ハーフエタニティリング 作り方を徹底解説~変形しにくい鍛造エタニティリング

鍛造リングの専門店、ジュエリーコウキです
当店2代目の私が指輪を手作りしております

鍛造(たんぞう)とは、リングの素材となる地金を
ハンマーで叩いて炎で焼いての鍛冶作業で鍛えます
鍛えて造るリングという事で”鍛造リング”といいます

手作りの中でも最高峰の製法、それが鍛造になります
鍛造は昔から受け継がれた日本の伝統技法となります

師匠から弟子へと受け継がれて長く続いていますので
鍛造を極めた職人はごく一部しかいないという事です
私、池田も師匠から受け継いで鍛造リングを作ります

前回の記事で鍛造リングの仕組みと魅力を書きました
おさらいをするとエタニティリングの素材、プラチナ
を金槌で叩いて鍛えてプラチナの密度を上げるんです

前回の制作風景はこちら→鍛造でエタニティリングを作る

エタニティリング 作家

変形しにくいハーフエタニティリングの作り方
なぜ指輪は変形するのか?その以外な理由とは

密度が増したプラチナでハーフエタニティリングを
作ると強度が強く丈夫になって変形がしにくいんです
密度が増すという事はプラチナが詰まっているんです

エタニティリング(ハーフも含む)が変形する理由は
とっても簡単な理由なのですが、エタニティリングは
ダイヤモンドなどのルースが並んでいっぱい入ります

という事は、ルースを埋め込む石枠(台座)が必要で
それに合わせてルースを留める爪もたくさん必要です
その分を彫りますので空間が沢山あって弱いという事

変形しやすいとルースも外れやすくなりますので
変形がしにくいエタニティリングは本当にお勧め!

続きを読む

鍛造で作る強いエタニティリング~大きなダイヤを1つ加えて婚約指輪と兼用

鍛造エタニティリングの専門店・ジュエリーコウキ
当店2代目の私、池田が手作りで指輪を制作します

鍛造(たんぞう)とは指輪の素材を鍛えて造る製法です
素材がプラチナならプラチナを鍛えてリングを作ります

昔から受け継がれた日本の伝統技法で僅かな専門店のみ
後ほど鍛造の仕組みを詳しく記事に書きたいと思います

ジュエリーコウキは新潟の長岡にある小さな宝石店です
私と父の2人で鍛造の伝統技法を守り作り続けています

おかげ様で鍛造リングのご依頼を全国各地のお客様から
たくさん頂いております。本当にありがとうございます

 

手作り限定 鍛造エタニティリング 作り方

今回の記事はエタニティリングの作り方をお伝えします
他では滅多に見れない伝統技法でリングを作りますので
エタニティリングの制作工程を楽しんで下さい(^ω^)

これから手作りをするエタニティリングの詳細ですが
エタニティリングの3分の2にダイヤモンドが入ります

一般的にリングの表面全体に同じ大きさのダイヤモンド
が繋がって入る指輪の事をフルエタニティリングと言い
半分にダイヤモンドが入る事をハーフエタニティリング

これからご紹介をするエタニティリングは指輪全体面の
3分の2に入るのでハーフエタニティリングになります

そして普通のハーフエタニティリングと違う所があって
ハーフエタニティリングのトップに大きなダイヤが1つ
入って婚約指輪と兼用ができるデザインなんです(^ω^)

説明だけではイメージが難しいので、完成したこちらの
エタニティリングと婚約指輪の兼用リングをご覧下さい

婚約指輪とエタニティリング 兼用

婚約指輪とエタニティリングが綺麗に融合

指輪のセンタートップには大きなダイヤモンドを使って
この大きなダイヤを挟むように両サイドに小さいダイヤ

大きいダイヤモンドも小さいメレダイヤも質が良いので
ピカピカに光ってダイヤモンドの輝きが繋がっています

ダイヤの質を合わせる事で(透明度やカラーやカット)
大きさが違っても違和感なく同じベースで使えるんです

こちらのハーフエタニティリングが出来上がるまでの
作業工程を詳しく書きますので最後までご覧下さいませ

 

続きを読む