ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ラピスラズリのピアス 効果あった!ラピスラズリの不思議な力と体験談

ハンドメイドリングの専門店、ジュエリーコウキ
鍛造という伝統技法で作る本物の手作り指輪です

鍛造(たんぞう)とは、リングの材質となる地金を
鍛冶で鍛えて造るので鍛造リングといわれています
世の中にありふれた手作りではなく「本物の手作り」

ジュエリーコウキの二代目で、宝飾職人歴26年の
私、池田も鍛造技術を継承した宝飾職人の1人です
全国の中でも本物の鍛造を提供する店は一握りです。

宝飾職人

このブログの更新も鍛造リングの制作も私、池田が
しており鍛造を世の中に広めるために書いています。

そして鍛造の事だけではなく、ジュエリーの素材で
よく使う宝石やパワーストーンも紹介をしています
本日のブログではラピスラズリという宝石をご紹介。

12月の誕生石、ラピスラズリは不思議なパワーが
あることで有名ですが実際にラピスラズリのピアス
を身につけている方の体験談もお聞きしております
それでは記事の最後までよろしくお願いいたします!

 

=================================

【ラピスラズリ 意味】

ラピスラズリはそのどこまでも深い紺青の色味と
ところどころ見られるパイライトの金色や
カルサイトの白色の斑点の高貴な雰囲気漂う
他にはない個性あふれるパワーストーンです。

名前の由来も、ラテン語と
アラビア語でそのまま碧い石という意味を持ち、

私たちに馴染みのある仏教でも七宝として大事に
されてきた「瑠璃」を和名に持つ日本でも古くから
幸運の宝石として珍重されてきた歴史を持ちます。

 

【ラピスラズリ お守りの効果】

特にその歴史はエジプトにまでさかのぼり
古代エジプトでは邪気を払う
最高のお守りとしての役割を果たし、

邪気を払うとして壁画に画材として用いられたり
かのツタンカーメンの棺の装飾に
用いられていたことが大変有名です。

古くからお守りとしての効果を
果たしてきたラピスラズリですが、
特に邪気を払う魔除けの石として大変有名です。

さらに言うと、この邪気については単に悪いものを
寄せ付けないということを意味するものではなく、
自身の内面にある邪気をも払い去るということを意味します。

つまり、自身の内面に抱えるマイナスの感情、
嫉妬や怒りや妬みと言ったものを身体の中から外へ出し、
自身をより高みに導きます。

それにより、誤った方向へは進まずに
正しい方向へと軌道修正ができるため、

何かを目指している人、
進むべき道に迷っている人にオススメの石です。

 

(さらに…)

アマゾナイトのブレスレット 効果あった!アマゾナイトの意味とパワー

ハンドメイドジュエリーの専門店、ジュエリーコウキ
当店二代目で、宝飾職人の私が工房で手作りをします

当店の手作りは、ロウを削って原型を作るキャスト製法
ではなく地金そのものを使って作る鍛造という製法です。

鍛造は日本伝統技法で、地金を鍛えて造るという事から
鍛造と呼ばれハンマーで叩いて鍛錬をしながら作ります。

指輪作りもブログ更新も私、池田がしておりブログでは
鍛造という伝統技法を多くの方々に知って頂きたいので
鍛造ジュエリーの紹介や鍛造工程を記事に書いています。

鍛造指輪

基本的には鍛造製法を発信しているブログになりますが
他にもジュエリーやアクセサリーで素材としてよく使う
宝石などのパワーストーンも紹介しております (゚Д゚)ノ

パワーストーンには意味やパワーや効果など様々あって
面白いので私もパワーストーン愛好家の一人なんですよ
本日はアマゾナイトという宝石をご紹介させて頂きます。

アマゾナイトのブレスレットをお持ちの方の体験談など
インタビューをさせて頂きましたのでご覧くださいませ。

 

=================================

皆さんはアマゾナイトという
パワーストーンをご存知ですか?

ローズクオーツや水晶ほど
メジャーなものではありませんが、

パワーストーンマニアの中では
根強い人気を誇っている宝石です。

色は薄く緑がかった柔らかな水色に
白い流れるような模様が浮かんでいます。

この白い模様から、七夕伝説で有名な天の川に例えて
「天河石(てんがせき)」という別名も持っています。

【アマゾナイト 意味】

(希望の石) (行動の石)とも呼ばれ、
何か新しいスタートを切るときに背中をそっと
押してくれるような、そんな効果が期待できる石です。

新しい環境に身を置く際に生まれがちな
「焦り」「苛立ち」「迷い」「不安感」から
解放してくれて、自信に満ち溢れた時
自分を取り戻すことが出来るパワーを持った石です。

自分の進むべき道が見えなくなってしまったときに身に着けると
自分でもハッとするようなことがひらめき、そしてそれを
すぐに行動に移す力が湧いてくるという不思議な石です。

 

【アマゾナイト 恋愛】

恋愛においても感情に振り回されることなく、
落ち着いた気持でいられるようサポートしてくれるので、

恋愛運に関するパワーストーンとの
組み合わせの愛称もとても良いでしょう。

恋愛にまつわるアマゾナイトの
石言葉は「聖なる愛情」です。

穏やかな愛で相手を包み込むような
清らかな恋愛の助けとなるでしょう。

 

(さらに…)

ネックレス 指輪にリフォーム!古いダイヤペンダントも指輪にリメイク

指輪リフォーム&指輪リメイク専門店、ジュエリーコウキ
新潟県長岡市の自社工房で指輪のリフォームをしています。

当店二代目で宝飾職人歴25年の私、池田が手作りをします
鍛造という伝統技術でジュエリーをリフォームしています。

鍛造(たんぞう)とは、ジュエリーの地金になるプラチナや
ゴールドを鍛冶で鍛えながら造る手法でとても貴重な製法
お客様からお預かりした貴金属を溶かしてリメイクします。

【ネックレス リフォーム】

本日のブログ内容はネックレスを溶かして指輪を作ります
どんな作業工程でネックレスが指輪に変わっていくのかを
画像を使いながら説明をしますので楽しみにご覧ください。

 

当店は鍛造リングをメインで手作りしている宝石店なので
工房の設備がしっかりとしているので、お客様の貴金属を
そのまま溶かして使ってリフォームをすることができます。

お預かりしたジュエリーを、そのまま溶かして使えるので
貴金属への想いはそのままで形を変えて生まれ変わります
思い出のアクセサリーや大切な形見などそのまま使えます。

ご紹介をさせて頂くネックレスを指輪へリフォームをする
ご依頼主様は埼玉県のお客様です。ありがとうございます!

新潟県長岡市に店舗と工房がありますが、新潟県外の方も
多くご依頼を頂いておりますので、ご安心ください(^-^)
直接、ご来店を頂かなくてもメールのやり取りで出来ます。

まずは、こちらの2本のネックレスの画像をご覧ください

プラチナのネックレス(pt850)が2本あります
この2本のネックレスを溶かして作り替えます

1つ目は、PTネックレス PTコインのペンダント

2つ目は、PTネックレス PTダイヤのペンダント

この2本のネックレスを溶かして指輪にリメイクをします
コイン型のプラチナ製のペンダントも一緒に溶かして使用

お客様が大切にしていた思い入れのあるネックレスなので
作り手の私も、心をこめてリフォームをさせて頂きます!

ダイヤペンダント 覆輪留め

【立て爪のダイヤでもリフォーム可能】

ダイヤのペンダントは、覆輪止めのペンダントから外して
ダイヤは指輪に埋め込んで、覆輪留めの石枠は溶かします。

今回の場合、古いダイヤは覆輪留めのペンダントでしたが
立て爪のダイヤペンダントでも同じようにリメイクが可能
基本的に立て爪でも覆輪留めでも溶かして使えるので安心。

(さらに…)

ブレスレット 指輪にリフォーム!磁気ブレス-分解したら仕組みが判明!

ジュエリーリフォームの宝石店、ジュエリーコウキ
アクセサリーやジュエリーを工房でリメイクします

当店は鍛造(たんぞう)という伝統技術でアクセサリーや
ジュエリーそのものを溶かしてリフォームをしています
新潟県長岡市の自社工房で1つ1つリフォームをします。

鍛造とはジュエリーやアクセサリーの地金をハンマーで
叩いて鍛錬をしながら鍛冶で作り上げる伝統技法の1つ
高いレベルの技術を継承した宝飾職人のみが作れる製法。

当店2代目で宝飾職人歴25年の私 池田もその職人の1人
お客様の大切なジュエリーやアクセサリーを鍛造技術で
リフォーム&リメイクで新しく生まれ変わらせます(^-^)

宝飾職人

形見のブレスレット 指輪にリフォーム

ブログの記事内容は、大好きな祖母~おばあちゃんから
貰った形見のk18磁気ブレスレットを指輪にリフォーム
こちらの内容をがっつりと書かさせていただきました!

おばあちゃんから受け継いだ、金の磁気ブレスレットを
お孫さんがお守りとして毎日つけられるように溶かして
新しく指輪として作り替えたいという感動のリフォーム。

早速ですが、こちらがご依頼主のお孫さんから預かった
k18イエローゴールド製の磁気ブレスレットになります
20年くらい前に流行った球体が2つあるタイプのブレス。

金 磁気ブレスレット

この形の磁気ブレスレットを知っている人は懐かしいな
と感じると思いますが、約25年前にとっても流行った
形でバングルのようなフォルムで球体が2つあります。

この形を小さくした指輪もあったほど流行っていました
私は宝飾職人として約25年前から仕事を始めましたが
この形状のブレスレットとリングをよく磨いていました。

さすがに手作りではなくて、出来合いの既製品でしたが
この形状のブレスレットとリングはよく売れていました。

磁気ブレスレット 分解

指輪にリフォームする為にブレスを分解

お預かりしたこちらk18の磁気ブレスレットを溶かして
新しく指輪にリフォームをするには、分解をして磁気を
取り除くことが絶対に必要になりますので分解をします。

私は長いこと宝飾職人をしていますが、このデザインの
磁気ブレスレットの中がどうなっているのか知らなくて
分解する前は、期待と不安でドキドキしていました(汗)

だって、もしかしたら磁気を出す為に磁石でこの形状に
作られていて、その上から薄くk18のメッキが塗られて
いるだけだったら溶かして使うことが出来ないからです。

(さらに…)

ラリマー効果あった!【ラリマー 不思議 体験】ラリマーの意味とパワー

アクセアリーの手作り専門店、ジュエリーコウキ
当店二代目で宝飾職人の私、池田が手作りします

当店は手作りでアクセアリーやジュエリーを工房で
1つ1つ私が手作りをしているジュエリーショップ
新潟県長岡市の自工房で鍛造という製法で作ります。

鍛造(たんぞう)とは、ジュエリーやアクセサリーの
素材となる地金をハンマーで鍛錬をする鍛冶作業で
作るという日本伝統技法の1つで世界的に有名です。

こちらのブログは鍛造を知っていただくために私が
鍛造のことをブログに書いて発信をしております!

そしてアクセサリーによく使うパワーストーンにも
興味を持って頂きたいので合わせて紹介しています
本日のブログではラリマーという宝石を紹介します。

ラリマーの意味や効果なども書いていますが他にも
ラリマーのブレスレットを付けている方にもお話し
をお伺いしたインタビュー記事もありますよ(^-^)
記事の最後までどうぞよろしくお願いいたします!

 

=================================

【ラリマーとは】

ラリマーは1974年に
発見された比較的新しい石で、

産出地のドミニカ共和国は、
カリブ海に浮かぶ小さな島です。

ラリマーの正式名称は
ブルーペクトライトですが、

ラリマーの呼称が一般的なため
正式名を知る人は少ないのではないでしょうか。

では、正式名のブルーペクトライトとは
全く異なるラリマーの名が付いているかというと、

ラリマーの語源は、ラリマーを発見した地実学者
ノーマン・ライリングが娘の名前の「ラリッサ」と、

スペイン語で海を意味する「マール」
を組み合わせたことに由来するからです。

娘の名前を石につけるなんて、
ロマンチックですよね。

そんなラリマーは、
1985年、アメリカの宝石商が

ラリマーの明るいブルーカラーを
「カリブ海の宝石」というキャッチネームで
売り出したことにより、人気がでました。

確かに、ラリマーは明るく美しい水色にまるで
波のような白い模様が美しいカリブ海を想像させます。

 

(さらに…)