ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

人気のピンキーリングを手作り【動画・画像あり】細い2ミリのペアリングに桜の花

手作り指輪の専門店、ジュエリーコウキです
同店2代目の私、池田が書くブログですm(__)m

いつも沢山の人にブログを見て頂いて最高です
指輪を作るという事に興味を持っている方々が
結構いらっしゃるんだな~と嬉しく思います!

指輪作りの工程を楽しみにしている人の為にも
指輪作りの様子を詳しく書いていきますね(^ω^)
本日も記事の最後までよろしくお願いいたします

細いピンキーリングをペアで作ります
素材はプラチナ・指輪の太さは2ミリ
桜の打ち出し模様でマット仕上げです

このような珍しいピンキーリングを手作りします
すでに完成しておりますので先に完成した指輪を
ご覧ください(デザインを分かって頂きたいので)

2ミリという細いペアのプラチナリングですが
しっかりとした造りになっているのが分かります
2ミリという細さを感じさせない強さを感じますね

何故かというと鍛造という技法で、しっかりと作り
槌目と桜の打ち出しが力強さを増して魅せる為です
こちらの指輪が完成するまで楽しみにご覧ください!

 

(さらに…)

祖父の形見の指輪をリフォーム・リメイク【K18リング】おじいちゃんの金の指輪が結婚指輪に

本日は指輪のリフォーム&リメイクの記事です
おじいちゃんから譲り受けた大切な金の指輪を
お孫様がリフォームで結婚指輪に作り替えます

 

いつも当店のブログをご覧いただきまして
誠にありがとう御座います(^ω^)
株式会社ジュエリーコウキの二代目、池田です

普段は手作りの結婚指輪の制作工程を記事にして
おりますが、今回も結婚指輪なのですが少し工程が
違ってリフォーム(作り替え)という形で進みます

ご依頼を頂いたお客様は山形県のお客様です
新潟で田舎の小さい宝石店の当店を見つけて頂いて
本当にありがとう御座いました。精一杯頑張ります!

 

まず、お預かりをした大切なおじいちゃんの指輪は
素材がk18イエローゴールドで幅広の平打ちリング
1本なんですが幅広&肉厚で総重量が約19gです

こちらの金の指輪を溶かして2本の指輪を作ります
デザインは同じようにシンプルな平打ちリングです

イメージでいうと、おじいさんの指輪が細くなって
2本になった感じです(同じ形が理想ですので)
おじいちゃんの指輪が結婚指輪に生まれ変わります!
とっても感動的な結婚指輪ですよね(ノД`)・゜・。

18金リングの熔解(ようかい)

おじいさんの平打ちリングを溶かす所から始まります
地金を溶かす作業の事を溶解(ようかい)と言います
それではリメイク作業の様子をお伝え致します(^ω^)

 

(さらに…)

お揃いのペンダント ヘッド【ペア・ネックレスを手作り】桜の花に天然ピンクダイヤ

手作りジュエリー専門店、ジュエリーコウキです
本日は、ペンダント トップをペアで手作りします
ペアのペンダントネックレスという事です(^ω^)

当店のメイン商品は、手作りの結婚指輪ですが
結婚指輪の代わりにペアでペンダントを付ける
というご夫婦さんも昔より増えてきていますね

もちろん結婚をするカップルさんではなくても、
恋人同士でペアのペンダントのご注文も頂きます

色々な理由がありますが、1番はペアリングや
結婚指輪が何かしらの理由で出来ないという理由
仕事柄できない、アレルギーで出来ないなどなど。

 

今回ご依頼を頂いたペアのペンダントトップは
ご夫婦で、結婚指輪の代わりという事でご依頼を
承りました<(_ _)>ご注文を頂きありがとう御座います

ペンダントのデザインは桜の花です
花の中心に天然のピンクダイヤを使用
結婚指輪の変わりになるネックレスです

ペンダントの素材はプラチナです(白金とも言う)
結婚指輪で1番多く使われている素材なんですよ

素材が色あせない事から永遠のLOVEを感じますし
ウエディングジュエリーとして縁起のよい素材です

鍛造(たんぞう)彫金(ちょうきん)という技術で
1つ1つ手作業で作るので完成度は高いです(^ω^)
すでに完成しておりますので写真をご覧くださいね。

ペンダント チェーンもペアです

ペンダントトップに使われているチェーンもプラチナ
長さは男性が50センチ、女性が40センチです
さすがにネックレスは手作りではなくて出来合いです

手作りをしたペンダント トップはペアで同じ桜の形
女性には、天然のピンクダイヤモンドが花の中心に
男性の方には一般的な透明のダイヤを使っております

こちらのペア ペンダントが完成するまでの工程です
いつもの指輪作りの工程と違うので面白いと思います。

 

(さらに…)

マット 結婚指輪【艶消しの中に輝くライン・インフィニティ】ウェーブ 結婚指輪

ご紹介する手作り結婚指輪のデザインは
マット仕上げのインフィニティリング
ウェーブのラインだけが光沢に輝きます

本日もジュエリーコウキの手作り結婚指輪の
記事をご覧頂いて誠にありがとう御座います
2代目の池田です、よろしくお願い致します。

一昔前はピッカピカの光沢(鏡面)仕上げの
結婚指輪が定番で、沢山作っていましたが
今は光沢も艶消しも半々位の割合になりました

実は自分の結婚指輪も(約15年前ですがw)
艶が一切ないマットの結婚指輪を作りましたが
15年も使っていても光沢よりも傷が目立たず
マットの魅力を肌で感じているのでお勧めです!

 

今回、ご紹介をさせて頂くマットの結婚指輪は
茨城県のお客様からご注文をいただきました
制作のご依頼をいただき、ありがとう御座います

結婚指輪の仕上げはマット加工なのですが、
デザインはインフィニティのフォルムなんです
すでに完成しておりますので写真をご覧ください。

真っ白な艶消しが印象的なマットの結婚指輪
インフィニティ ひねったラインが光ります

マットカラーのパーセンテージが多いんですが
ワンポイントでラインを光らせると目立つんです

側面から来た捻じれラインだけを光らせる事により
ひねったインフィニティを魅せる事が出来るんです

今回は艶消しの割合を多くしたインフィニティですが
お客様のお好みでラインだけをマット加工にして他を
光らせる事も可能ですし全面光沢ももちろん可能です。

実際に板を、ひねって指輪を作る事も可能ですが
指輪の内側も捻じれるので、着け心地が悪くなって
当たって痛かったり、挟まって痛かったり、水分が
溜まったりストレスを感じますのでお勧めできません

私がインフィニティの捻りラインを生み出す場合は
つけ心地を優先する為に内側は普通のまま作ります
リングの表面だけの彫金で捻ったように魅せますよ!

 

(さらに…)

サイドストーン リング・珍しいので動画あり【結婚指輪の側面にダイヤ】光沢&マットのツートンカラー

オリジナルで造る手作り結婚指輪の専門店
ジュエリーコウキ2代目の池田です(^ω^)
サイドストーンリングの作り方を書きました

今回の記事も、手作り結婚指輪のご紹介です
今回というか春のブライダルシーズンのピーク
ですので、結婚指輪をたくさん作っております!

ジューンブライドの6月!
結婚式が1年で1番多い6月!
結婚指輪を作ることが1番多い季節です

その6月に向けてジュエリーショップでは
今の時期(3~5月)が実は1番忙しいんです
当店は、完全オリジナルの手作り生産ですので
6月までに間に合わせるように頑張っています!

 

当店は、私と親父の2人だけしか職人がいませんが
手間はかかりますが技術と価格には自信があります
言い切りますが、命を懸けて指輪を作っています!

おかげ様で、ネットが普及してから県内よりも
県外のお客様からの制作ご依頼が圧倒的に多いです
全国のお客様に感謝しながら精一杯に制作致します。

手作りする結婚指輪のデザインは
指輪の側面に石・サイドストーン
光沢と艶消しのツートンリングです

サイドストーンと言うと婚約指輪のイメージが強く、
婚約指輪に1番多いダイヤリングに使われる用語です

センターに入る大きなダイヤの両脇にある石の事です
言葉では分かりずらいので例えとして写真の感じです。

イメージ画像で分かりやすいようにサイドストーンの
代表的で定番でもある縦爪タイプのダイヤリングです

写真の縦爪デザイン以外にも石を複数使ったりして
伏せ込み留め、取り巻きダイヤなど様々ありますが
メインのダイヤの周りを、他のルースで着飾る事を
総称して、サイドストーンセッティングと呼びます

説明したようにサイドストーンセッティングとは
一般的に婚約指輪に用いる言葉になっていますが
結婚指輪でもサイドストーンリングが可能です!
※厳密に言えばサイドストーン・マリッジリング

今回、ご紹介する手作りの結婚指輪もまさにそれ
結婚指輪の側面にダイヤモンドを埋め込みました!
すでに完成していますので完成写真をご覧ください。

結婚指輪の側面にルースセッティング

結婚指輪の片側の側面にダイヤを1つ入れました
これがサイドストーン・マリッジリングです(^ω^)

こちらの手作り結婚指輪の制作工程になります
完成まで記事を楽しみながらご覧くださいませ。

 

(さらに…)