【リフォームで安く指輪を作る】古いエタニティリングを新いフルエタニティリングに作り替え!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもブログを見て頂いてありがとう御座います
新潟 長岡の宝石店、手作りジュエリーの専門店
ジュエリーコウキの2代目、池田でございます!

凄く気合を入れて指輪作りの記事を書きました
今回はエタニティリングの制作内容で詳しい内容は

古いエタニティリングをリフォームをして
新しくフルエタニティリングを手作りします

かなり珍しいエタニティリングのフォルムですので
考えながらの制作なので作り応えもありました(^ω^)

何が珍しいのかと言うと、お客様からお預かりした
エタニティのダイヤの大きさがバラバラなんですよね
そして指輪の幅もバラバラという面白い形状なんです

※ダイヤを外して写真を撮りましたのでご覧ください

湾曲している指輪というか、波になっているというか
ダイヤの大きさがバラバラなので指輪の幅もバラバラ
指輪の肉厚(高さ)もバラバラなんですよね(汗)

こちらのアンバランスなエタニティリングを溶かして
バランスの取れた統一されたデザインに作り替えます

ダイヤの大きさを大中小でサイズを段階的に合わせて
リングの上を大きく、下を小さくグラデーションで
バランスをとりながら月形のような形状に制作します

 

 

お客様がこのエタニティリングに気にしていた事は
ダイヤの爪がよく服などの繊維に引っかかるという事

また、内側を見るとダイヤ1つ1つに穴が開いているので
水仕事で水分が捌けにくい(抜けにくい)ので痒くなるし
穴が多くてゴミが溜まる、穴が多く着け心地が悪いという事

つけ心地の問題にかなり悩んでおられるようで・・・
色々なストレスを抱えてのお客様のご相談でした(汗)

まあ確かにこれだけバラバラな部分が揃っていると
着け心地はもちろん使い心地も悪いと思います(汗)

そしてダイヤを外してみて分かった事は意外と軽い
これだけ穴が開いていたら軽いのは仕方ありませんが
強度の面でも弱くなるので地金を足して作り替えます

※プラチナを新しくプラスして指輪を作り替える事で
内側の穴は開けなくて良くなるし肉厚も厚くできます
つけ心地の面でも強度の面でも強くなるのでお勧め。

プラチナの溶解(ようかい)

お客様からお預かりしたエタニティリングの枠と
新しく足したプラチナを一緒に溶かして増やします

大体ですが、お預かりしたエタニティリング枠の
約2倍になる計算でプラチナを足しているんですよ

プラチナの溶ける温度(融点)は約1770度
酸素バーナーでがっつりと溶かして混ぜ合わせます。

溶かしたプラチナを鍛えあげる

古い地金と新しい地金を溶かし合わせたら次の工程へ
溶かしたプラチナを鍛え上げる鍛冶作業に進みます
一般的には鍛冶ですが、専門用語では鍛金と呼びます

鍛金(たんきん)とは地金を鍛えるという意味です
エタニティリングのベースとなるプラチナを鍛えます
鍛える事によって粘り強さと強度が増すんです(^ω^)

正真正銘!鍛造のフルエタニティリング

ここでまた新しい鍛造(たんぞう)という言葉が!
これもまた漢字を見ていただけると分かるのですが
鍛えた地金で造る作品を鍛造と専門用語で言います

今回の場合は、鍛えたプラチナでエタニティリングを
作るので鍛造リングという事になるんですよ(^ω^)

鍛造とは、一握りの専門店でしか味わえない製法です
※熟練された職人と、専門の設備と道具が必要な為

ちなみに普通のジュエリーショップで販売されている
指輪のほとんどが鋳造(ちゅうぞう)という既製品で
デザイン型に溶かした地金を流し込んで作る指輪です。

鍛造リングのメリット

鍛えながら造る指輪のメリットは凄まじいんですよ
じっくりと何度も金槌で叩きあげて更に絞めあげて
絞めあげたプラチナを炎でナマス(焼き上げる)

このような手間のかかる鍛金作業を続ける事により
プラチナの粒子が鍛冶で締まって整っていくんです
プラチナの密度が増して粘り強く成長するんですね!

※強度も強いのでフルエタニティリングにはピッタリ

エタニティリングは基本的に石枠の繋がりの形状で
少しので変形でも爪が外れてダイヤが落ちますので
変形と衝撃に弱いとされていますので強度は必須です。

鍛冶の様子を動画で撮りました
このような作業で鍛えていきます

フルエタニティリングの幅と肉厚まで伸ばす

プラチナを鍛えながら叩いて焼いて伸ばしていきます
最終的に手作りをするエタニティリングのサイズです

サイズとはエタニティリングの指輪のサイズもですが
リングの幅の太さや、リングの高さの厚みも指します。

指輪の形になるように丸める

金槌でがっつりと絞めあげた自慢のプラチナ板が
いよいよリングの形になっていきますよ(^ω^)

丸棒という鉄の棒と、木製のハンマー(木槌)を
使ってプラチナの板を曲げながら丸くしていきます
他にも丸め方はありますが自分はこれがお勧めです

※丸棒に沿って丸まるので綺麗になりやすい為

隙間が出ないように丸める

プラチナプレートを丸めていくと端と端が合います
合わせ口が出るんですが隙間が出ないようにします

この合わせ口に少しでも隙間があると駄目なんです
ロウ付けという溶接をした時に食い込みが出るので
隙間が完全なゼロになるように削って合わせます。

ロウ付け 共付け

隙間がなくなったら薄く伸ばしたプラチナを挟み
酸素バーナーの炎で一気に溶かして溶接をします

この溶接作業をロウ付けと言いますがロウ付けは
指輪本体よりも溶けやすいプラチナで溶接します

しかし当店では指輪の強度の為に溶けやすいロウを
使わないで本体と同じ純度のプラチナで溶かします
この溶接作業を共付け(ともずけ)と呼んでいます。

共付けは、指輪もロウも融点が同じ

ロウ付けですが、ロウ付けに使うロウは融点が低い
溶けやすいロウです(地金を薄く伸ばしたモノ)

共付けに使うロウは融点が高くて溶けにくいんです
指輪の本体と同じプラチナなので溶けにくくて当然
融点も溶解するのと変わらなくて約1770度です

かなり難しい溶接作業ですが成功すれば融合箇所は
綺麗だし、強度に強いので毎日する指輪にお勧めです

多少溶けるのは仕方ないですが、溶ける範囲を極力
少なくする事が必須ですので熟練された腕が必要です
※1番最初の熔解作業をリングの一部でする感じです

フルエタニティリングのサイズを伸ばす

溶接が完了したら指輪のサイズを伸ばしていきます
丸棒と木槌で丸めたのである程度は綺麗な円ですが
100%の円、真円ではないので真円に成形します

丸棒に再びプラチナリングを入れて金槌で叩きます
ここからは木槌ではインパクトが弱いので、金槌で
インパクトを強くして叩いてリングを真円にします

真円になったらそのまま同じようにリングを叩いて
サイズを伸ばしていくのですが、細かくリングを
叩かないと平均的にサイズが伸びないので要注意!
細かく細かく隙間がないように叩く事がコツですね。

フルエタニティリングのフォルムを削り出す

今回のフルエタニティリングの形状は月形風です
よくある真っすぐフラットなエタニティではなく
指輪の上が太くて下に行くに従って細くなります

ダイヤモンドの大きさがバラバラだったので、
ルースの大きさを大中小と区別をして集めたので
大きいダイヤが上、下にいくに従ってダイヤも
腕の太さも細くなるグラデーションのタイプです

リングの幅だけではなくダイヤの大きさに合わせ
指輪の肉厚も厚い部分から薄い部分と変化します
ダイヤの大きさをまとめる事で使いやすくなります。

ダイヤモンドを入れる位置を決める

今回、手作りをするフルエタニティリングのダイヤは
大きさがバラバラなので同じ位の大きさにまとめます

大中小と三段階に分けてみましたが、実際はそれぞれ
ルースの大きさが違うので微調整は必要になります

プラチナリングの表面にダイヤの位置を下書きします
ケガクと業界では言いますが設計図みたいな感じです。

ダイヤは全部で28ピースあります

先程も説明をしたようにダイヤのサイズはバラバラで
0.1ミリ単位でダイヤモンドを計り並べていきます

最初に大中小と三段階に分けたのはルースの大きさを
大まかに揃える為で、ここから細かく選別するんです

ダイヤモンドが指輪に一周入るフルエタニティリング
ちょっとした計算ミスで、入る入らないが出ますので
設計図の段階でダイヤが綺麗に並ぶように合わせます。

ダイヤモンドを囲む(縁)フチも必要

簡単なエタニティリングだとフチがない場合が多くて
爪が直接、枠から出ているので引っかかる事が多くて
服などの繊維や突起物で引っ掛かり、爪が起きます

爪が起きやすいという事はダイヤが外れやすいという
事になりますので、爪を守る為にフチを作るんですね

それ以外にもルースも守りますし両フチで強度も増し
つけ心地も良くなります(爪よりフチが高いからです)

上の写真が、トップ側になるエタニティの広い面で
下の写真が指輪の下側になる細いリングの部分です
フルエタニティリングなのでフチは一周するんですね。

ドリルで指輪に穴を開けていく

エタニティリングに入るダイヤの位置に穴を開けます
28ピースあるダイヤの大きさと高さは違いますので
ルースのサイズを間違わないように1つ1つ開けます

1つの穴だけ開けていくのではなく、写真のように
全ての穴を均等に開けていくやり方で開けていきます

いきなり大きな穴を開けるのは修正が効かなくなり
とっても危険なので小さい穴から徐々に大きくします。

1つ1つのダイヤに合わせて開ける

プラチナリングの全面に小さい穴を開けていきながら
穴を少しづつ大きくして、それぞれのサイズに合わせ
ダイヤの幅、肉厚など微調整をしていく事になります

フルエタニティリングが1番綺麗に見える条件があり
それは、ダイヤの高さを均一に合わせる事なんです!

ルースサイズがそれぞれ違うので高さも異なりますが
ドリルの深さで調節して見た目の高さは均等にします。

先端工具で更に細かく合わせる

ドリルでは彫金作業に限界があります(汗)
ルースの幅と高さのサイズ調整までは可能なんですが
それ以外の細かくて繊細な彫金作業は出来ないんです

リューターという高速回転をするペン型の機械の
先端に様々な小さい先端工具をセットして彫金作業

例えば針のように細くて削れるアイテムなど色々あり
リューターにセットする工具は先端工具と言います。

鏨(タガネ)で爪を彫る

先端工具も引き続き使い、彫金作業をしていきますが
鏨(たがね)という細い彫刻刀のような工具も使用

タガネの先端は鋭い刃になっており、まさに彫刻を
する為にあるような道具です(金槌で叩いて彫る)
先端が極細の刃なので、強く叩き過ぎると折れます

かなり繊細な道具なので取り扱いに注意は必要ですが
細かい部分まで削ったり彫ったりできる優れもので
こういった繊細な石留めや彫りには必須の道具ですね。

フルエタニティリングの石枠が完成

繊細な作業が続きましたが、フルエタニティリングの
ルースを留める前のフォルムが完成しました(^ω^)

ルースが入る前は、こんな感じになっているんです
この状態でエタニティと言われても分かりませんよね
石がないとメカニックな感じで違和感がありますよね

タガネで彫り出した爪も沢山ありますし縁もあります
エタニティリングはダイヤが多いので石枠も多いので
1つの石枠を綺麗に仕上げるのも完成度に繋がります。

そして何といってもフルエタニティリングの石枠に
穴が開いていない(貫通していない)のが良いです

指輪の内側に穴が開いていないという事は汚れや水も
溜まらず清潔ですし、つけ心地も凄く良くなります!
もちろん穴がないという事は変形しにくくて丈夫です

タガネで石枠を彫っている作業を
動画で撮りましたのでご覧ください

デザインは違いますがこのようにして
金槌で叩いてタガネを使用するんです

エタニティリングの石留め

石枠をピカピカに磨いたらルースを入れる石留めです
1つ1つの石枠のサイズが異なりますので、サイズの
違ったダイヤを間違えていれないように注意します

1つでもルースのサイズを間違えて入れてしまうと
石と石の間に隙間が出たり、逆に重なったりします
たった1つの間違いでもダイヤが綺麗に留まりません。

共有爪でダイヤモンドを石留め

1つのルースを4つの爪で留める方法が主流ですが
ジュエリーコウキでは、エタニティリングが綺麗に
魅せれるようになるべく爪の数を減らしたいんです

爪が少なければダイヤの面積を多く魅せれますし
爪が多ければそれだけ引っかかる可能性もあります

そこで写真のように爪の数を半分に減らしています
共有爪といって上下2つの爪でルースを留めます
これでダイヤ周りをスッキリと魅せる事が可能です。

ミルタガネで爪を丸く

一般的に宝石を留める爪は三角が圧倒的に多いです
もちろん当店でも昔から三角の爪を使っていますが
エタニティリングに関してはちょっと話が違います

ミル打ち(球体)を作る為のミルタガネで留めます

あえて爪を丸くして留める事によって爪の反射が
丸くなってキラキラ光ります(可愛い滴のように)

ダイヤモンド自体が丸いので相性が抜群なんです
爪が丸くなれば当たりも優しく引っかかりません。

爪とダイヤが繋がって見える(輝きが途切れない)

ルースとルースの隙間をピッタリと無くしても
円と円ですので繋がりが少なく(一部しかなく)
どうしても隙間のように見える事が多いんです

その隙間に見える上下の余白に、光る丸い爪を
入れる事によってダイヤも爪もキラキラと光って
輝きが繋がって見えるようになるんですね(^ω^)

そして両サイドにある縁が爪よりも高いですので
爪に傷がつく心配も少ないので輝きが長く続きます
球体とダイヤの輝きは、めちゃくちゃ合いますよ!

つけ心地の良いエタニティリング

今回のフルエタニティリングに限らず、
指輪の着け心地はとっても重要ですよね(^ω^)

手作りの指輪だからこそ着け心地にこだわります
指輪の内側(中側)を丸く削る事で優しくなります

指が楽に感じる形状(ストレスを感じない形状)は
楕円形なんですよ。角を落として楕円形に削ります。

気になる指輪のリフォーム価格は
持ち込んだ古い指輪の重さで決定
プラチナが重ければ安く作れます

持ち込んだ下地金(リングやネックレスなどの地金)
が多ければ、もし地金が余っても工賃として使えます

ですので、安く指輪をリフォームしたいなと思ったら
使わなくなった指輪やネックレスがあればお得ですよ

もちろん下地金がなくてもリフォームは可能ですので
まずはお気軽にご相談を頂ければと思います(^ω^)

フルエタニティリングの仕上げ作業

ヤスリやタガネや先端工具を使った彫金は終了です
フルエタニティリングがほぼ完成しました(*´ω`*)

彫金作業をバリバリとしましたので小傷だらけです
次はエタニティリングの仕上げ作業に進んでいきます
まず最初は、小傷を消していく傷消し作業になります

耐水性の紙ヤスリを使って傷を取り除きます
※番号でいうと400番~600番がお勧めです

耐水性なので水を含ませながら擦ると、研磨砂と水が
混ざり合って傷の奥まで浸透して消えやすくなります。

シリコンポインターで滑らかに

耐水性の紙ヤスリで擦ると毛のような細い線が出ます
これは紙ヤスリで擦った時に現れる跡なので消します
シリコンポインターという「研磨ゴム」で仕上げます

シリコンポインターの形は様々あるんですよ~
指輪のデザインの凹凸や形状によって選んで使います

鉄ヤスリで削った傷を、紙ヤスリで綺麗に消していき
紙ヤスリで擦った小傷をシリコンポインターで消します
このような手順でプラチナリングは光っていくんですよ。

ルース周りも綺麗に仕上げる

フルエタニティリングの隅済みまで仕上げていきます
極端な話ですが、爪の1つ1つまで徹底して磨きます
爪が輝けばダイヤモンドも輝きを増すという事なんです

ダイヤモンドは透明度が高くて反射する宝石です
球体の爪が輝けばダイヤに写って相乗効果で光輝きます

細かい隅々まで綺麗に磨いていくと完成度が変わります
どんな細かい部分でも妥協しないで磨いていきましょう。

ヘラ掛け(ヘラ磨き)

ヘラ棒という道具を使って鏡面を仕上げていきます
シリコンポインターでは、艶のある光沢までのみです

光沢以上の輝き、鏡のように反射して映り込むには
ヘラ掛けという磨き作業で極限まで仕上げるんですね

やり方としては、磨きたいリングの面にヘラ棒を当て
表面をヘラ棒で強く押し当てて潰していく感じです
潰れた面は締まって、鏡のように反射をするんですね。

バフ掛け(バフ磨き)

ヘラ掛けでプラチナリングを鏡面に仕上げたら
最期にバフという磨き布でとことん磨き上げます

バフの大きさは小さいタイプから大きいタイプまで
何パターンもありますが、共通点は高速回転で磨く!

高速回転で回転している円盤型の布で磨き上げます
鏡面の反射度が増してプラチナ特有の深い輝きが出ます。

プラチナ・フルエタニティリングが完成
28ピースのダイヤがグラデーションで
月形デザインのリング全面に入りました!

お預かりしたエタニティリングのダイヤモンドが
きっちりと全て指輪に埋め込む事が出来ました!

大きさが違うダイヤモンドを1つ1つ大きさを合わせ
綺麗なグラデーションになるようにしたエタニティです

フルエタニティリングですので、全面ダイヤモンド
トップ側は大きいダイヤモンドで、下にいくに従って
小さいダイヤモンドになるのでバランスもバッチリです!

フルエタニティリングの枠は、以前のように凸凹はなく
ダイヤモンドの大きさに合わせて作った月形タイプです
フラットな真っ直ぐなフォルムなので着け心地抜群です

そして、縁でフルエタニティリングのルースを上下で
挟むように囲んであるので、爪に引っかかる心配もなく
ダイヤモンドが外れる可能性がほとんどありません!

縁の方がダイヤモンドよりも若干ですが高くなっている
ので、ダイヤモンドと爪を守る事が可能になるんですね
指への当たりも縁がある事で、着け心地が良くなります。

手作りフルエタニティリングの詳細です

エタニティリングのメインとなるダイヤモンドは
1番大きいサイズのダイヤモンドは直径2.6ミリ
1番小さいサイズのダイヤモンドの直径は1.6ミリ
0.1ミリ単位で全部で28ピースあります

フルエタニティリングの幅は、1番広い所(上側)で
4ミリあり、1番狭い所(下側)で3.5ミリあります

フルエタニティリングを動画で撮りました
色々な角度から撮影しましたのでご覧ください

記事の最後は、フルエタニティリングのリフォームの
ご依頼をいただいた愛知県のT様から頂いたメールの
お手紙をご紹介させて終わりとさせて頂きます(^ω^)
ご依頼をいただきまして誠にありがとう御座いました!

=================================
ジュエリーコウキ 池田さま
こんにちは 届きました!届きました!!
もう本当にすごいです!
比べたらいけないけど重みも仕上がりも滑らかさも全然違います。
お願いして良かった~~(ノ_<。) 嬉しいd=(^o^)=b.:*:・’°☆

一張羅になってしまいました!大事にします。
ホントにホントにありがとうございました。
しつこいですね。でもホントに嬉しいんです!
また何かの時はよろしくお願いします。
これからも素敵なお仕事頑張って下さい(^人^)
=================================

 

=================================
指輪作りの制作日記をご覧頂いて、工程に納得をしてから
私の結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
真心をこめて1つ1つ手作りをする本物の結婚指輪ですよ

お気軽にお問い合わせOKですよ(^ω^)
こちらの「お問い合わせ」もしくはメールで
j_kouki_ring@yahoo.co.jp までお願い致します。

結婚指輪の一覧です → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧
==================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA