ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

結婚指輪の付け心地は重要ポイント~指に馴染むフィット感が大切!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
鍛造の結婚指輪を工房で宝飾職人が作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造るという意味で鍛造と呼ばれる伝統技法の1つ。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
大量生産も不可能ですし作るのに手間が相当かかります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、奈良県K様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた奥様のお話しですが年下の旦那様との
出会いから付き合うまで、また結婚までのエピソード。

付き合う時もプロポーズも奥様からということでした
年上の彼女からのアプローチはちょっと羨ましいですw

年下年上とかは関係なしに、女性からのアプローチは
大抵の男性陣はドキドキすると思いますし憧れですねw

そして結婚指輪探しでは結婚指輪の付け心地の良さを
1番の重要ポイントにして結婚指輪を選んだそうです
それでは奈良県K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪選びは何よりも付け心地】

 

投稿者 奈良県K様

 

夫との出会いは高校時代にまで遡ります。

当時私は飲食店のアルバイトをしており、
ホールで接客をしていました。

そして夫は大学生で一人暮らしをしており、
私がアルバイトしているお店に、

厨房スタッフとして
アルバイトの面接を受けにきていました。

控え室で面接に遭遇した私は
こんにちは〜と軽く彼に挨拶しました。

付き合う事になってから聞いた話ですが、
彼はその時抱いた私への第一印象は、
化粧濃っ!だったそうです。

たしかに高校生なのでメイクを頑張っていました
今となっては、すっぴんで
髪ボサボサの日もあり懐かしいエピソードです。

 

【女性の告白でお付き合い開始】

一緒に仕事の時間を過ごす内に、私が彼に惹かれて、
思い切ってした告白が成功し無事お付き合い開始となりました。

高校生と大学生という間からで
色々不安もありましたが、とても幸せな日々でした。

しかしあっという間に時は過ぎ
20代も後半に差し掛かった頃には焦り始めました。

平和なお付き合いが続いているのですが、
ここで私が捨てられたら次の恋愛に踏み出す勇気も気力もない!
と、お付き合いの時の告白同様私から動き始める事にしました。

 

(さらに…)

究極の印台指輪をオーダー!圧倒的ポテンシャル!槌目フルバージョン

鍛造印台リングの専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で印台の指輪を作ります

鍛造印台リングの専門店ですが厳密には鍛造リングの
専門店で鍛造で結婚指輪や、色んな指輪を作る専門店。

鍛造(たんぞう)とは鍛えて造るという意味で鍛造です
指輪の地金となるプラチナやゴールドを鍛冶で鍛えて
作ることで地金の密度が増して指輪が頑丈になります。

この鍛造で印台リングを作れる工房は全国でも極僅か
鍛造の技術は昔から受け継がれてきた伝統技術の製法
先代から鍛造を継承した宝飾職人しか作れないんです。

宝飾職人

こんにちわ(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人の池田です!
宝飾職人歴は27年、もちろん鍛造を継承しています。

このジュエリー業界には宝飾職人やジュエリー職人が
そこそこいらっしゃいますが鍛造を継承している職人
の数はグッと減って市場の2%程度しか存在しません。

そこで鍛造という伝統技法を知って頂くために色々な
種類の鍛造リングを自分が作って発信をしております
今回は印台の指輪、鍛造印台リングの制作工程です!

 

【鍛造ブランドが作る鍛造印台リング】

日本伝統技法を受け継いでいる鍛造ブランドの専門店
ジュエリーコウキで制作をする印台リングになります。

印台リングは多々ありますが鍛造で作る印台リングは
日本全国でも極めて少ないので作れる店は限られます。

鍛造ブランドのジュエリーコウキが作った印台リング
すでに完成しておりますのでまずは画像をご覧下さい。

鍛造印台リング プラチナ

圧倒的なスケール!
圧倒的なインパクト!
圧倒的なクオリティ!
圧倒的なポテンシャル!

印台リングの画像を見ただけでその凄さが分かります
こんな凄まじい印台リングは見た事がないと思います!

一般的な印台とは見た目が違うのが誰でも分かります
見た目が豪快なのに繊細さも感じられるのは槌目です
ハンマーで1つ1つ槌目を打ち込んだフルバージョン!

この凄いオーラとポテンシャルを感じるのは作り手の
私、池田のオーラとポテンシャルがあるからこそですw
自画自賛になってしまいましたが最高傑作の印台です!

印台リング プラチナ

印台リングの作り方
鍛造製法バージョン

いよいよ鍛造で作る印台リングの作り方を公開します
惜しげもなくその印台制作の工程をアップする理由は
誰にも真似が出来ないと思うからです(自信満々w)

というのも印台リングの作り方も難易度が高いですが
槌目模様を指輪の全面にフルで打ち込んでいきますが

使う鏨(たがね)がジュエリーコウキのオリジナルで
私が使いやすいように仕上げた鏨しか出ない模様です
そのような理由から誰にも真似が出来ないということ。

印台 指輪

印台リングの素材は
純プラチナ(PT1000)

ご依頼を頂いた鍛造の印台リングの素材は純プラチナ

純プラチナはプラチナ1000とも呼ばれている地金
プラチナ純度が999.5以上の純度が高いプラチナ。

不純物が無くて純度が高いので柔らかくなるのですが
鍛造で純プラチナを鍛えれば頑丈になるので安心です
金属アレルギーにも強いので安心して付けられます!

今回、この凄まじい鍛造印台リングのご依頼を頂いた
方は長崎県のS様になります。ありがとうございます!
印台リングが完成するまでの制作工程をご覧ください。

 

(さらに…)

結婚指輪探しの決め手は!サイズ直しなどメンテナンスが効くこと!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
鍛造の結婚指輪を工房で宝飾職人が作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造るという意味で鍛造と呼ばれる伝統技法の1つ。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
大量生産も不可能ですし作るのに手間が相当かかります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、三重県O様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は、婚約指輪にお金を使うなら毎日つける
結婚指輪のほうにお金をかけてこだわりたいそうです。

昔はダイヤの婚約指輪で彼女にプロポーズをしてから
婚約の証である婚約指輪を贈るのが定番でした(^^)
そして結納の場で婚約指輪を飾るという流れでした。

しかし現在は結納をする人が本当に少なくなってきて
結納って何?という知らない人も増えてきました(汗)
結納をしなくても婚約指輪だけ贈る人も増えましたね。

そして結婚指輪は今も昔も変わらない大切な指輪です
毎日ずっと身につける指輪だからこそこだわりたい!
というカップルが多いのは作り手として嬉しい事です。

それでは三重県O様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【彼のご両親までプロポーズ】

 

投稿者 三重県O様

 

主人とは大学1年の頃から付き合い、
9年目で結婚しました。

たまたま同じ大学で同じ学部学科、
しかも同じ専攻のクラスで
隣の席という偶然の出会いでした。

少しずつ話すようになり、
趣味も合って自然と一緒に
いるようになり交際が始まりました。

大学卒業後は、彼は就職の関係で
関東に行ってしまったため遠距離恋愛。

私も仕事熱心だったため、
関東に付いていくこともできず、気づいたら27歳。
遠距離も4年目になり私の寂しさや不安も限界。

 

そこで彼は転職をして
三重に帰ってきてくれました。

私は絶対、ここでプロポーズが
あるんじゃないか?と思いましたが、なし。

「結婚したらこういうことしたいね」とか、
「どんな部屋にしたい?」とか

それっぽいことを言ってくるけど
確信を付いてこないことに不安もありました。

もちろん私が仕事大好きだから
気を使ってるのかもしれないけど、、、
何かモヤモヤした日々。

ある日、彼がいきなり
「親が会いたがってるから
実家に来てくれない?」と言ってきました。

 

(さらに…)

結婚指輪は一生する指輪!頑丈で長持ちする鍛造の結婚指輪に決定!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
鍛造の結婚指輪を工房で宝飾職人が作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造るという意味で鍛造と呼ばれる伝統技法の1つ。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
大量生産も不可能ですし作るのに手間が相当かかります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、東京都I様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして頂いた東京都I様の結婚指輪は鍛造です!
一生毎日つける結婚指輪は品質にこだわっていきたい
という理由で鍛造プラチナ結婚指輪を選んだそうです。

自分は鍛造製法を継承している宝飾職人の1人なので
この記事を読んだとき鍛造という言葉がでてきたので
嬉しかったですし鍛造製法が更に広まって欲しいです!

鍛造の結婚指輪は、出来合いの既製品の結婚指輪より
何倍も頑丈ですし長持ちするので結婚指輪に最適です!

それでは東京都I様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【品質や製法に惹かれた鍛造の結婚指輪】

 

投稿者 東京都I様

 

主人とは大学時代にアルバイト先で出会い、
4年間お付き合いをしたのち、結婚をしました。

学生時代は予定が合いやすかったので、
頻繁に会っていましたが、

社会人になってからはすれ違いが多く、
なかなか一緒に時間を過ごすことはできなかったのですが、

ある時ちょうど予定が合ったので、
栃木に旅行へ行くことにしました。
その旅行先でプロポーズを受けることになりました。

旅行先のホテルは、お互い社会人ということで
少し奮発して良い所を選んだのですが、

ラッキーなことにちょうどスイートルームが空いていたので、
ホテル側がグレードアップしてくれました。
このことはいまでも本当にうれしかった思い出になっています。

旅行に行く際私はまさかプロポーズされるとは
全く思っていなかったのですが、

今思えばスイートルームにグレードアップしてもらえたのも
なにか奇跡的なものがあるのかなと感じます。

 

旅行先ではディナーコースをいただいたのですが、
その時主人は全然箸が進んでおらず、緊張している様子でした。

具合が悪いのかなと思っていたのですが、
いつプロポーズしようか本人はとても
気が気でない状況だったとのことです。

ディナーの後、
部屋に戻った際にプロポーズを受けたのですが、
その時は驚きと感動で胸がいっぱいになりました。

自分はもともとそこまで感情が入りやすい
タイプだとは思っていなかったのですが、

実際にプロポーズを受け、
婚約指輪を受け取ると感動して涙が出ました。
この経験は一生忘れることのない大切な思い出です。

 

(さらに…)

2カラット-フルエタニティリングの婚約指輪!オーダーメイド制作

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
鍛造の結婚指輪を工房で宝飾職人が作ります

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で指輪を作ります
鍛えて造るという意味で鍛造と呼ばれる伝統技法の1つ。

ちなみに出来合いの既製品の指輪は、鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の98%がこの製法なんです。

市場の残り2%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
大量生産も不可能ですし作るのに手間が相当かかります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作した鍛造リングをブログで発信しています
鍛造リングの制作工程や鍛造リングを紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店ということで、結婚に関する記事も
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

結婚に興味を持って頂きたいので結婚にまつわる話し
例えば、プロポーズエピソードの内容を紹介をしたり
プロポーズ後の入籍や式場選びや指輪選び、などなど。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚を考えているカップルさん達にも参考に
なるような内容だと思いますので楽しんでご覧下さい。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、兵県庫T様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は、指輪選びに時間を相当かけたそうです
婚約指輪をメインとして結婚指輪と重ね付けできたり

婚約指輪で定番のダイヤを使うことは決定をしていて
指輪のデザインはどうしようか?ということになって
定番の立て爪のダイヤリングは邪魔になりそうなので

ストレートで付け心地が良いエタニティリングに決定
そして、ダイヤを二人で選んでオーダーしたそうです

2カラットもある豪華なフルエタニティリングです!
それでは兵県庫T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【エタニティのダイヤは私達で選別】

 

投稿者 兵県庫T様

 

友人の紹介で知り合い、
付き合うようになった私たちは

特に大きな喧嘩もなく、
穏やかな交際期間を送っていました。

交際1年を過ぎて、
お互い30歳も近くなり、
私は結婚願望が強かったので、

早く結婚したいなと思い、
彼に結婚したいアピールをするようになりました。

それでもなかなか結婚という
言葉を出してくれなかったので、

もしかしたら彼に結婚の意思が
ないのかもしれないと不安になっていました。

周りも結婚する友達が増えてきて、
このまま結婚できないのなら彼とは別れて
次の恋を探そうかと思い始めていました。

そんな時に些細なことで喧嘩が勃発し、
普段ならそこまで怒ることもないのですが、

結婚に対する不満が溜まっていたこともあり
私はすごく腹が立って、しばらく彼と距離を
置こうと決め、彼との連絡をたちました。

 

2週間ほどその状態が続き、
彼から連絡が来ることもなかったので、

このまま別れることになるかもしれないと
家で落ち込んでいると、

ある日の夜に急にインターホンが鳴り、
出ると彼が立っていました。

ほっとした気持ちもあったのですが、
私が不機嫌そうに「何か用?」と彼にたずねると、
彼は「明日何か用事ある?」と聞いてきました。

ないと答えると、
「明日一緒に指輪買いに行こうか」と言ってきました。

嬉しくて嬉しくて、怒っていたはずなのに、
満面の笑みで、「いいよ」と言ってしまいました。

彼に結婚を決心させるきっかけは不本意でしたが、
それでも結婚を決意してくれて本当に嬉しかったです。

 

(さらに…)