ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

鍛造の結婚指輪は耐久性が抜群!鍛造風が多いが 本物と偽物の違い!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、大阪府E様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は結婚指輪の耐久性にこだわりたい
という事で鍛造の結婚指輪を選んだというエピソード。

ただ本物の鍛造となると全ての指輪の中で1%未満の
シェア率しかないレア中のレアという製法になります
理由は昔からの技術を継承した職人しか作れないため。

そして「鍛造風」が多く出回っている現状です(汗)
鍛造風とは鍛造と説明をしていても実際は一部鍛造や
圧縮やプレスで作ったりという鍛造風が凄く多いです。

ご投稿を頂いた方は当店で作ったのではなくて他の店
で鍛造と説明をされて作ったそうですが圧縮と説明を
受けたらしくて本物の鍛造かどうかグレーゾーンです。

そこで本物の鍛造技術を継承している私、池田が本物
の鍛造と鍛造風を見分ける方法を記事の最後にご紹介
したいと思いますので記事の最後までご覧下さいませ。

それでは大阪府E様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【鍛造の結婚指輪~耐久性にこだわる】

 

投稿者 大阪府E様

 

私たち夫婦は結婚指輪の事は全然分からずだったので
ネットで調べてセレクトショップに足を運びました。

そこは80ブランド程取り扱いがあるお店で
沢山の結婚指輪を着け比べ見比べをできるお店でした。

1人の定員さんが一つ一つのブランドの特徴を
丁寧にお話ししてくれたので凄く分かりやすかったです。

そこで私たちが1番重視して考えたのは
耐久性と着け心地です。

なぜかと言うと、これから何十年先と着けていく
結婚指輪を違和感なく着けたかったからです
そして丈夫なものが良かったからです。

 

【結婚指輪は鍛造】

私たちが選んだ結婚指輪のブランドは
特に強度を重視して製作していました。

指輪の製作方法は鋳造造りと鍛造造りがあるそうで、
私達が選んだブランドは鍛造造りという製法で

地金を何百トンという圧力で圧縮させ
密度を高くすることでより丈夫に製作する方法だそうです。

指輪は重い荷物を持つだけでも変形してしまったり
小傷がついてしまったり様々なリスクがあるらしいので
強度が強い方が良いと思いました。

 

(さらに…)

結婚指輪のメレダイヤ 後悔しないように綺麗なダイヤを選ぶコツ!

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、沖縄県M様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方は以前ジュエリーショップにお勤めだった
ということで普通の人よりジュエリーに詳しいという
ことでご自身の結婚指輪の品質にこだわったそうです。

結婚指輪で1番こだわったポイントがメレダイヤです
メレダイヤとは小さい小粒のダイヤのことを言います。

メレダイヤは結婚指輪に使われたり婚約指輪の両脇に
サイドストーンとして使ったりとよく使うダイヤです
メレダイヤを使うことで指輪が華やかになります(^-^)

そんなメレダイヤですが品質がピンキリにあるんです
汚いメレダイヤは指輪全体がくすんでしまいます(汗)

綺麗なメレダイヤは指輪全体が美しく綺麗に見えます
メレダイヤで後悔しないように選ぶのが重要なんです。

それでは沖縄県M様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【PT950と綺麗なメレダイヤで結婚指輪を制作】

 

投稿者 沖縄県M様

 

結婚指輪を購入するお店は決めていいました。

以前宝石店で勤めていたこともあり、
自分の結婚指輪をどこで購入するかを
結婚前からずっと考えていたからです。

指輪を選ぶ上で確実に抑えたいポイントは「品質」です。

【プラチナ950の結婚指輪を希望】

素材は絶対プラチナがいい。
それもPT950を選びたい。

PT950とは、指輪に使われている
プラチナの純度が95%ということ。

そして、ダイアモンドの美しさ。

結婚指輪に使われているダイアモンドは、
通常、普段使いの面から考えて

大きなダイアモンドは使われることはなく
約1ミリ以下のメレダイアモンドが使われています。

小さなダイアモンドだけど、
実は品質の違いで見え方が大きく変わる。

 

【メレダイアは品質が良いものを】

結婚指輪の中には、このメレダイアモンドに
こだわっていないブランドが本当に多いんですよね

そのようなダイアモンドは大抵曇ったように見えたり、
黒っぽく見えるものが多い、ひどいものでは
傷や内包物でゴチャゴチャに見えるものも存在する。

私は、毎日つけるものなのでダイアモンドは絶対に
「ハート&キューピット」「エクセレントカット」にしたかった。

これらはダイアモンドのカットの種類で、
このカットならダイアモンドが光を受けて、キラキラと輝く。

またこのカットなら、
品質の悪いダイアモンドが使われることは少なく、
品質についてもある程度安心できます。

ただ、私はダイアモンドはクラリティもSIクラス以上
(内包物の数、大きさ、位置を一定基準に基づいてきめたもの)
のものを選びました。

ここまでダイアモンドにこだわったのは、
私がダイアモンドが多く使われた
結婚指輪が欲しかったからです。

 

(さらに…)

【感激】純プラチナ 結婚指輪を制作!金属アレルギーでも出来る!

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
そして故郷の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【純プラチナで作る結婚指輪】

結婚指輪 純プラチナ

純プラチナを鍛造で制作した結婚指輪

結婚指輪のフォルムは定番の甲丸リングで仕上げ方は
荒仕上げ(あらしあげ)という粗く仕上げる技法です。

プラチナと言えばピカピカに光ったものが定番ですが
プラチナの別の魅力を演出した渋くて美しい結婚指輪。

純プラチナは混ざりけが一切ないプラチナで柔らかく
変形や歪みやすくてリングには向いていないのですが

鍛造製法のメインとなる鍛冶で鍛錬をしながら作ると
プラチナが頑丈になるのでリングとしても使えます!

 

純プラチナとプラチナ999 比較

純プラチナとプラチナ999の違いは何だと思いますか?
プラチナは純度によって数字の表記が変わってきます。

ジュエリーに1番多く使われてるプラチナがpt900で
他にpt850,pt950,pt1000など様々な種類があります
で、今回の純プラチナはpt1000と表記されています。

プラチナ999とは純プラチナのプラチナ1000
に最も近い純度の高いプラチナという事になります
そして純プラチナは純度がMAXの純粋なプラチナ。

 

純プラチナの刻印

純プラチナ=プラチナ1000という事になります

ここからの解釈は会社やメーカーなどで変わりますが
当店の場合 プラチナ999はpt999の刻印を打ちます。

実は、プラチナ999の中でもプラチナ999.5と
いう純度が極限まで上がる表記のプラチナがあります!

その場合、当店ではpt999の刻印を使わずにpt1000の
刻印を使っています。その理由はプラチナ1000は
プラチナ999.5の純度があれば1000扱いです。

今現在の技術で、純金のように純度が100%という
プラチナが存在しないということで、プラチナ999
よりもプラチナ999.5が最も純度が高いんですね!

ということで、プラチナ表記の刻印を打ち込む場合は
プラチナ999はpt999 プラチナ999.5はpt1000
と区別をして当店では刻印を打ち込んでおります(^-^)

純プラチナ=プラチナ1000という事になります

 

(さらに…)

結婚指輪のサイズ選びは慎重に!リングゲージで指のサイズ 計り方

結婚指輪の手作り専門店、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の1つ、鍛造で結婚指輪を制作

鍛造(たんぞう)という日本の伝統技術で結婚指輪を制作
鍛えて造る指輪という意味で鍛造指輪と言われています。

ちなみに出来合いの既製品の結婚指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という製法でリングの原型の型に溶かした地金を流して
固めて作る大量生産で、市場の99%がこの製法なんです。

手作りと言っている店でもロウワックスを削って指輪の
原型を作っている店がほとんどでこれも鋳造に入ります。

市場の残り1%以下が鍛造で 宝飾職人が鍛冶で作ります
直接地金(プラチナやゴールド)を鍛えて削って作ります。

手間をかけて鍛冶で鍛練する事で地金の密度が増します
密度が上がった指輪は変形しにくく結婚指輪に最適です。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は凄く少ないんです。

鍛造で手作りした鍛造指輪をブログで発信しています
鍛造指輪の制作工程や鍛造結婚指輪を紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入をされていない方の体験談も含まれます

 

本日は、愛知県I様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は、結婚指輪のサイズを選ぶときは
自分の指のサイズに合ったサイズ選びが重要!という
ことで何故かというと、先に貰った婚約指輪のサイズ
が自分の指に全然合わなかったからだそうです(汗)

確かに指輪のサイズ選びは重要ポイントだと思います
特に結婚指輪は、長く付ける指輪ですし家事や仕事で
毎日普段使いする指輪になるのでサイズは超重要です!

指を計る輪をリングゲージやサイズゲージと言います

リングゲージは製造メーカーや国によって違うんです
リングゲージのサイズが世界共通サイズでは無いです。

なのでこの店で計ったサイズ、あの店で計ったサイズ
お店によってリングゲージが違う場合が多々あります。

正規ジャパンサイズのリングゲージがある店でサイズ
を計ることがポイントですし、安心できるのは購入を
したいお店のリングゲージで計るのをお勧め致します。

それでは愛知県I様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪のサイズは慎重に】

 

投稿者 愛知県I様

 

夫とふたりでネットカフェにこもり、
どんな結婚指輪にしようかとデザインを
あれこれ検索して見ていました。

あれがいい、これもいいと
言っていた時間は、とても楽しかったです。

最終的に結婚指輪のイメージが定まったので、
それをプリントして扱っているジュエリーショップを
ピックアップし、全部で3店舗ほど回りました。

決めたのは最初に行った店舗だったのですが、
来店予約をしておいたら店員さんが

全てのケースを開けてくれて、
ふたりでゆっくりと見て回ることができました。

プリントしていたものとは
だいぶ違ったデザインを気に入り、
予算も考えて店員さんと相談して決めました。

 

【ジュエリー好きなスタッフさん】

店員さんはジュエリーがとても好きな方のようで、
とても嬉しそうに、楽しそうに色々語ってくれました。

他の店舗では「とにかくうちに決めてくれ」
と押し売りまがいの事をされ、電卓を見せられて

「今日契約してくれれば、これだけ安くするから!」
と熱弁され、1000円払って逃げ帰ったりしたのですが、

後で見てみたらその店を褒めている口コミもあったので、
人の好みはわからないものだと思ったものです。

私自身はもともとアクセサリーや
ジュエリーにはあまり関心がなかったのですが、

そこの店員さんにはけっこう長いことジュエリーを
語られていたのに反感もわかずうんざりもせず、
とても不思議な感じでした。

そして笑ったのが、そこの店舗では
ダイヤをいくつか出されて

「どれがイミテーションなのか当てられたら3000円引き」
というゲームをされた事です。

多分、というか確実に値引きのための口実だったのですが、
ただ値引きするのではない、コミュニケーションをとりつつ
楽しく値引きしようという趣向がとても良いお店でした。

 

(さらに…)

【感動】プラチナ999 結婚指輪を制作!日本が誇る伝統技術【鍛造】

手作り結婚指輪の専門店、ジュエリーコウキ
日本の伝統技法の鍛造で結婚指輪を作ります

日本伝統技法の鍛造という製法で指輪を手作り致します
鍛えて造るという意味から鍛造(たんぞう)といいます。

鍛造は古来から受け継がれてきた宝飾職人の技術なので
鍛造技術を継承した宝飾職人しか作ることができません。

時代と共に鍛造技術を継承した宝飾職人が減っています
市場全体の1%以下しか鍛造で作った指輪は存在しません。

鍛造と説明をしている店は全国多々あるのが現状ですが
圧縮だったり一部鍛造だったり鍛造風が蔓延しています
当店のような正式な鍛造は全国でも極めて少ないんです。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は27年で鍛造を継承している職人の1人です。

私は二代目になりますが初代になる私の師匠は父です
父は東京で師匠のもとで長年修業をして継承しました
そして故郷の長岡に戻って鍛造専門店を開業しました。

父の技術を受け継いだ私が鍛造で指輪を作り上げます
正真正銘の本物の鍛造で作る結婚指輪をご覧ください!

ジュエリー職人

鍛造で作り上げた鍛造指輪をブログで発信しています
日本の伝統技法で本物の鍛造を発信するのが目的です。

他店では真似ができない鍛造製法の制作工程を細かく
紹介する事で他店の鍛造とはレベルが違うという事が
ハッキリと分かると思いますので是非、ご覧ください!

早速、ブログで鍛造で作る結婚指輪を紹介いたします
今回のブログで制作工程を紹介する鍛造の結婚指輪は
すでに完成しておりますので画像をご覧くださいませ。

【プラチナ999で作る結婚指輪】

プラチナ999 結婚指輪

プラチナ999を使って鍛造制作をした結婚指輪です

指輪のフォルムは定番の甲丸リングで、全面に槌目を
打ち込んで、つや消しで仕上げたデザインになります。

プラチナ999はとても柔らかいプラチナになるので
変形や歪みやすくてリングには向いていないのですが

鍛造製法のメインとなる鍛冶で鍛錬をしながら作ると
プラチナが頑丈になるのでリングとしても使えます!

 

プラチナ999とは?

プラチナ999と聞いて、何?思う方は多いと思います
プラチナは純度によって数字の表記が変わってきます。

ジュエリーに1番多く使われてるプラチナがpt900で
他にpt850,pt950,pt1000など様々な種類があります
で、今回のプラチナ999はpt999と表記されています。

プラチナ999とは純プラチナのプラチナ1000
に最も近い純度の高いプラチナという事になります。

 

プラチナ999の刻印

ここからの解釈は会社やメーカーなどで変わりますが
当店の場合 プラチナ999はpt999の刻印を打ちます。

あれ?普通では?と思う方もいらっしゃると思います
実は、プラチナ999の中でもプラチナ999.5と
いう純度が極限まで上がる表記のプラチナがあります!

その場合、当店ではpt999の刻印を使わずにpt1000の
刻印を使っています。その理由はプラチナ1000と
表記されていても、実際はプラチナ1000以下で
プラチナ999.5以上という事になるからなんです。

今現在の技術で、純金のように純度が100%という
プラチナが存在しないということで、プラチナ999
よりもプラチナ999.5が最も純度が高いんですね!

ということで、プラチナ表記の刻印を打ち込む場合は
プラチナ999はpt999 プラチナ999.5はpt1000
と区別をして当店では刻印を打ち込んでおります(^-^)

 

(さらに…)