ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

太め結婚指輪を手作り!太い月形甲丸が個性的!結婚指輪に見えないw

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキです
鍛造という伝統技法で手作りをする結婚指輪です

鍛造(たんぞう)とは、日本の伝統技法の1つで指輪の
素材となるプラチナやゴールドを、金槌で叩き上げて
鍛え上げながら作っていくという刀鍛冶の指輪版です。

代々受け継がれてきた技で、鍛造を継承した宝飾職人
しか作ることができないというハイレベルな製造方法
全国で鍛造指輪の製造販売店は一部に限られています。

こんにちは (゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
宝飾職人歴は26年で父から鍛造技術を継承しました。

宝飾職人

鍛冶と金物の本場、新潟県の長岡市にある小さな工房
で師匠である父と私の2人で鍛造指輪を作っています。

全国的にみても少ない本物の鍛造専門店ということで
全国各地から鍛造指輪のご依頼をいただいております
当店を探して頂いて本当にありがとうございます(^-^)

本日のブログの内容は、鍛造の結婚指輪の制作工程を
紹介していきますが結婚指輪のデザインが個性的です。

 

太め結婚指輪で月形

月形(つきがた)というリングを、詳しく説明をすると
リングの中心の幅と厚みが広くてリングの下にいくと
幅と厚みが狭くなるという形で三日月のような形です。

ちょっと何を言っているか分からないwと言われそう
なので完成をした月形の結婚指輪をまずご覧ください!

結婚指輪 月形

結婚指輪が太い!

太い結婚指輪ですよね!でも、かっこいいですよね!
これが月形という形で横から見ると三日月のような形
分かりやすく言えば指輪の上が太くて下が狭いんです。

今回は月形リングが丸い甲丸なので月形甲丸になって
月形リングが平打ちなら月形平打ちリングと言います。

太い月形甲丸の結婚指輪が出来上がるまでの制作工程
を記事に書いていきますのでよろしくお願い致します
伝統技法の工程なので滅多に見れない工程ですよ(^-^)

 

(さらに…)

オパールの原石ペンダントの効果【体験談】オパールの意味と力と効果

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキです
伝統技法の鍛造という製法で手作りをします

鍛造(たんぞう)とは指輪の素材となるゴールドや
プラチナを鍛冶で鍛錬しながら作る伝統技法です。

伝統技法という事は昔から鍛造技術を受け継いだ
宝飾職人しか作ることが出来ませんし、全国でも
鍛造品の製造販売店はごく一部に限られています。

ジュエリーコウキの2代目で宝飾職人歴26年の
私、池田も鍛造技術を継承をした職人の1人です
新潟県長岡市の工房でコツコツと作っております。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私、池田がしております
このブログで鍛造の素晴らしさを発信しています!

その他にも鍛造指輪の素材としてよく使用をする
宝石やパワーストーンもブログで紹介しています。

近年、宝石の人気が下火になっている状態なので
宝石の魅力も知って頂きたいと思っています(^-^)

10月の誕生石オパールという宝石を紹介します
オパールの意味や詳細、効果などもありますので
オパールの体験談も合わせてご紹介をいたします!

 

=================================

【オパールの意味】

「オパール」と聞くと、大抵の人が、
「あの色んな色がキラキラしている宝石」
と、思いつくでしょう。

実際、そのきらめきを、数多くの作家が
火山や銀河に例えてきました。

オパールの歴史は紀元前まで遡り、
古代ローマにもその記述が残されている
古い宝石です。

その名前は、古代ローマの「貴重な石」
を意する「opalus」に由来しています。

遥か昔から、オパールは
美しい石として、賛美されてきた宝石なのです。

ただ、あまり知られていないのですが、
オパールには二種類あります。

 

【オパールの色】

前述した、虹のように煌めく
(このことを遊色効果といいます)
「プレシャス・オパール」は、非常に有名なのですが、

もう一種類、遊色効果を持たない
「コモン・オパール」があります。

虹のような煌めきがないオパールなんて、
と思われるかもしれませんが、
コモン・オパールは、その色の豊富さが魅力です。

乳白色や淡いピンク色、緑や青など、
様々な色があり、集めて眺めるだけでも楽しいです。

また、比較的安価で、店頭でも見つけやすいので
入手しやすい、というメリットがあります。

 

(さらに…)

ムーンストーンの効果があった【体験談】ムーンストーンの意味と効果

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の自社工房にて手作りをします

手作りといっても当店の手作りは伝統技法の1つ
鍛造という地金を直接、鍛えながら造る製法です
刀鍛冶に似ている製法で指輪鍛冶ということです。

指輪の地金となるプラチナやゴールドを鍛冶作業
で鍛錬しながら作るので密度が増して強くなって
変形しずらい強い指輪、傷が付きにくい指輪です。

伝統技法の1つですので、代々受け継がれてきた
技術を継承した宝飾職人しか作ることが出来ない
という全国でも一部の職人しか作れない技術です。

ジュエリー職人

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの2代目で宝飾職人の池田です
宝飾職人歴26年で鍛造を継承している職人です。

私が新潟県長岡市の工房で1つ1つ手作りします
そしてこのブログも私、池田が更新しております。

鍛造の技術や素晴らしさをブログで発信していて
他に貴金属でよく使われているパワーストーンや
宝石の魅力も合わせて紹介をしているブログです。

本日のブログはムーンストーンという宝石を紹介

こちらの宝石の魅力をお伝えしたいと思います!
ムーンストーンのブレスレットを身につけている
方の体験談もありますので最後までご覧ください。

 

=================================

【ムーンストーンの特徴】

ムーンストーンはシラーと呼ばれている光の効果で
白と青の色のコントラストがあります。

青の色のシラーがある、
ブルームーンストーンは大変人気があります。

今現在流行っているブルームーンストーンは
ベリステライトの種類です。

同じ種類の中にはレインボームーンストーン、
ブラックムーンストーン、ラブラドライトもあります。

【ムーンストーンのパワー】

願い事は縁結びの効果、恋人、夫婦円満です。

 

【ムーンストーンの意味】

昔から月の力が宿る石と言われていて、
ご縁のある女性と男性との出会いの引き寄せをしてくれます。

恋人のための石。愛の伝道の為の石。

人を自愛に満ちた相手を思いやれる心で、
お互いのいい関係を保てるように
それが長く続いていくようなお守りです。

【ムーンストーンの歴史】

元の石は紀元前の初めのころから
ムーンストーンは知られるようになり、

古代ローマの時代の本で書かれている、
プリニウスの博物誌、鉱物書にも
ムーンストーンの詳しく記されています。

本の中には月の光によって
大きさが異なると記述されています。

大昔のインドでは聖なる石で、
月の光で固まるとされています。

そのために聖職に就くものは身につけていたそうです
色々な月との関わりあいが信じられていたということです。

 

(さらに…)

彼女の婚約指輪は金属アレルギー対応!プラチナ1000エタニティを贈る

婚約指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキです
鍛造という伝統技法で手作りをする婚約指輪です

鍛冶と金物で有名な新潟の長岡市にある当店の工房で
鍛造の技法で1つ1つ婚約指輪を手作りしております。

鍛造(たんぞう)とは、リングの素材となるプラチナや
ゴールドを鍛冶で鍛えながら作る日本伝統技法の1つ。

技術を継承した宝飾職人しか作ることが出来ない製法
その為、全国で鍛造製品を製造販売している店は僅か
鍛えて造る指輪を=鍛造指輪や鍛造リングといいます。

こんにちは (゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田といいます
宝飾職人歴26年のベテランで鍛造を継承した1人です。

師匠である父と私の2人だけで小さい工房で作ります
鍛冶と金物の本場、新潟で手作りする本物の鍛造指輪。

ジュエリー職人

本日のブログでご紹介をする指輪は、鍛造の婚約指輪
愛知県のお客様からご依頼で作らせていただきました
全国各地からのご依頼に本当に感謝しております(涙)

愛知のお客様のご要望は、彼女さんが金属アレルギー
という事で金属アレルギーの彼女でも指に付けられる
アレルギー対応の婚約指輪を作って欲しいとの事です。

彼女が金属アレルギー 婚約指輪は作れる

彼女さんが金属アレルギーでも安心してください(^-^)
チタンなど安い素材で作るのではなく本物のプラチナ
純粋なプラチナ1000を使えばアレルギーがでません!

せっかくの婚約指輪です!本物のプラチナで作りたい
と思うのは当然だと思いますし気持ちも分かります!
チタンは価値が無いですがプラチナは価値があります。

 

婚約指輪を金属アレルギー対応にする

プラチナ1000は 混じり気が無い純粋なプラチナので
とても柔らかいという特徴があってパラジウムという
地金を混ぜてプラチナ850や900や950にするんですね。

ただ稀に、このパラジウムとは金属アレルギーが出て
しまうということもあるのでパラジウムを混ぜないで
プラチナ1000で手作りをすれば問題ないという事です。

ただ!言ったようにプラチナ1000は超柔らかいんです
ジュエリーに向いていないし指輪となれば変形やキズ
が出てしまうのでほとんどの店では販売していません。

そのような理由からプラチナ1000の製品は凄く少なく
金属アレルギー対応といえばチタンが一般的なんです。

ジュエリーコウキはチタン製品を一切作っていません
サイズ直しも不可能ですし、メンテがほぼ効きません。

 

婚約指輪の金属アレルギー対応
鍛造ブランドの当店なら作れる

日本伝統技法の鍛造を受け継ぐジュエリーコウキなら
金属アレルギーに対応できるプラチナ1000で作れます。

プラチナ1000は柔らかいので指輪には適していません
しかし鍛造ブランドの当店なら話は別ということです。

鍛冶で鍛錬をするのでプラチナ1000が強くなるんです
何もしていないプラチナ1000と比べると何倍も頑丈で
変形しにくくてキズも付きにくくて安心して使えます!

そしてお客様の1番のご要望は金属アレルギー対応と
いう事ですが、他に付け心地が良いストレートタイプ。

石枠や爪を使った一般的な1粒ダイヤの婚約指輪だと
指輪フォルムがごちゃついて引っ掛かりが出るんです。

爪や石枠の凹凸がある事でアレルギーによくある現象
かぶれたり痒くなったりするのでストレートがベスト
そう考えるとエタニティリングがベストフォルムです!

金属アレルギーの人が付けやすい
優しい付け心地エタニティリング

婚約指輪 金属アレルギー対応

鍛造のエタニティリング
作れる店は限定されます

婚約指輪でエタニティリングはとても人気があります
婚約指輪だけでなく結婚指輪として兼用でも人気です
そして鍛造のエタニティは全国でもとても珍しいです。

リング全面にダイヤを入れるフルエタニティリングや
リング半分にダイヤを入れるハーフエタニティリング
今回、手作りをするのはハーフエタニティリングです。

何よりストレートなフォルムなので付け心地が良い!
金属アレルギーの方にはとても人気のデザインですし
日常生活で毎日付けていても邪魔にならないのも魅力。

金属アレルギーでも安心
プラチナ1000の婚約指輪

金属アレルギーでも安心して付けられるプラチナ1000
そんなハーフエタニティの婚約指輪が出来上がるまで
の制作工程をブログにアップしていきたいと思います。

鍛造の本場、新潟で作る鍛造製法を見て頂きたいです
技術を継承した匠しか作れない技のオンパレードです
婚約指輪が完成するまでどうぞご覧くださいませ(^-^)

(さらに…)

結婚指輪-華奢な指輪を手作り!華奢な指に合う-人気のシンプルな甲丸

手作りの結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキです
新潟県長岡市の工房で手作りで結婚指輪を作ります

手作りと言っても様々ありますが私がしている手作りは
鍛造(たんぞう)という伝統技法で結婚指輪の素材となる
プラチナやゴールドを直接触れて作る本物の手作りです。

プラチナやゴールドをハンマーで叩いて鍛錬する鍛冶で
リングの形にして、ヤスリなどで削ってデザインを作る
ハイレベルな彫金で結婚指輪を作るという伝統技法です。

鍛造製法は昔から受け継がれた技術を継承した宝飾職人
のみ作ることができない製法で、全国でも一部の専門店
しか鍛造の製造販売ができないという匠の伝統技法です。

 

こんにちわ (゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの2代目で宝飾職人の池田と申します
宝飾職人歴26年の私も先代から鍛造を受け継いだ1人。

全国でも極めて数が少ない鍛造で作る結婚指輪の紹介を
ブログで発信していきますので宜しくお願いいたします。

ジュエリー職人

結婚指輪 華奢で人気

本日は、華奢でシンプルな結婚指輪をご紹介いたします
岐阜県のお客様からご依頼で結婚指輪を手作りしました
ご丁寧なご対応にとっても気持ち良く仕事が出来ました。

素材はプラチナで、女性の結婚指輪にダイヤが入ります
指輪の幅が2.3mmという細い華奢なデザインですが
目一杯の大きさのダイヤモンドを指輪に埋め込みます!

指輪のフォルムはシンプルという事で定番で人気の甲丸
昔は蒲鉾と呼ばれていた丸い半円タイプのデザインです
昔から愛されてきた定番の形で付け心地も良い指輪です。

結婚指輪 華奢

華奢な結婚指輪

華奢で細めのシンプルなプラチナの結婚指輪になります
すでに完成しておりますので、画像を見て頂いたほうが
結婚指輪のデザインがわかりますのでご覧くださいませ。

と思ったら、ま、まさかのピンボケ(涙)
1番大事な完成写真がピンボケしていたなんて・・・
拡大して記事に貼って初めてピンボケが分かったというw

華奢でシンプルな甲丸の結婚指輪が完成するまでの工程
をがっつりとお見せしたいと思いますのでご覧ください
このような工程で鍛造の結婚指輪を手作りしていきます。

(さらに…)