5月の誕生石・守護石「エメラルド」の婚約指輪・エンゲージリングを手作り

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもご観覧を頂きありがとう御座います
新潟県長岡市の宝石店で、結婚指輪を手作りで
制作しているジュエリーコウキの2代目、池田です

本日は5月の誕生石(守護石)エメラルドを使った
エンゲージリング(婚約指輪)をご紹介いたします

エメラルド(ルース)とプラチナを仕入れて
私がハンドメイドで造り上げる匠の婚約指輪です
今回の指輪作りも一輪入魂の精神で造り上げます!

 

使用するエメラルドです

とっても綺麗なグリーンの緑色が印象的です
しかもルースの透明度も抜群で凄く綺麗な色石です

いつもお世話になっている地元のメーカーさんから
カットをして頂いて、仕入れさせて頂いたルースです
本当に綺麗な石を提供して頂いてありがとう御座います

5月の誕生石は他にも翡翠(ヒスイ)がありますが
お客様が翡翠よりもエメラルドがタイプという事で
エメラルドの綺麗で上質なルースを仕入れました(^ω^)

DSCN2701

ほとんど正方形の四角いエメラルドを使用

エメラルドにも様々な形とカットがありますが、
やっぱり代表的な四角形でエメラルドカットが王道です

このエメラルドは角があるので完全なエメラルドカット
ではなくプリンセスカットに近いと思いますね(*´Д`)

そして四角形のエメラルドカットには長方形が多いですが
しかし今回、使用するエメラルドは珍しい正四角形です♪
こちらのルースでエンゲージリングを手作で制作します。

 

 

エメラルドのエンゲージリングの作り方です

まず当店で、婚約指輪に限らず指輪を作る時は全部
プラチナを溶解(ようかい)して金槌で叩いて鍛える
鍛金(たんきん)という鍛造(たんぞう)で造り上げます

私がプラチナを溶かした塊の状態から1つ1つ手を加えて
指輪の形に造りあげる完全ハンドメイドの婚約指輪です!

DSCN2497

手作りジュエリーと聞くと金額が高いと思われがちですが
当店では一般的に他店で販売されている普通の既製品より
かなり値段を抑えて安くお客様へ提供するようにしてます

これは一貫して手作りで造り上げる当店だからこその特典
理由は「厳選した素材を仕入れて私が全部手で作るから」
本当に簡単な理由ですが、それで価格を安く出来るんです

物によっては一般的な既製品よりも半額くらいですね
なので当店に限っては手作りは絶対に安いですよ(*´Д`)
ただ、私と父の2人体制なので完成まで時間がかかります
それだけがデメリットですが他はメリットが圧倒してます

DSCN2502

鍛造(たんぞう)の指輪はメリットだらけ

確かに制作に時間は時間はかかりますが(数週間です)
プラチナやゴールドなどの地金を金槌で叩いて叩いて
炎で焼いての繰り返しで鍛え上げる手法なので地金の
粘り強さや強度が既製品とは圧倒的に違いますね(^ω^)

DSCN2504

一般的なショップで販売されている指輪は鋳造(ちゅうぞう)
という予め作られた指輪の型に溶かした地金を流し込むだけ
で大量生産されます。鍛造とは全く異なる造り方なんですよ。

皇妃-リング制作(タタキ)

鍛造を鍛冶とも呼びますが、今まで見て頂いた鍛冶の流れで
叩きながら地金を成形していきながら指輪の形にするんです

溶かして丸い塊だったプラチナを妥協せず鍛えながら
成形していき、ここまでの形に造りあげるんですよね
指輪の種類やデザインによって成形する形は違ってきます。

DSCN2522

写真は月形(つきがた)と呼ばれる指輪の形

板の真ん中の地金が肉厚で幅が広くなっており、下にいくと
地金の厚みが薄くなっていき幅も狭くなっていく形なんです

この形の板を丸めていくと月形というリングの形になります
この形にする理由はエメラルドが綺麗に入る為なんですよね
作業が進むにつれて「こういう事か」と分かると思いますw

DSCN2524

指輪の他にも細かい部品を作っていきます

今までの鍛冶作業の写真では指輪を作っている場面ですが
他にもエメラルドが入る枠や、エメラルドを留める爪を
作らなければなりませんので細かい部品類も作っていきます

エメラルドをより魅せる為にエンゲージリングのデザインは
とってもシンプルな平打ちタイプなのですが、リングより
ルースが落ち着く枠に手間がかかるんですよね(小さい部品)

DSCN2696

エメラルドが入る石枠作り

ルース(宝石)が入る部分の枠を作る事を石枠作りと呼びます
今回はエメラルドの石枠作りですが、他の宝石でも同じように
宝石が石枠にピッタリとはまるように作っていきます(^ω^)

石枠から宝石がはみでると、爪で留めるときに不具合がでます
逆に石枠よりも宝石が小さいと、見た目で枠が見えて格好悪い
という事と、やっぱり爪で留めた時に緩くて不具合が出ます

石枠を作る時のポイントはルース(宝石)の全面のサイズと
石枠が隙間なくピッタリと入り込むのが1番良いという事です
石のサイズだけでなく宝石の肉厚と角度も揃えながら整えます。

DSCN2697

エメラルドの石枠が完成!

エメラルドのサイズ(幅や高さや角度)に合う石枠を作ったら
四角形になる石枠の4つの角に爪をロウ付け(溶接)をします

4本の爪の写真を良く見ると分かるかと思いますが、爪には
三角の溝が入っているんです。この溝にエメラルドの角が
ピッタリと入ってエメラルドが落ち着くんですね(^ω^)

DSCN2702

本当はもっと細かく写真を撮って部品作りを塊の段階から
順番に説明したいのですが時間がなくて諦めました(;´Д`)

どうしても部品作りは細かい工程が凄く多くなるので・・・
今度、時間のある時にでも紹介しますので今回はすみません

DSCN2698

石枠の次は腕(リング側)を制作します

先程、プラチナで月形のリングのベースを制作しましたが
そちらをヤスリで削っての彫金作業で形にしていきます

石枠と腕(リング)のバランスも重要なので整えていきます
ちなみにリングの形は角を落としたタイプのデザインです。

DSCN2700

段階的に指輪の角を削り落としながら角度を調整

角を落とし過ぎると甲丸っぽくなってしまいますし平過ぎても
平打ちの変わらなくなるのでバランスよく角と全体を削ります

大きな色石を使用する指輪は、婚約指輪に限らずどの指輪
でもトップが大きくなるので全体のバランスを重視しましょう

DSCN2703

石枠とリングをロウ付け(溶接)をします

石枠とリングを丁寧に仕上げたら溶接をして一体化にします
石枠とリングに隙間が生じないようにピッタリと合わせます

少しでも隙間があると上から見た時に石枠が曲がって見えたり
指輪を横から見た時に石枠が沈んだり傾いたりとなりますので
ロウ付けをする前に、少しでも狂いがないか確かめましょう!

DSCN2704

エメラルドのエンゲージリングを仕上げます

ロウ付け(溶接)が完了すればエンゲージリングのベースの
完成となります! ほとんど完成したような形に見えますが
まだまだこれから仕上げていく作業が沢山あります(*´Д`)

まずは婚約指輪の着け心地を良くする為に、
婚約指輪の内側を丸く削って滑らかにしていきます。

DSCN2705

石枠と指輪を同じように丸く削る事がコツとなります
ほとんどの人の指の形に合う形が「楕円形」なんです

指輪の内側が丸すぎると、指と指輪が密着する面積が
少なすぎて緩く感じますし、平すぎても密着度が強すぎて
違和感(きつく感じて)ストレスを感じてしまうんです

仕事柄、お客様のたくさんの指の形を23年以上も見て
きましたが、楕円形にする事が指に1番フィットします!

DSCN2706

サンドペーパーでプラチナを仕上げます

ヤスリでの彫金作業が続いていたので小傷があります
耐水性のサンドペーパーでプラチナリングの全面を
丁寧に擦って小傷を消しながら仕上げていくのですが
水を含ませながら擦ると砂が小傷に入るので効率アップ

小傷をきっちりと消しておかないと磨きの時に困るので
目に見える小傷は紙ヤスリでキッチリと消す事が大事です
プラチナリングの全面が真っ白になると小傷も減ってます

DSCN2707

研磨ゴム(シリコンポインター)で仕上げる

ペン型のリューター機という工具の先端にバーを設置
シリコンポインターのバーですが形が様々あるんです
指輪の形やデザインに合わせて使っていくんですよね

写真のようなバーが高速回転によって回って磨きます
紙ヤスリの跡や超小さい傷を取り除いて磨いていきます

研磨ゴムにも色んな形があるとお伝えしましたが
ゴムの形以外にもゴムの性質もあるので(硬さや研磨度)
シリコンポインターを変えながら磨く事が必要ですね

DSCN2708

ヘラがけ(ヘラ磨き)

この磨き工程が光沢(鏡面)を作るうえで
1番重要だと自分は思っております!
ヘラ磨きなしに光沢は語れないとまで思っていますw

昔から続く地道な磨き作業の「ヘラがけ」なんですが
今も昔もこのヘラ磨きがあるという事は後世に残すべき
これこそ磨き作業だと私は思っております\(^o^)/

 

磨き方(やり方)はいたってシンプルです

ヘラ棒という棒をプラチナリングに強くおしつけて
プラチナの面を潰すようにしながら磨いていくんです

シンプルな手法ですが、めちゃくちゃ難しい作業です!
潰すだけでは光らなく押し付けるだけでも光りません
指輪に鏡面を生むという事は本当に大変なんですよね

今の時代、機械も優れていますのでヘラ磨きナシでも
指輪に鏡面を出す事は可能ですが、手でしっかりと
磨いたヘラ磨きの奥深い輝きは別格だと思います(*´Д`)

DSCN2710

バフ仕上げ

ヘラがけでプラチナにピッカピカの光沢(鏡面)が出たら
「バフ」という磨き布でプラチナの全面を磨きます(*´Д`)

基本的にバフは円盤型の布が高速回転をして磨く道具です
バフの大きさやパワーには何種類もあるので用途によって
使い分けながらプラチナ全面をガッツリと磨いていきます!

DSCN2749

エメラルドの石留め

バフで磨くと細かい布や磨き油が指輪に付着しています
その状態の婚約指輪を超音波洗浄機で洗い流せばOK!

磨き上げたピッカピカの婚約指輪にエメラルドを留めます
宝石などのルースを石枠や指輪に留める事を「石留め」と呼びます

DSCN2712

タガネという工具や石留め用の鋼の棒で石留めをします
爪をゆっくりと寝かしながらエメラルドを固定して留めます

エメラルドに限らず角がある宝石は、角が弱いので注意!
爪を思い切り寝かしたりすると宝石の角が折れたり割れたり
取り返しのつかない事になるので細心の注意をしましょう

無事に爪を4本寝かせたとしても安心は出来ません!
爪の角度や位置によって爪のせいでメインのエメラルドが
曲がって見えたりするのでキッチリと計りながら留めます
そして寝かせた爪を精密ヤスリで整えれば完成です(^ω^)

DSCN2713

エメラルドの婚約指輪が完成!

真正面からエメラルドの位置と爪の位置、形を見て下さい
指輪と枠とのバランスもすべて計算された婚約指輪です!

少しでも爪が曲がっていたり、少しでもエメラルドの石枠が
曲がったりするだけで全体のバランスが崩れるという事です
写真のように目で見ても定規で計っても同じなのがベスト!

DSCN2717

枠造りにもこだわりましたがメインの宝石
エメラルドもめっちゃ綺麗でしょ(*´Д`)

傷もなく、汚れもなく、ムラもなく透明感も抜群!
カットも綺麗だし緑色も濃いし上質なエメラルドです

エメラルドは傷がつきやすいデリケートな宝石なので
緊張しましたが素敵な婚約指輪を制作させて頂きました
ご依頼を頂きまして誠にありがとう御座いました<(_ _)>

エメラルドリングの制作記事は以上になります
記事をご覧頂きましてありがとう御座いました!
次回の記事は結婚指輪の制作工程の予定です(^ω^)

 

こだわりの制作記事をご覧頂いて、制作工程に納得をしてから
私の作る結婚指輪をご購入して頂けると作り手として幸せです
結婚指輪の一覧はコチラ → ジュエリーコウキ 結婚指輪の一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA