ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

【Pt900】鍛造の結婚指輪 幅3.5mm 男性は平打ち&女性は桜の槌目

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

【結婚指輪のデザインが夫婦で違う】

ご紹介をさせて頂く鍛造の結婚指輪は別々のデザイン
メンズ用がシンプルな平打ちリングの鍛造の結婚指輪、

レディース用は平打ちリングをベースとしていますが
桜の打ち出すタイプの槌目加工のデザインになります。

結婚指輪の幅は夫婦で同じ3.5ミリ

どちらも鍛造の結婚指輪の幅は3.5ミリですので
リングの幅が統一されているのでデザインが違っても
ベースが平打ちという事もあり見た目はバッチリです!

DSCN2691

鍛造 プラチナ結婚指輪 作り方

早速、鍛造のプラチナ結婚指輪の作り方をお伝えします
完全ハンドメイド、手作りのみで作る鍛造の結婚指輪です

私が作る結婚指輪は、プラチナを溶かす所から始まります
2本を作るのに必要なプラチナを溶解(ようかい)します

プラチナが溶ける融点は約1770度と言われております
その融点以上の火力がないと溶けません(当然ですがw)
ですので、火力の超強い酸素バーナーの炎で溶かします。

pt900 溶解

1つの同じプラチナの塊から2つの指輪を作ります
同じプラチナから結婚指輪が誕生したら最高ですよね
その為に2本分に必要なプラチナを溶かすんです(*´Д`)

そして溶かしたプラチナを金槌で何度もガンガン叩いて
焼いていく鍛金(たんきん)作業へと進んでいきます
こうして作られる指輪を鍛造(たんぞう)と呼びます

どちらも鍛えるという言葉が入っているように
プラチナを鍛えながら強くして育てる作業という事です

詳しくは動画で紹介をしておりますのでご覧ください
コチラからどうぞ → プラチナの鍛造作業(Youtube動画)

(さらに…)

鍛造の結婚指輪 プラチナ手作り!細身でシンプルな細め2.3ミリ幅

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

本日、ご紹介をさせて頂きます鍛造の結婚指輪は
同じ新潟県に住む友達からのご依頼です(*´Д`)

本当に友達からの結婚指輪のご依頼って嬉しくて、
保育園、小学校、中学校、高校、専門学校とあって

すべての友達から結婚指輪を作って頂いたという(涙)
本当にありがたくてずっと大切にしたい友達の縁です!

それで友達のプラチナの結婚指輪を手作りいたしますが
今回は結婚指輪とペアリングを一緒にした記念のリング

このペアリングが今後、結婚指輪になるということで
あえて結婚指輪としてご紹介をさせて頂きます(^ω^)

 

【細身でシンプル プラチナ結婚指輪】

ペアリング(結婚指輪)詳細なデータとなりますが
○ペアリングの幅が2本ともに2.3ミリの細身タイプ
○ペアリングの厚みが2本ともに1.7ミリの厚みです

○指輪のデザインはシンプルな甲丸をベースとして
センター部分にワンポイントでハート彫りが入ります
2つの結婚指輪が重なると1つのハートになります♡

細身でシンプルなデザインですが、厚みが結構あるので
見た目よりもボリューミーな着け心地が体感できますね。

DSCN1823

【鍛造 プラチナ結婚指輪 作り方】

ペアのリングは2人分を作るのに必要になるプラチナを
溶解してから金槌で鍛冶作業をして育てながら作ります

その様子もお伝えしたいのですが時間がないので(汗)
分かりやすいように動画で鍛冶作業をご紹介いたします
この動画を見て頂ければ作業の内容が詳しく分かります

Youtube動画 → プラチナの溶解からの鍛冶作業の様子

(さらに…)

エタニティリングが結婚指輪!お洒落なブラックダイヤをメンズに

結婚指輪を手作りする宝石店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で作る鍛造リング専門店です

鍛造リングとは、指輪の素材となるプラチナやゴールドを
ハンマーで叩いて鍛える鍛冶で密度を上げながら作る製法。

鍛造は日本伝統技法で、昔から代々受け継がれてきた技で
特殊な宝飾技術ですので全国的に鍛造リングは希少な指輪。

鍛造は伝統技法ですので継承した宝飾職人しか作れません
お蔭様で全国各地から鍛造リングのご依頼を頂いています。

私、池田は当店二代目で宝飾職人として29年しています
師匠である父から鍛造技術を受け継ぎ鍛造を守っています
新潟県長岡市の自社工房で私が鍛造リングを作っています。

ジュエリー職人

ご紹介をさせて頂きます手作りの結婚指輪は東京都のお客様
からの制作のご依頼を頂きました。本当にありがたい事です

東京からわざわざご来店ありがとう御座いましたああああ!
ご来店&ご注文を頂いたからには絶対に満足をして頂きます

東京都のお客様からご依頼を頂きました結婚指輪ですが、
結婚指輪としては珍しい珍しいペアのエタニティリングです

 

【結婚指輪がペアのエタニティリング】

珍しいというかエタニティリングがペアリングなんですよね

結婚指輪が2本のハーフエタニティリングということですね
エタニティリングのペアってなかなか無いので超珍しいです

よくある指輪のパターンは女性のみエタニティリングにして
男性はシンプルな平打ちや甲丸などが一般的(ダイヤ無し)
しかし今回は男性も女性と同じにダイヤが入っております!

エタニティリング ペア

【ダイヤが多めのハーフエタニティリング】

一般的なハーフエタニティリングは指輪の約50%の面積に
ダイヤモンドを繋げて並べ埋め込んでいくのですが、今回の
ハーフエタニティリングは多めで指輪の約75%に入ります

見た感じダイヤが1周入るフルエタニティリングみたいです
指輪の残り面積の25%の部分でサイズ直しも出来ますので
サイズ直しが可能なエタニティリングという事で安心ですね

 

メンズリングにブラックダイヤ
レディースリングに透明ダイヤ

結婚指輪がペアのハーフエタニティリングで珍しいのですが
更に珍しいのがメンズリングにはブラックダイヤを入れます
ブラックダイヤのエタニティリングはありそうで無いですね

レディースリングには定番の透明のダイヤモンドを入れます
レディース用とメンズ用で使用するダイヤの色を変えました
それではペアのエタニティリングの製造工程をご覧下さい!

(さらに…)

ペアの結婚指輪を合わせると 頭文字のイニシャルになるデザイン

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

本日、ご紹介をさせて頂く鍛造の結婚指輪は
福岡県のお客様からのご依頼となります(^ω^)
ネットショップからのご注文ありがとう御座います

基本はメールでの打ち合わせでOKなのですが
ご丁寧に何回もお電話まで頂いて嬉しかったです!
さて、肝心の結婚指輪のデザインですがお洒落です

 

【イニシャルの結婚指輪】

お客様お二人のお名前のイニシャル(アルファベット)
を2文字使って組み合わせるプラチナの鍛造の結婚指輪

文字の説明では説明しきれないのでw
すでに完成しているイニシャルの結婚指輪をご覧下さい。

DSCN2425

アルファベットのイニシャル
2文字をプラチナ結婚指輪に

男性の頭文字hと、女性の頭文字aのイニシャルを
組み合わせたデザインで、2つの指輪が重なるとha
が浮き上がるお洒落なマリッジリングなんです(^ω^)

ちなみにhaは、アルファベットの小文字を使って
躍動感のある変形文字を考えてデザインさせて頂きました

お客様からのご要望でお客様がデザインしたイニシャルを
デザインに取り入れて指輪を作る事も問題なく可能ですが
文字が細かすぎると溶接時に溶けるので単純化がベストです

どうしても細かい文字や模様を入れたい場合は今回のような
リングの表面に溶接をする方法ではなくてシンプルな平打ち
の表面にレーザー刻印で彫ればどんな文字も模様も可能です。

(さらに…)

Pt900 鍛造リング 大きいサイズ 30号以上も作れます!矢絣柄デザイン

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキ
工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴29年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

鍛造リング 大きいサイズでも作れます

本日は、サイズの超大きい結婚指輪の制作風景になります
その作る結婚指輪のサイズは何と33号\(^o^)/ワオ

しかし安心して下さい、当店では問題なく作れますよ!
新潟県の長岡市に自社工房がありますので大丈夫です!

リング サイズ 大きい

リングのサイズ 30号以上は規格外

ちなみにサイズが33号の指輪の大きさはこんな感じです
まだ制作途中なのでデザインはないですが大きさを見て下さい
めっちゃ大きいですね(汗)自分の指だと2本以上入りますね。

指輪の種類に限らず、指のサイズを計る道具をサイズゲージと
呼ぶのですが一般的なサイズゲージは1号~30号までなんです

ジュエリーショップや、宝石店ですら一般的には1号~30号の
サイズゲージを使用しているお店がほとんどだと思って下さい

この理由は、日本人の指のサイズは1~30までで収まるという
事でこのサイズゲージの大きさに設定されているからなんですね

作り手の私のイメージだと20号を超えると大きいサイズですね
逆に1号以下の小さい指輪も作ります(ベビーリングがほとんど)

リングゲージ

こちらが指のサイズを計れる
サイズゲージ (リングゲージ)

既製品の指輪や結婚指輪では1号前後の小さいスモールサイズや
30号前後までの大きなサイズに対応していない場合が多いです

ですので既製品で気に入った結婚指輪や、他の指輪などあったら
30号まで作れるかスタッフさんに聞いた方が間違いないですね

そして手作りだから30号以上のサイズでも作れる訳なんですが
いくら手作りだからと言っても大きいサイズに対応できる工具が
ないと作る事はできません(汗)道具があれば作れるということ

その工具も特殊で全ての手作り専門店にある訳ではございません
なので指が規格外の大きさの場合、まずお問い合わせをした方が
お店で対応できるのかどうか確かめた方が間違いないと思います。

(さらに…)