ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

【個性的】印台リングの結婚指輪が凄い!ヘアラインが更に珍しい!

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【鍛造×結婚指輪×印台リング】

本日のブログも鍛造の結婚指輪の制作工程になりますが
普通の結婚指輪ではなくて、印台リングの結婚指輪です!

印台風デザインなどはよくありますが風ではなく完全な
印台リングを結婚指輪として鍛造製法で作り上げました。

鍛造で手作りをする印台リングですら珍しいというのに
鍛造の印台の結婚指輪となれば超激レア間違いなしです!

恐らく全国的にみて鍛造&印台の結婚指輪となればほぼ
無いといっても良いと思います(私が作るしかないので)
そんな超凄すぎる鍛造&印台の結婚指輪の制作工程です。

 

【印台リングはプラチナ製】

早速ですが完成した鍛造&印台の結婚指輪をご覧下さい
結婚指輪の印台デザインが凄すぎてインパクト満点です!

印台の結婚指輪の素材はプラチナです(pt900)ですが
純プラチナ(pt1000)で作ることも可能でございます
ゴールドに関しては今の所は作っておりませんm(__)m

結婚指輪 印台

【印台の結婚指輪】

鍛造の印台リングが2本あると迫力がありますよね(^-^)

基本的には印台リングのご依頼は1本がほとんどですが
しかしペア2本あると印台リングの凄味が増しますよねw

プラチナをたっぷりと使って印台を作ったので重いです
そして見た目がお洒落です!ヘアラインで仕上げました
こんな凄い結婚指輪をしているご夫婦は格好いいですね!

印台リング

【横長角という印台面で湾曲に仕上げる】

一般的な印台リングのデザインは三味や正角が多いです
昔からの形で正四角形のほうがバランスが整うからです。

しかし今この形で印台リングを作ると昔っぽいというか、
今の時代に合わせてお洒落にしたいので横長角を使って
印台面を湾曲させるという印台の常識を破ってみました!

昔から伝わる伝統技法も大切ですが時代に合った新しい
技術や知恵を応用して昔と今を融合するのも大切ですね
それでは 鍛造×印台×結婚指輪の制作工程をご覧下さい!

(さらに…)

結婚指輪をすると痒くなる(汗)金属アレルギー対応の指輪の選び方!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、茨城県A様から投稿を頂いたエピソードです

いつもは女性からエピソードのご投稿が多いのですが
今回の結婚エピソードのご投稿は男性からになります。

男性目線でのエピソードになるので女性から見るのと
違う感覚かもしれないので面白いかと思います(^-^)

そして結婚指輪は毎日するので邪魔にならないで素朴
なシンプルなデザインの結婚指輪を探したそうです。

また、こちらの男性は金属アレルギーだということで
指輪をしているとその部分が痒くなる事があるそうで

記事の最後にアレルギーに向いている指輪のデザイン
そして指輪の素材について私が書きたいと思います。

それでは茨城県A様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【結婚指輪で気になる事は金属アレルギー】

 

投稿者 茨城県A様

 

結婚指輪の購入に関しては
私たち夫婦の考え方は完全に一致しており、

普段から毎日するものなので、
何かの作業をするにも邪魔にならない素朴なものを選びました。

結果的にはまあまあリーズナブルな指輪を購入しましたが、
価格に惑わされて高めの指輪を購入するよりもよかったと思います。

プロポーズをした次の日に
二人で色々な結婚指輪を見て回ったのですが、

当時指輪を見に行く前は、ジュエリーショップにすら
ほとんど入ったことも無かったので知りませんでしたが、

『素朴なデザイン』と言っても、店によっても全く異なり、
ものすごく種類があることを知りました。

一生ものなので、多少気に入った指輪があっても一旦保留にし、
結局ほぼ丸一日かけて10店ぐらい見に行きました。

 

【結婚指輪の大切さ】

結婚指輪をしていることよりも、
結婚指輪を選んでいた時の方が
本当に楽しくて幸せな気分だったと思います。

『結婚指輪を買う』という結果よりもその過程が
大事なんだなぁ、ということを改めて感じた一日でした。

とは言っても、『結婚指輪を買う』
という結果ももちろん大事だと思います。

指輪をし始めた直後は、夫婦でよく見せ合ったり、
常に自分の指に嵌めてある指輪が気になり
よく触ったりもしていました。

また、外を歩いているだけで
常に周りの人に注目されているような気もしました。

 

結婚している大半の夫婦は
結婚指輪をしているかと思いますが、

なんとなく自慢したくなるような感覚にも襲われ、
正直自分がこんなに浮かれるようになるとは
思ってもみませんでした。

指輪をする前は、指輪をしていると
なんとなく窮屈なイメージもありましたが、
慣れてしまえばそんなこともありませんでした。

結婚後しばらくすると、結婚指輪をすることに
慣れてしまいあまり見ることもなくなってしまいますが、

何かあった際にふと指輪を見た時に、
やはり夫婦なんだなぁと実感することができます。

私たち夫婦は二人ともお酒を飲まないのですが、
結婚記念日にはふざけて指輪で乾杯!などをしたり、

棚の奥にしまってあるほとんど顔を出すことのなくなった
婚約指輪を引っ張り出してきてもう一度眺めたりもします。

 

(さらに…)

指が短いので指が長く見える結婚指輪が理想!でもV字は嫌なんです

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、大阪府H様から投稿を頂いたエピソードです

体験談を投稿された方は、指が短いので自分の短い指
にも似合う結婚指輪が1番のポイントだったそうです。

指が長く見える&魅せれるとなると有名な指輪の形が
V字というリングセンターがVになったデザインです
V字は指が長く見えると昔から言われていて定番の形。

実際にこちらの方はV字の結婚指輪を指に着けてみて
しっくりこなくて違和感を感じてV字以外のリングで
短い指に似合うリングを探したというエピソードです。

体験談の他にも記事の最後に宝飾職人としてプロから
見た短い指に似合うリングをお伝えしたいと思います。

それでは大阪府H様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【指が長く見える結婚指輪が欲しい】

 

投稿者 大阪府H様

 

彼氏の駐在がきっかけで
結婚がトントン拍子で決まりました。

お付き合いも長かったので、周りから
たくさん祝福してもらえて幸せだったのですが、

一つ問題点が…!
彼氏に貯金があまりなかったのです。(50万円程度)

結婚式・指輪購入等
結婚イベントが貯金の時間なく迫った私たちは
大急ぎで準備を進めました。

彼氏は一生に一度のことだから、
婚約指輪と結婚指輪を買いたい!と言ってくれましたが

私は婚約指輪を我慢して、満足のいく
(予算を考えずに)指輪を選びたい!と説得し

婚約指輪はなしで、結婚指輪を満足いくものを
購入しようということになりました。

 

【婚約指輪の予算を結婚指輪に】

婚約指輪がいらないとなると、
入籍までに結婚指輪のみ購入すればいいので
少し時間に余裕が出てきました。

なので、彼と式場の見学や、
式場打ち合わせ、デートのたびに

ブライダルリングショップを
ウィンドウショッピングする日々になりました。

本当にたくさんのブランド
(20店舗ぐらい?)を訪れ、試しつけをしました。

でも、どのショップの指輪もあまりしっくりこず…
というのも、既存品はどこのブランドも似たり寄ったりで、

ダイヤの輝きが違うといわれても同じように見えてきて、
何がどういいのかわからなくなってしまったのです。

 

(さらに…)

悩んで解決!ゴールドの結婚指輪が良い奥様&プラチナが良い旦那様

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、神奈川県T様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿を頂いた方は結婚指輪の素材をゴールドにするか
プラチナにするかで二人でかなり考えて悩んだそうです。

というのも旦那様は、結婚指輪の素材はプラチナが良い、
奥様は結婚指輪の素材はゴールドが良いという事でした。

結婚指輪のデザインで悩む前の段階、指輪の素材で悩む
経験をした奥様からの結婚指輪選びのエピソードです。

それでは神奈川県T様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【ゴールドとプラチナのコンビで解決】

 

投稿者 神奈川県T様

 

結婚指輪はゴールド系が良かった自分と、
シンプルなプラチナの指輪が良かった夫。

その二人でお店を見ていましたが、
なかなかどちらもの希望が通るような

私がゴールドで彼がプラチナの
結婚指輪は見つかりませんでした。

そんな時にふとデート中に目に入ってきたペアリングが、
結果的に私たちの選んだ結婚指輪になりました。

ピンクゴールドとプラチナ、
真ん中から二つの素材が絡み合うようにして

捻れあったデザインが好みの違う二人が
一つの家族を作り上げていく象徴のように思えて、

すぐに店員さんに頼んで
ショーケースから出していただきました。
貴金属にはあまり興味のない夫もそのデザインを大絶賛!

【ピンクゴールドとプラチナのコンビ】

表面上は甘めのデザインですが、
捻れた部分を手のひら側に持ってくることもできて、

その場合は非常にシンプルな
プラチナのリングのように見えます。

仕事の時もこれなら全く恥ずかしくないと
夫も太鼓判を押してくれました。

やはり夫婦になるのなら仕事中も指輪をしていて欲しい、
けれどもやはり私の好みを通すと夫には甘すぎて
恥ずかしいかも…と悩んでいたのですが、

このようなデザインもあるのだと知って
嬉しく思ったのを覚えています。

サイズを測ってオーダーを頼み、
裏には二人の結婚記念日と○→○という
二人のイニシャルも刻んでもらいました。

 

(さらに…)

【純金リング×鍛造オーダー】これが欲しい!メンズ&レディース兼用

鍛造の純金リング専門店ジュエリーコウキです
私が工房で1つ1つ純金で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が大注目されて鍛造のリングが
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

例えばですが機械で地金をプレスして圧縮をする製法
こちらは機械で圧縮をする圧縮リングで違う鍛造です
昔から伝わる本物の鍛造は鍛冶で職人が手作りします。

ちなみに本物の鍛造で手作りした鍛造リングは全体の
リングの内1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリー職人

こんにちは (*´Д`)

当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【純金リングを鍛造オーダーメイド】

本日の記事は純金リングのオーダーメイドのお話しです
オーダーメイドと一言でいっても製法が様々ありますが
日本伝統技法の鍛造で手作りをするオーダーメイドです!

日本が誇る鍛造、昔から代々受け継がれてきた伝統技法
「オーダーメイドの最高峰」といってもいいと思います
それくらい技術に自信がありますし誇りを持っています!

純金は柔らかくてリングに不向き

純金は純度MAXの純粋な金、不純物が含まれていない
ので凄く柔らかくてリングに向いていないと言われます。

ちなみに18金などは銀と銅が含まれるので硬いんです
なので市販の既製品のほとんどが18金で純金は極僅か。

しかし大丈夫です!市販の既製品と違い鍛冶で作ります
鍛造とは鍛えて造る事、鍛冶で鍛えてリングを作ります
そうすれば強度も増して頑丈になりリングでも安心です!

 

私が作る純金リングはメンズでも
レディースでもどちらでも大丈夫

私が手作りしている鍛造の純金リングはレディースでも
メンズでもどちらでも似合いますのでご安心下さい(^-^)

今回ご紹介をする純金リングのデザインはシンプルです
平打ちリングがベースで槌目(つちめ)で仕上げました。

槌目(つちめ)とは鍛造と同じく日本伝統技法の1つで
金槌で打つことから槌の目ということで槌目といいます
それでは完成をした鍛造の純金リングをご覧下さいませ!

純金リング

純金リングの鍛造オーダーメイドは
レディースでもメンズでも似合います

全てが手作業のみで作ったオーダーメイドの純金リング

リング幅が5ミリと太めで肉厚も2.2ミリと厚めです
重厚感を感じられる平打ちリングがベースの純金リング。

槌目も手打ちで仕上げて浅い縦長の縦目槌目という種類
深い槌目は凹凸がハッキリ出ますが浅い縦目槌目は凹凸
がハッキリと出ないので癖がなく何処でも着けられます。

槌目模様を艶消しのマット加工で仕上げることで槌目が
清楚で上品になって大人のお洒落な雰囲気が出てきます
レディース&メンズでもどちらでも似合うデザインです。

(さらに…)