荒仕上げの結婚指輪~S曲線の結婚指輪の制作工程

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
株式会社ジュエリーコウキの二代目、池田です

ご紹介する結婚指輪は「荒仕上げ」

ピカピカ光る鏡面のプラチナがが当たり前になって
いるジュエリー業界であえて鏡面ではく、かと言って
光沢がない艶消しでもなく、プラチナにはもう一つの
魅力があるという事を魅せたくて考案した仕上げ方法!

荒いという言葉を使っているので、大体のイメージは
想像できるかと思いますが、このような感じとハッキリ
分かるように先に完成形の写真をご紹介しますね(^ω^)

DSCN0596

上記の結婚指輪の写真が「荒仕上げ」

奥深いお洒落な輝きが魅力的だと思いませんか?
ただ単に粗く仕上げただけではないんです
想像以上に手間のかかる仕上げ法なので自信あり!

後程、詳しく荒仕上げの工程を説明しますので
まずはこの完成した結婚指輪になるまでの制作の
風景というか工程を先にお伝えしたいと思います!

 

 

当店こだわりの鍛造の結婚指輪なので
まずはいつものようにプラチナを金槌で叩いて
焼いてじっくり育てる作業の鍛冶から始まります

p5zG7WYLQnM7lZH1390869676_1390869734

鍛冶作業を全部ここでアップしてしまうと
とんでもない更新時間と文字数になってしまうのでw

鍛冶作業が見たい方はトップページの作業工程
見て頂けると大体の鍛冶の流れが分かります(^ω^)

鍛冶の手順をカットさせてもらいましたが
金槌で何度も叩いて炎で焼いての繰り返しで
1つのプラチナ塊からプラチナ板が2枚できます

DSCN8472

こちらの2枚のプラチナを丸めて指輪の形に
してからプラチナ板の繋ぎ目をロウ付けをします
ロウ付けとは繋ぎ目を溶かして溶接する手法です

当店では結婚指輪を作るときに、一般的なロウ付け
とは違って「トモ付け」という方法で溶接していきます

DSCN0566

トモ付けとは?

結婚指輪で使っているプラチナを薄く伸ばして
それを繋ぎ目に挟み込み溶かして一体化させます
同じプラチナなので相性は抜群で繋ぎ目が分かりません

ただ、同じプラチナ同士なので溶ける温度が一緒(汗)
溶かした時に繋ぎ目周辺が一緒に溶けてしまうんです。

DSCN0570

なので予め指定された結婚指輪の幅と厚さよりも
広く厚く持つ事が必要となりますし、この手法に
慣れた熟練した職人さんでないと難しいと思います

ロウ付けが完了後、曲線になるよう指輪を曲げます
大きなS字カーブの曲線のある結婚指輪になるので
工具を使い分けながらカーブの曲線を調整し曲げます

DSCN0571

指輪を曲線にする方法は色々あるのですが
今回の曲線の造り方は、万力に指輪を挟んで固定し
多種類ある「ヤットコ」という掴む工具を使い分けて
曲線の角度やSデザインの曲がり具合を調整し曲げます

DSCN0574

リングの形を整える為に、丸棒という鋼鉄の棒に
指輪を入れ金槌で叩いて丸めて、同時に指定された
サイズになるまで叩き伸ばします(曲線の角度に注意)

DSCN0573

叩くと曲げたカーブが戻ってしまう事も多々あるので
万力とヤットコを併用して曲線を見ながら叩き曲げます
綺麗なS字カーブのある曲線リングが出来上がりました!

DSCN0576

上下左右の曲線が整っていて完璧な仕上がり
指定の結婚指輪のサイズ、そしてSカーブの確定、
次の作業は指輪の側面をヤスリで削り幅を整えます。

DSCN0574

結婚指輪の指定された幅は3.7ミリです

通常のデザインでは3.7ミリまで削っていきますが
今回のデザインは側面から表面へ繋がる特殊な形状、
その為に指輪の幅に余裕が欲しいので3.9ミリに
なるようにヤスリで削って側面の幅を整えます(^ω^)

DSCN0577

結婚指輪の幅と曲線が確定したらデザイン入れ

計算して指輪の表面に下書きというか
設計図を針のような工具で描いていきます
この設計図を描く作業を「ケガキ」と言います

 

ケガキが完了したら、いよいよ削る彫金作業の開始

DSCN0579

目の荒いヤスリで削りだしていく作業
ケガキ線とマジックでイメージした曲線を元に
ヤスリでガッツリ削っていく彫金作業の王道作業

DSCN0580

削り落とす角度、削り落とす範囲、全てを頭の中で
イメージして作っておかないと駄目です!イメージが
出来ていなくてガッツリ削ると失敗するので慎重に!

このまま削って出来たのが荒仕上げ?
いやいや、そんな単純な作業ではないんです
確かにヤスリで削って仕上げる方法で意味的には
間違いないですが、もっと手間をかけて仕上げます

これから荒仕上げの中心部の作業に突入しますが
本日は時間がないのでここまでにしますね<(_ _)>
また後程、記事の続きを書きますのでお楽しみに!

制作工程のつづきを読む

 

どの制作工程も熟練された自信のある職人技です!
ブログやFacebookの制作記事を見て、制作工程に
納得をしてから、私の創る結婚指輪をご購入して頂けると
作り手として嬉しいです!下記のWEBからご購入頂けます
************************************************
株式会社ジュエリー皇妃(コウキ)
新潟県長岡市渡場町2-7
電話 0258-27-1771 (10時~17時まで受付)
メール j_kouki_ring@yahoo.co.jp (24時間受付)
ホームページ PC版 http://jewelry-kouki.com/
ホームページ スマホ版 https://j-kouki.com/
************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA