

何故、金属アレルギーの方でも安心して着けられるか
記事の最初で詳しくご説明をさせていただきますので
もう少々お待ち下さい。まずは指輪作りのスタート!

 

(さらに…)

レール留めエタニティリング&爪留めエタニティリングをプロが比較!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、東京都I様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いたこちらの方は、お母さんの結婚指輪が
ダイヤ一周のフルエタニティリングだったという事で、

お母さんのフルエタニティリングに憧れていて自分が
結婚する時も結婚指輪はフルエタニティリングにする!
と子供の頃から結婚指輪を決めていたそうなんです(^-^)

そして結婚が決まり結婚指輪をフルエタニティリング
にしたいという事でブランドショップで見たそうです。

そこでエタニティリングのダイヤの留め方が二通りの
石留め方法があると知って悩んで決めたそうなんです。

2通りの石留めとは「爪留め」と「レール留め」です
ご投稿を頂いたこちらの方の意見と一緒に記事の最後
に作り手として私、プロの意見も書きたいと思います。

それでは東京都I様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪は憧れのフルエタニティーリング】

 

投稿者 東京都I様

 

私の母の結婚指輪がフルエタニティーリングで、
幼いころそれをキラキラしてとても奇麗だなぁと
思って見ていた思い出があり、

私も結婚指輪はフルエタニティーリングが
良いと希望していました。

そのため、フルエタニティーリングを取り扱っている
ブランドのお店をいくつか見に行きましたが、

その中でずっと憧れがあったブランドものの
フルエタニティーリングに決定しました。

エタニティーリングのデザインは、
V字になっているフルエタニティーリングや、
ハートシェイプのフルエタニティーリングなど、

色々と試着して、最終的にはシンプルな
レール留めのフルエタニティーリングにしました。

フルエタニティーリング

【レール留めのフルエタニティーリングに決定】

V字になっているフルエタニティーリングは、
指がすらっと長く見えて魅力的でしたし、

ハートシェイプのフルエタニティーリングは、
可愛らしくお姫様のような気分になりました。

他にもデザイン性の高いリングも試着し、
それぞれの良さがあったのですが、

長い期間常時着けるものであることを意識して、
流行り廃りのなさそうなシンプルなものにしました。

シンプルなフルエタニティーリングの中でも、
最後まで迷ったのはダイヤモンドの留め方でした。

レール留めのフルエタニティーリングと
爪留めのフルエタニティーリングでした。

 

(さらに…)

シンプルな結婚指輪が絶対おすすめ!シンプルの究極は丸い甲丸です

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、千葉県Y様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方の結婚指輪選びのポイントは、ハッキリと
重要なポイントが決まっていて「シンプルなデザイン」

シンプルなデザインでもメーカーやブランドでも様々
ありますが「飾り気が無くて1番シンプルな形」です。

シンプルの中でも更にシンプル、ベストオブシンプル!
どんな形なのか?丸い甲丸(こうまる)という形です。

時代や流行りに左右されなくて結婚指輪の着け心地が
良くて安心して一生着けられる指輪、それが甲丸です。

それでは千葉県Y様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【一生モノの結婚指輪はシンプルに】

 

投稿者 千葉県Y様

 

夫婦共にこの結婚指輪が
良いという願望が全くなかったのですが、

持ち物や色味や服装や生活など
シンプルなものが好きだったので、

シンプルで良いものにしようと
決めて結婚指輪探しを始めました。

しかし夫はブランドを全く知らない上に
ファッション系にも興味がなし、

妻の私もブランドの名前は知っているし
結婚指輪は欲しいのだけどこれといった

明確な希望がないという状態だったので
まずはブランド探しから始まりました。

 

【結婚指輪にはお金を惜しみたくない】

普段からお互い節約家で
お金を大胆に使うことはありませんでしたが、

一生モノにはお金を惜しみたくない
という考えは一致していたので、

金額は気にせずに会社や友達から話を聞いたり、
ネットや雑誌などで調べたりして3店舗に絞りました。

実際に指輪を見て付けてみて決めたいと二人共思い、
丁度希望ブランドが三店舗とも
近くにある場所に行ったのですが、

二人で高級店に行くことがなく
それぞれでも行ったことはほぼなかったので、

二人で精いっぱいのおめかしをして
緊張しながら店内に入りました。

どこのお店も想像以上に和やかで
優しそうな雰囲気の店員さんばかりで、

丁寧に真摯な対応をしてくれたので緊張は
すぐに解けて指輪選びに集中することができました。

 

(さらに…)