透明感のあるウォーターオパールでペンダント制作(メキシコオパール)

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

結婚指輪専門店ではありますが、宝石専門店でもあります
結婚指輪以外のジュエリーを制作する事も多々あります!

いつもは結婚指輪などのウエディングジュエリーの制作を
メインにして記事を書いておりますが、本日は違いますよ
たまにはブライダルジュエリー以外の物をご紹介します!

オパールのペンダント制作の記事を書こうと思いますが
ブログのカテゴリーにオパール制作のカテゴリーがナイw
という事で1番近いカテゴリーの婚約指輪カテに書きます

 

オパールのペンダントをプラチナ枠で制作しました
オパールと一言で言っても、種類は沢山ありますよね
例えば代表的なオパールと言えば~ブラックオパール、
ファイヤーオパール、ウォーターオパールなどありますが

ウォーターオパールでペンダントを制作

透明感があって、みずみずしい清涼感のあるオパールです
無色の天然石に七色の虹のような遊色が浮き立つ宝石です

dscn3968

本当は肉眼で見ると、もっと水々しくて透明感があるのに
カメラで撮ってみると綺麗に透明感&七色が出ない(涙)

今まで色んな種類の宝石やジュエリーを撮影してきたけど
ここまで撮影に難しい宝石は初めてですね(ノД`)・゜・。

何度も撮り直しをしてみたけど同じようにしか写らない
生で見るともっと綺麗な宝石ですので勘違いしないでねw
イメージ的には水晶玉に虹が映っている感じです(*´Д`)

dscn3967

ウォーターオパールとは?

どの宝石でも言える事ですが、宝石の質はピンキリです
オパールにも言える事で、希少価値が高ければ価格も高いし
割りと多く存在するホワイトオパールなどは比較的に低価格

先程もオパールの種類をザックリと何個か書きましたが
特にブラックオパールはオパールの中でも希少価値が高くて
綺麗なブラックオパールとなれば価格も高騰します(*´Д`)

 

 

ちなみにコチラの写真(下)が最高級のブラックオパール

ペンダント枠は私が手作りしましたが、枠のデザインよりも
ブラックオパールに注目!奥深い神聖な黒の中に七色が出ます

obw0lrx7xaivzak1478140501_1478140525

大きさ(カラット数)も大きいし、色も濃く出てるので
このクラスのブラックオパールとなると高額になります!

下の写真のブラックオパールも希少価値が物凄い高くて
この高いレベルのブラックオパールを探そうとすれば
時間も金額も相当かかるというレベルの逸品の宝石です

2bray_a2xeoi2kj1478140561_1478140572

こちらの写真は(下)ボルダーオパールです

ボルダーオパールもピンキリありますね~
こちらも希少価値が高いオパールの種類となっています

ブラックオパールに見た目が似ていますが違う種類なんです
ボルダーオパールは鉄鉱石がオパールの裏側に残っています

これは鉄鉱石の中に入り込んで出来た複雑なオパールなので
ボルダーオパールの部分だけを採掘すると変形している場合が
多いので、写真のような変形した宝石が多いんですよね(^ω^)

jgjzjaou4rnw3nu1478140599_1478140608

そしてこちらの写真(下)のオパールも希少価値がある
ファイヤーオパールというオレンジ色の透明感のある宝石

ファイヤーオパール(虹色の遊色)

やっぱりウォーターオパールと同様に撮影が難しい(涙)
水々しいオレンジの中に、七色が出てるのに写らないw
ウォーターオパールもファイアーオパールも撮影が高度w

qcd0ivwo6h3nhke1478140658_1478140671

ウォーターオパールも希少価値が高いです!

ただ石の大きさが小さいので、上の宝石達よりは安いです
もっと大きくて、もっと透明感があり色が出れば高額です
基本的には数が少なく高価な宝石のウォーターオパールです

そんな希少価値のあるウォーターオパールですが・・・
モース硬度が6.0という柔らかくて超デリケート(汗)
という事は・・・枠造りに気を遣う宝石という事なんです

dscn3586

オパールのプラチナペンダント作りスタート!

ウォーターオパールのサイズ(縦×横×高さ)を計算して
それに必要なプラチナを割り出して板状に伸ばしていきます

仕事が忙しいので、制作工程を短縮させていただきますが
基本的に部品の1つ1つを鍛造で作ります(結婚指輪と同じ)

プラチナを叩いて焼いての鍛冶作業で細かい部品を作るので
手先の器用さが求められる細かい職人作業となります(汗)
デリケートな宝石ですので取り扱いに十分注意をしましょう

dscn3588

ルース(オパール)のサイズに合わせて枠造り

今回のウォーターオパールのペンダントのデザインですが
内枠(オパールの台座)と外枠(ペンダントのデザイン)の
2つのプラチナ枠で制作するプラチナペンダントです(^ω^)

まずは、オパールが乗る台座を作る所から始まります
ウォーターオパールがキッチリと台座に乗るように制作
ヤットコや円柱工具などで調節しながら制作していきます

制作仕事が忙しくてブログを書く時間が限定されているので
かなりの制作工程を、省かせて頂きますがご了承くださいw

dscn3970

オパールの内枠が完成(4本爪)

もう出来上がったんかい!とツッコミを頂きそうですがw
かなりの作業工程を、省かせて頂きましたがすいませんw

このような感じでオパールの内枠が出来上がるんですよ
枠の幅も高さもルースとデザインのバランスに合わせます
もちろん枠だけではなく、爪の長さや太さも合わせます

内枠の内側(内径)もウォーターオパールの丸みに合わせて
丸く削って角度を出しオパールが落ち着くようにしています
爪でも宝石を固定しますが内側からも落ち着くようにします

dscn3974

オパールの外枠が完成

ここでも、外枠がもう完成したのかよ!w
そんなツッコミがまたまた聞こえてきそうですがw
途中経過の彫金作業をアップする時間がありません(汗)

ザックリとですが、外枠の作業工程の流れはこうです

(1)オパールの内枠のサイズに合わせて、外枠を丸めて作る
(2)丸めた外枠の幅と厚みが均等になるように削って整える
(3)そして設計図を外枠に描き、彫金でデザインを彫り込む
(4)外枠のデザインが完成したら、内枠と合わせて溶接作業

このような流れでオパールのペンダントは作られていきます
そしてペンダントにバチカンというネックレスを通す部品を制作

dscn3982

ペンダントをピカピカに磨いて、石留めをすれば
ウォーターオパールのプラチナペンダントが完成!

透明感のあるウォーターオパールの存在が引き立つように
外枠にダイヤモンドや他の宝石類は一切使用しませんでした

他の宝石を外枠に入れるとオパールに色が映り込むからです
そんな訳でプラチナ枠で動きのあるスクリュー模様にしました
プラチナの純粋な反射ならオパールに写っても光って綺麗です

dscn3972

シンプルに外枠は必要なくて内枠だけでもとも思いましたが
ウォーターオパールの大きさが小さかったので内枠だけだと
ペンダントにした時に見栄えの迫力がなかったという事と、
透明感がある宝石なので外枠がないと目立たないという理由です

ウォーターオパールに限らず、他の種類のオパールも当店では
取り扱っておりますが、天然石なので必ずあるとは限りません(汗)

ですので、もしオパールが欲しいお客様は、前もってお話しを
伺う事ができれば、オパールの種類や大きさ、価格など合わせて
探しますので、まずはお問い合わせを頂けると嬉しいです(*´Д`)

いや~時間のない中でブログ記事を書いたのですいませんw
次回はもっと時間のある時に、じっくりと制作記事を書きますね
本日も当店のブログを見て頂いてありがとう御座いました<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA