ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ハンドメイド結婚指輪の作り方!意外と知られていない作り方を解説

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、埼玉県Y様から投稿を頂いたエピソードです

ハンドメイドの結婚指輪に魅力を感じて選んだそうです
二人でハンドメイドで結婚指輪を作ったエピソードです。

※ジュエリーコウキで作った結婚指輪ではございません

ここで指輪を作っている私がプロとしてハンドメイドの
指輪の製法や流れを解説しますが多くの方は知らないと
思いますがハンドメイドは大きく分けて2つあるんです。

それは鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)があって
これからお話しをする埼玉県Y様は鋳造のハンドメイド。

鋳造はロウ材を削って指輪の原型の型を作るという方法
作った指輪の原型に溶かした地金を流して作る製法です
柔らかいロウ材を削るので未経験者でも作れる製法です。

鍛造は当店ジュエリーコウキの私、池田が作る製法です
日本伝統技法で地金そのものを鍛冶で鍛錬して作る製法
昔からの技術を継承した宝飾職人しか作れない伝統技術。

ハンドメイドでも鋳造と鍛造がありますが世の中にある
ほとんどのハンドメイドが鋳造ということになるんです。

鍛造は全国でも極一部の宝飾職人しか作れないんですね
記事の最後に鋳造と鍛造の違いを詳しく説明を致します。

それでは埼玉県Y様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【ハンドメイドで結婚指輪を作る流れ】

 

投稿者 埼玉県Y様

 

私たちの結婚指輪はハンドメイドで作製しました。

既製品の結婚指輪でもよかったのですが、
せっかく着けるものだから、
愛着がわくものがいいなと思っていて、

結婚指輪を製作できる工房があったので、
夫婦で出かけて作製しました。

初めに指輪作製の流れがスタッフの方から説明があり、
その後に結婚指輪の素材選びや指のサイズの計測、

結婚指輪に埋める石などを決めて、
実際に制作開始といった流れでした。

 

【結婚指輪の素材を決める所からスタート】

結婚指輪のデザインや素材など
何も決めないまま工房に行ったので、
スタッフさんとの打ち合わせで色々悩みました。

結婚指輪の素材に関しては、
プラチナとピンクゴールドで悩みましたが、

プラチナは傷や汚れなどにも強いということで、
結婚指輪の素材はプラチナに決めました。

指輪に埋める石は、小ぶりのダイヤモンドと
指輪の裏に夫婦のそれぞれの誕生石を入れました。

 

ハンドメイドの結婚指輪の
製法は鋳造という原型作り

結婚指輪の製作はまず、
指輪の型を作るところから始まりました。

この型がのちに金属をこの型に流して、
指輪が完成ということになります。

指輪の型はロウのようなものを指のサイズに合わせて
削って指輪の丸みができるように削っていきます。

なかなかこの作業が難しくて、
削りすぎると型が割れてしまったりして、
2人で集中しながら作製していました。

削る道具は彫刻刀のようなもので、
2人で学校の美術の授業みたいだなんて
話しながら作業していました。

スタッフさんも常にそばにいてくれるので、
時折削っている途中過程を見ながら、
アドバイスをくれるので大変助かりました。

(さらに…)

【甲丸-こうまる】つるんと肌に馴染む指輪!邪魔にならない結婚指輪

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、東京都N様から投稿を頂いたエピソードです

ご投稿をして頂いた方のご両親は結婚指輪に傷が付く
のが勿体なくてたまにしか指輪を付けなかったそうで、

そんなご両親の姿を小さい頃から見ていて自分が結婚
したら結婚指輪は毎日着けていたいと思ったそうです。

そして自分の結婚が決まった時に毎日着けられる邪魔
にならない肌に馴染む指輪を探したというエピソード
結果、甲丸(こうまる)という指輪に決めたそうです。

それでは東京都N様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【シンプルで肌馴染みのいい丸い結婚指輪】

 

投稿者 東京都N様

 

私たちが購入した結婚指輪は
素材はプラチナでこだわりましたが、

デザインはいたってシンプルで、つるんとしていて、
表面にダイヤなどの装飾がないものです。

また、肌馴染みも良く、
つけていて邪魔だなと思うことなく、
とてもつけ心地の良いリングです。

色々なジュエリーブランドを見て歩いて、
接客を受けたのちに、昔から憧れていた
ブランドの結婚指輪に決めました。

私の両親は結婚当時に結婚指輪を買ったのですけど、
「高価なものだから普段からつけて、傷がついたら嫌だ」

と日常で全くつけていないのを小さい頃から見ていたので、
私は結婚指輪は毎日ずっとつけていたいと思っていました。

 

【毎日できる邪魔にならない指輪】

なので指輪に傷がついてもその傷ですら美しく、
デザインだと思えるようなつるんとした表面で、

普段の家事においても邪魔にならず、
洋服などにもひっかかりのないような指輪を選びました。

シンプルなデザインの結婚指輪なので、
プライベートでもビジネスシーンでもつけやすいですし、
どのような服装にも合うのでとても満足しています。

プライベートですこしおしゃれをしたい時は、
ダイヤのついている婚約指輪を重ね付けしたり、
ほかのアクセサリーをつけています。

結婚指輪がシンプルなので、
ほかのアクセサリーともうまく馴染むので、
非常に満足しています。

結婚して3年になりますが、
毎日指輪は付けっ放しにしていて、

今まで結婚指輪を外したのは手術の時や
大掃除の時くらいで、そのほかはずっとつけています。

指輪 こうまる

指輪の傷は夫婦の絆の証!
傷も指輪のデザインのうち

もちろん結婚指輪の表面には
大小の様々な傷がついてしまっています。

せっかく高い結婚指輪を買ったのに
もう傷がついてしまったと初めて大きな傷が
ついたときは少し残念な思いもありましたが、

結婚指輪の表面に傷が増えれば増えるほど、
二人の結婚生活が長く続いている証しだと今では考えていて、
結婚指輪に傷がつくこともデザインのうちと考えています。

結婚指輪は同じデザインの
ペアリングを選ぶ方が多いと思いますが、

旦那と私の結婚指輪は実は
同じデザインのペアリングではありません。

同じブランドで同じ素材のプラチナで選び、
結婚指輪を購入したのですが、
デザインはお互いに好きなものを選びました。

(さらに…)

【Pt999】プラチナ999の結婚指輪は金属アレルギーを起こしにくい!

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、埼玉県K様から投稿を頂いたエピソードです

こちらの方の結婚指輪は、鍛造の結婚指輪だそうです
そして結婚指輪の素材は純度が高いプラチナのPt999

当店も鍛造メインのジュエリーショップになりますが
当店のエピソードではなくて他店のお話しになります。

本物の鍛造という製法は日本伝統技法で全国の中でも
かなり限られる本当に数少ない専門店になりますので
他店での鍛造という製法がどんなものか気になりますw

※本物の鍛造は鍛冶作業で1つ1つ手作りしています
機械で地金を圧縮するプレス製法とは全く異なります

それでは埼玉県K様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【Pt999の結婚指輪の意味は「純粋な愛」】

 

投稿者 埼玉県K様

 

私が選んだ結婚指輪は
某万年筆メーカーが製造しているものです。

万年筆ならではの貴金属合金の製造技術、
高度な加工技術をアクセサリーに応用し、
つけ心地と耐久性を追及しています。

結婚指輪というといくつもの有名な
ブライダルジュエリーがあります。

しかし購入するまで万年筆メーカーが作っている
結婚指輪があることは全く知りませんでした
意外性がありそれだけで話題になります。

万年筆メーカーの結婚指輪を選んだことで
特別感がさらに増し優越感さえ感じました。

私が選んだ指輪は5年間のサイズ交換
無料保証付きのアフターサービスを備えています。

またこのブランドは自社一貫生産と
販売体制を用いています。

そのため相場価格を大きく下回る
価格を提供しています。

コストはかなりかかっているにも関わらず
どの指輪も決して高すぎないのはとても魅力的です。

 

【婚約指輪と結婚指輪の重ね付け】

婚約指輪はすでに購入済みでした
婚約指輪は緩やかなカーブを描いたデザインでした
私はそれと重ね付けしたいと考えていました。

よって結婚指輪は違和感のないとても
シンプルなデザインの指輪を探していました。

それに加え存在感のあるものでかつ
ダイヤモンドは可能な限り多いものを希望していました。

結婚指輪のポイントは
価格とデザインを重視

価格はなるべく抑えたかったので
予算は15万円までがギリギリでした。

予算とデザイン以外は
強いこだわりを持っていませんでした。

自分の希望にあった結婚指輪であれば
ブランドはどこのものでもいいと考えていました。

 

(さらに…)

和を極めた結婚指輪が超絶美しい!強靭な鍛造の指輪&力強い和彫り桜

鍛造の結婚指輪の専門店ジュエリーコウキです
自社工房で1つ1つ鍛造で指輪を手作りします

鍛造(たんぞう)という製法は日本の伝統技法の1つ
鍛えて造るという意味で鍛錬しながら指輪を作ります。

この技術は昔から受け継がれてきた日本の伝統技術で
代々鍛造技術を継承してきた宝飾職人しか作れません。

近年、鍛造という製法が注目されて鍛造の結婚指輪が
増えてきましたがほとんどは鍛造ではなく鍛造風です
鍛造に似せて作る鍛造風は本物の鍛造と全く違います。

ちなみに本物の鍛造で手作りをした結婚指輪は全体の
結婚指輪の1%未満しか存在しない特別なリングです
当店は全国でも数少ない本物の鍛造リング専門店です。

ジュエリーコウキ

こんにちは (*´Д`)

アラフィフに足を踏み入れた宝飾職人の池田と申しますw
当店ジュエリーコウキの二代目で宝飾職人歴28年です。

私、池田が師匠である父から代々受け継がれてきた鍛造
という技術を継承して工房で1つ1つ手作りしています。

鍛造とは画像のように金槌で地金を叩いて鍛える鍛冶で
手間をかけながら指輪を手作りしていくという製法です。

鍛冶で鍛錬をされた指輪は、密度が増して強靭な指輪に
育ちますので変形や歪みや傷や衝撃に耐えられるんです
鍛えて造る指輪という意味で「鍛造リング」と言います。

 

【結婚指輪は和風にこだわりたい】

群馬県M様のご依頼で和風の結婚指輪を手作りしました

和風にこだわりたい!和を感じられる結婚指輪をしたい!
日本人という誇りが持てる結婚指輪を一生身に着けたい!

ということで和風というより正真正銘の和を取り入れた
ザ日本を感じられる結婚指輪を作らせていただきました。

私は日本伝統技法の鍛造を継承している数少ない職人で
それだけでも和を代表できるのですが更に和を追求して
和彫りの彫金桜、日本伝統模様の槌目も取り入れました。

日本伝統技術=和の技術を集結した究極の結婚指輪です
まずは完成した和の技術で作った結婚指輪をご覧下さい!

結婚指輪 和彫り 桜

【和彫り 結婚指輪】

まず1つ目の「和」それは、和彫り(わぼり)です
和彫りを継承した彫り職人が手作業で彫っていきます。

白く艶消しを施したプラチナリングの表面に彫ります
鏡面に光ったプラチナリングにも彫る事ができますが
艶消しにする事で彫ったラインが輝いて引き立ちます。

彫り線は、深い部分、浅い部分、太い部分、細い部分、
彫ったラインに強弱を入れる事で躍動感が出るんです
まるで白い紙に墨で描いた水墨画のようになるんです!

和彫りで彫ったモチーフは「桜」日本を代表する花で
桜の花びら、桜の葉、桜の枝など、まるで風景画です。

結婚指輪 和風

【和の槌目 結婚指輪】

そして2つ目の「和」それは、槌目(つちめ)です
槌目とは槌で打つ目という意味で金槌で打つ模様です
槌目模様は日本伝統技法で日本伝統模様でもあります。

今回の和の結婚指輪のデザインは和彫り桜なのですが
リング3分の2に和彫り桜が彫り込まれていて残りの
リング3分の1に槌目模様が打ち込まれているんです。

画像を見て頂けると分かるのですが、和彫りと槌目が
融合しているデザインで難易度が物凄く高くなります。

指輪の表面に和彫り桜を彫って、指輪の反対側の下に
なる部分に槌目を打ち込むので傷が付きにくいんです
槌目模様は金槌で打つ模様なので頑丈になるんですね。

鍛冶

【和の製法、鍛造の結婚指輪】

そして3つ目の「和」それは、鍛造(たんぞう)です
鍛造とは地金を鍛えて造るという意味で日本伝統技法。

後ほど画像とともに詳しくご説明をさせて頂きますが
鍛冶作業で地金を鍛錬しながら指輪を作る技法です!
上の画像の金床(かなどこ)と金槌が鍛冶の道具です。

私、池田は師匠である親父から鍛造を継承した職人です
鍛造も槌目もハイレベルなハンマリング技術で作ります
それでは日本の技術を集結して作る指輪制作のスタート!

(さらに…)

プリンセスカット-エタニティリングの弱点!ダイヤの角が欠けやすい

オーダーメイドの結婚指輪、ジュエリーコウキ
日本伝統技法の鍛造で結婚指輪を手作りします

オーダーメイドの結婚指輪は全国各地に沢山ありますが
鍛造という技術で作るオーダーメイドの結婚指輪は全国
を探してもほとんど存在しない希少価値の高い結婚指輪。

鍛造(たんぞう)という日本伝統技法でリングを作ります
鍛えて造る指輪という事で鍛造リングと言われています。

一般的なオーダーメイドといえばロウ材から指輪の原型
になる型を作って溶かした地金を型に流して作る製法や
セミオーダーのようにデザインを選ぶタイプが主流です。

しかしジュエリーコウキで二代目の私がする製法は鍛造
鍛えて造るという事から鍛冶作業で鍛錬をして作ります
鍛冶で鍛錬された指輪は密度が濃くなり頑丈になります。

 

こんにちは(゚Д゚)ノ

ジュエリーコウキ2代目で宝飾職人の池田と申します
職人歴は28年で鍛造を継承している職人の1人です。

鍛造は昔からの技術を受け継いだ宝飾職人しか作れず
全国でも鍛造を継承した宝飾職人は極めて少人数です。

市場全ての結婚指輪の中で、鍛造のオーダーメイドで
作った結婚指輪は僅か1%未満しか存在しないんです。

鍛造オーダーメイドの指輪をブログで発信しています
鍛造の制作工程や鍛造の結婚指輪をご紹介しています。

ジュエリー職人

指輪作りもブログ更新も私がしております(^-^)

結婚指輪の専門店という事で結婚指輪に関する記事を
書いていますしお客様の体験談もご紹介しております。

先輩カップルさんの結婚指輪にまつわるエピソードを
募集してブログにアップしておりますので結婚指輪に
関する為になる有益な情報を発信をするのが目的です。

先輩カップルさんの実体験を投稿して頂いているので
これから結婚指輪の購入を考えているカップルさんに
参考になるような内容だと思いますのでご覧ください。

※当店で購入されていない方の体験談を募集しました
全国各地のカップルさんの話を聞きたかったからです。

 

本日は、長崎県S様から投稿を頂いたエピソードです

プリンセスカットのフルエタニティリングに憧れてて
結婚をする時は絶対に結婚指輪はプリンセスカットの
フルエタニティリングにする!と決めていたそうです。

プリンセスカットとは四角いカットをしたルースです
一般的にはダイヤといえばラウンドブリリアントです
ラウンドブリリアントは丸い代表的なダイヤの形です。

プリンセスカットは四角形ですので角が4つあります
その4つの角が欠けやすくてデリケートなカットです。

結婚指輪は日常生活で毎日するリングになりますので
ダイヤの心配をしながらという事になってしまうので

葛藤もあると思いますが、憧れのプリンセスカットの
フルエタニティリングに決めたというエピソードです

それでは長崎県S様のエピソードをご覧くださいませ。

=================================

 

題名

【憧れプリンセスカットのエタニティリング】

 

投稿者 長崎県S様

 

私はずっとプリンセスカットの
フルエタニティリングに憧れてきました。

高校生の時にアメリカ留学していましたが、
そこのホストマザーが同じような指輪をしていたからです。

その頃から「あなたに相応しいダイヤを買ってくれるような
旦那様を見つけるのよ!ダイヤをケチるような男は結婚を
してからもケチに決まってるんだから!」とよく言われたものです。

ホストファザーはホストマザーにぞっこんで。

裕福な家庭だったというのもありますが、
誕生日やクリスマス、記念日には必ずアクセサリーを
プレゼントするような素敵なお父さんでした。

思春期の多感な時期にそんなやりとりをずっと見てきた私、
やっぱり結婚指輪にはホストマザーのような
フルエタニティリングが欲しいという憧れが
どんどん強くなっていったのです。

 

【プリンセスカットのダイヤモンド】

しかもダイヤは絶対にプリンセスカット!
ラウンドブリリアントも素敵だと思ったのですが、

丸だとどうしてもレールの間のすき間に、
ゴミやホコリが入ってしまいそうな気がしたりして。

主人との結婚が決まり、
結婚指輪選びをしようとなったタイミングで
主人が言ってくれた一言が今でも忘れられません。

「結婚指輪はエタニティリングがいいんだよね、
本当に気に入るエタニティリングを探そうね」って。

過去に私がホストマザーの話や、
ホストマザーがしていた指輪の話を何回もしてきたので、
ちゃんとその話を覚えてくれていたことに感激しました!

友達には「この年齢でフルエタニティって
贅沢じゃない?ハーフでもいいんじゃないの?」
なんて言われたりもしたのですが。

 

(さらに…)